紫外線とたるみとの関係

色づいた落ち葉が風に舞い、深まる秋を感じる季節になりました。

この季節は夏に受けた紫外線によるダメージが肌に出てくる時期でもあります。

海やリゾート地でたっぷりと紫外線を浴び、日焼けをした肌にシミができるのが心配になりますよね。

実は、シミはもちろんのこと、
紫外線によるダメージで最も恐いのが『たるみ』なのです。

では、なぜ肌はたるむのでしょうか??

肌がたるんでしまう理由は、肌の奥深く、真皮層と呼ばれる部分を支えるコラーゲンとエラスチンが減少してしまうことにあります。

もちろん加齢によっても減少するものなのですが、それに拍車をかけているのが『乾燥』と『紫外線』です。

特に紫外線は、「肌の三大老化」と呼ばれる「たるみ」「シワ」「シミ」のすべてを引き起こす原因でもあります。

紫外線を受けることで肌がダメージを受けることを「光老化」とも呼びます。

お肌の天敵である紫外線は、その波長の長さによって3種類に分けられています。

現在、人の肌にダメージを与えるとされているのはその内2つです。
その2つの紫外線についてご説明します。

■UV-B
紫外線と聞いて1番に浮かぶであろう「日焼け」や「シミ」といったダメージはこのUV-Bの影響によるものです。
オゾン層の減る7月頃に最も量が多くなります。

UV-Bを浴びた肌は、メラニンを生成し、肌の色を濃くしてUVによるダメージを防ごうとします。
その時、過剰にメラニンが生成されるとシミや色素沈着を引き起こしてしまいます。

日焼け止めにかかれている「SPF」という値はこのUV-Bに対する防御効果を表す指標で、「肌に何もつけていない状態と比べ、日焼けまでの時間をどれだけ遅らせられるか」を示しています。

SPF50の場合、「通常10分で日焼け状態になってしまうところを、50倍の500分まで遅らせることができる」ということです。

自分の行動内容や時間に合ったSPF値のものを選ぶようにしましょう。

■UV-A
3種類の中で最も波長の長い紫外線で、しわやたるみといった光老化を引き起こす原因にも。
その波長の長さから肌の奥の真皮層にまで到達し、肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

さらに、コラーゲンとエラスチンを作るための線維芽細胞もUV-Aによって損傷を受けて働きが弱くなってしまうため、たるみやシワに繋がるのです。
年間を通して量が多く、毎日浴びることでシミの原因にもなっています。
太陽が高くなる5月からが最も多くなると言われていますが、なんと常にUV-Bの20倍以上もの量が降り注いでいます。

そのため、年中通して対策しなければなりません。
また、その波長の長さから雲やガラスを通過してしまうため、曇りの日や室内にいる時も油断は禁物です。

このUV-Aに対する防御効果は「PA」という値で表され、後につづく「+」の数が多いほど効果が高くなります。

常に対策が必要なので、日常で使いやすいものを選ぶようにしましょう。

いかがですか?

シミを作るだけではなく、肌のハリまで奪ってしまうなんて本当に恐ろしいですよね。

人は相手の顔を見て、年齢や印象を判断します。
遠くからでも、だいたい何歳くらいの人がいるか実は顔のたるみで判断している部分が大きいのです。

たるみ対策には、サキナのエステマシンによるテスラーマッサージと頭皮マッサージがオススメです✨✨✨

また、サプリメントで内側から肌の生まれ変わりを助けてあげると、肌の変化がより感じられます。

ビタミンCやビタミンE、リコピンを豊富に含んだ食べ物を食べるのもオススメです。

何より日焼け止め、日傘などの紫外線対策は一年中365日、毎日行いましょう✨

シミのないハリツヤ肌を目指しましょう✨✨

サキナビューティーアドバイザー

山田