乾燥肌なのに何故ニキビが出来るのか?

1503623441478

ニキビの原因は、毛穴に余分な皮脂がたまり、毛穴がつまってしまうことです。

ホルモンバランスの乱れや、食生活の乱れ、睡眠不足などの原因によって、余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がよりつまりやすすくなります。その結果、ニキビができやすいのです。

しかし、乾燥肌なのに、ニキビが出来る方もいらっしゃいますよね?それは一体、何故でしょうか?

もともと皮脂が少ないのにも関わらず、なぜ毛穴がつまってしまうのでしょうか。

乾燥肌の特徴は、お肌の汗と皮脂、その両方の分泌が少なく、天然の保護膜である皮脂膜がしっかりと作れないところにあります。

この皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の中の水分が大量に蒸発してしまいます。

そして、水分のなくなった角質は、ターンオーバーが遅れていきます。

その結果、肌は古く硬くなり、毛穴もだんだんと細く弱くなっていきます。

このように細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。

つまり、乾燥ニキビができる原因は、脂性肌にできるニキビと変わらず、皮脂がつまってしまうことにあったのです。

ぜひ、サキナ ホームエステマシンで、毎晩のスチームステップで、お肌に潤いを与え、天然の皮脂膜を引き出すお手入れをしましょう✨✨✨✨

IMG_20171109_171513_248