秋もきっちり紫外線対策を!

夏の間、お肌は強い紫外線や、屋外と室内の気温差、冷房による乾燥などで過酷な環境にさらされ続けていました。

IMG_20160827_210453
きちんとスキンケアしているつもりでも、肌は気がつかないうちにダメージを受けてしまっている場合が多いのです。

お手入れを怠った人の肌は、、もう大変な状態になってしまっているはずです。

今すぐきちんとケアして夏のダメージを持ち越さないようにしましょう。夏の終わりの肌はこんな状態になっています↓↓思い当たることはございませんか?

「日焼けによって肌全体の色が濃くなってくすんで見える」
「シミやソバカスが増え、もともとあったものは濃くなる」
「角質が厚く重なってうるおいが不足し、肌が硬くゴワゴワになってかさつく」
「紫外線によって肌のハリや弾力が失われ、たるみや小じわの原因になる」
「急におでこや目尻のシワ、ほうれい線が目立つようになる」
「突然、肌荒れして、吹き出物が気になる」

IMG_20160812_155417

ダメージを受けた肌には今すぐケアを施し、もとのみずみずしいハリのある美しい肌を取り戻しましょう。

夏の間、汗や皮脂、高温多湿の気候のため、なかなか気づくことの出来なかった肌の乾燥、、、
でもそれは確実に角質層を弱らせ、肌を弱体化しているのです。

秋の爽やかな風、この風がまたやっかいです。冬の風のように一気に肌の乾燥化を進めるものではないのですが、、、じわじわと確実にそれはやってきていつの間にかダメージを蓄積しているのです。

夏の暑さから秋の爽やかな気候になれば、誰だって戸外でレジャーやアウトドアを楽しみたくなりますよね。
FB_IMG_1468859298735
特にこの季節は数字だけ見れば湿度もそれなりにある、ということでつい油断してしまいがちです。

しかし、夏のダメージが蓄積された肌にとって、秋の爽やかな風はとても危険なものになるのです。

弱体化した角質層の肌には、秋の爽やかな風でさえ、冬の乾燥と同じくらいのダメージとして受け取ってしまうからです。

まだ蒸し暑さも残る季節です。保湿・保護対策は少しべたつく程まで行うことが必要となってきます。

それ位頑張っておかなければ、本当に乾燥してくる冬を迎えた時に、肌の体力が十分に回復しないままになってしまいます。

これからやってくる冬に備えるためにも、ここは我慢して保湿を心がけることが美肌への道になります。

自宅に一日中いたり、ちょっとそこまでの外出、曇りの日は「大丈夫なんじゃない?」と紫外線対策を怠ってしまいがちではないでしょうか。
「長時間の外出じゃないのでUVケアはしない」

と言う女性はなんと90%もいるそうです!
まだまだ紫外線ダメージに対する認識は甘いようです。

ちなみに、紫外線は天気に関係無く出ています。
もちろん、自宅にいても窓があれば必ず肌にダメージを与えていますし、カーテン越しに紫外線は降り注いでいます。

ちょっとの時間でも「紫外線を浴びている時間」である事には変わりありません。
快晴の状態を100%とすると、曇りの時は60%、雨でも30%紫外線は降り注いでいます!
日中のUVケアを怠った時点で、じわじわと「肌老化」を招いているのです・・・

夏と比べると、秋の紫外線は穏やかになってきます。

春2月~4月中旬と同じくらいです。気温も下がってくると、つい油断してしまいがちなのが紫外線対策ですね。

秋の紫外線は日焼けの原因となるUVBは、かなり減少してきます。しかし、実は皮膚の真皮層まで直撃するUVAはそれほど減少していないのです。

油断して帽子などのツールで紫外線防止をすることを忘れてしまっていませんか?化粧品でUVケアすることを怠っていませんか?
IMG_20160729_131131
秋も引き続き、しっかりと紫外線を防止するという気持ちが失われてしまわないように心がけましょう。

もう日焼けをしないから、と無防備でいると、紫外線はいつの間にかじわじわと角質層を傷め続け、シミやしわの原因になります。

秋の太陽はだんだん低い位置になっていくものですから、真正面は避けていても横顔にまともに陽射しを浴び続け、いつの間にかフェイスラインにしみやしわを増やしているのです。

知らない間にあなたは「攻撃されても気づかない優しい秋の紫外線」にダメージを蓄積されているのです。さらに、秋の爽やかな気候も加わって、肌の乾燥も進みます。

そして角質は確実に弱体化への道を進み、本格的な冬が来る頃には、かさかさの肌になってしまっているのです。
_20150919_194537

秋の紫外線も夏と同じくらいの気持ちで、しっかりとケアをしなければなりません。

冬に取り返しの付かないことにならないためにも、今からきっちり肌の管理をしておきましょう。