本格的な乾燥シーズン到来です!

10月も下旬となり、気温もグンと下がってきました。気温の変化に伴い、皮膚の乾燥が進む時期です。

いよいよ、本格的な乾燥・小ジワのケアが最も重要となってきます。

1507299683459

今日は、[シワの進行]についてです。
シワは、気づかない間に徐々に進んでいくのが特徴です。

まず、角層の水分不足がおこります(いわゆる乾燥です)

肌荒れ

小ジワ

深いシワ
と続きます。

IMG_20170918_131845_786

では、肌荒れ・乾燥・小ジワはどのようにして起こるのでしょうか。

①角層の状態が悪くなる
角層の水分不足によりCE(角化外膜)の成熟が悪くなると、細胞間脂質の配列が乱れバリア機能が低下します。また、保湿の要であるNMF(天然保湿因子)が不足し、保湿機能が低下します。このような状態が続くと肌はさらに空気の乾燥や紫外線などの影響を受けやすくなります。
角層の水分が10%以下になるとバリア機能が低下し、乾燥も感じます。

1503294764580

表皮の1番上の層である0.02mmほどの角質層の中に存在している「細胞間脂質」は肌が抱えこんでいる水分をサンドイッチのように間に挟みこみ水分を逃さない働きをします。

②表皮の状態が悪くなる(ターンオーバーの不調)
乾燥した状態が続くと。早く角層を修復しようとして、表皮のターンオーバーが一時的に早まり、未熟で不完全な角層細胞が生まれます。このような細胞はCEが十分に成熟していないため、角層の働きや状態が乱れます。
また、加齢によりターンオーバーが遅くなると、角層が肥厚して水分不足を引き起こします。

③皮脂膜ができにくくなる
皮膚生理機能が低下すると、皮脂分泌量も減少して皮脂膜ができにくい状態に陥り、水分が蒸散します。

*皮脂膜の役割とは?
汗と皮脂(皮脂線から分泌される脂)が混ざり合ったもので、天然のクリームとも言われます。天然の油膜として肌表面を覆うことで水分の蒸発を防ぐとともに、摩擦抵抗を減らし表面を滑らかにしています。また皮脂膜に含まれる脂肪酸によって弱酸性を保ち細菌の繁殖を防ぎます。

1503294771603

以上のことから、乾燥・小ジワのケアとして重要なことは、

①角層の状態を良くする
・正しいクレンジング&洗顔
必要な皮脂や潤い成分まで流さない
ように温度に気をつける(ぬるま湯)

・正しい整肌
角質内部の水分を充分に補うため、
化粧水はたっぷりとこまめにつける
「ハンドプレス」=手の平を使って
丁寧に時間をかけて潤い成分を角層
に入れ込んでいく。プレスする時間
は、一ヶ所5〜10秒くらい。

肌に手の平が吸いつくようになったら終了
のサインです。

・ローションパックを取り入れる
化粧水を含ませた「フェイスマス
ク」を5〜10分のせ、水分を角層に
送りこみます。

②表皮のターンオーバーを正常に保つ
③皮膚表面にいらない古い角層のない状態にする⇨完全な皮脂膜作り

皮膚生理機能を高めるお手入れとしてホームエステマシンによる5つのステップのお手入れが重要になってきます。

IMG_20161208_212653
毎日のホームエステマシンでのお手入れに加え、「角層の状態」を意識した日々のお手入れを心がけてみてくださいね。

pic_steamsteppic_steamstep