小鼻の黒ずみ、気になりませんか?

毛穴の開きや黒ずみ、
過剰に出過ぎる皮脂、、、

まるでイチゴのような小鼻、、

小鼻の毛穴は、なぜ黒ずみやすいのでしょうか。

IMG_20171104_181332_585
【小鼻の毛穴が黒ずむ理由】

・角栓が黒ずみになる
鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。
皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はありますが、必ず分泌されます。

過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。
さらに、新陳代謝(ターンオーバー)によって発生した古い角質やメイク汚れなどによってさらにつまってしまいます。

そのつまっている物質が角栓と呼ばれています。
時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。

角栓の主成分は、なんと70%は「タンパク質」であり皮脂の占める率はその30%ほどでしかありません。たんぱく質の正体はほとんどが老朽化した角質です。

IMG_20171103_190137_493
・色素沈着
もし、角栓ができていない状態でも、毛穴にある皮脂の酸化が、色素沈着して黒くなってしまうことがあります。
小鼻は皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいともいわれています。

1509359169461

【小鼻の毛穴を正しくケア】
毛穴には皮脂腺があり、毛穴の中には常に皮脂がある状態となっています。

・洗顔は朝晩の1日2回を心がけましょう。
気になるからといって、洗顔の頻度を多くしてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい乾燥の原因となります。
乾燥すると皮脂は、よりいっそう激しく分泌してしまい、角栓ができてしまう原因になってしまうのです。

たっぷりの泡で優しく洗顔する事がポイントです。
擦ることはせず、泡のクッションで優しく包み込むように丁寧に洗います。
1509291329187
熱すぎないお湯ですすぎ残しを作らないことも大切です。
これからの季節、温かいお湯で洗いたいところですが、あまり温度の高いお湯で洗うと肌の乾燥をまねきます。
そうすると、乾燥を補おうと皮脂分泌が活発になります。
ぬるま湯で洗ったあとは、冷水で毛穴の引き締めを行い、しっかりと化粧水で保湿を行いましょう。

1499953859582

・角栓を無理に押し出さない。
鼻に角栓が詰まってくると、押し出したくなる方が多いです。
しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。
紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。
悪循環になってしまうので、絶対に角栓は絞り出さないようにしましょう。
気になる角栓はマシンのお手入れで、定期的にクリーナーで毛穴洗浄を行うことが大切です。

スチームにあたり、毛穴の開きを促し、余分な皮脂や皮膚表面の汚れだけを吸い取っていきます。

1496058532711

保湿力に優れたクレンジングアンドマッサージクリーム、ウォッシングフォームは不要な皮脂、汚れを落とし、肌に必要な水分油分は残すという人気のスキンケアシリーズです。

1507762709193
・ピーリングについて。
ピーリング剤には、皮膚に残った古い角質の除去、ターンオーバーの手助けをしてくれる効果があります。

クリーナーで毛穴の汚れを取り除いたあと、優しく肌にのせていきます。
角質を保護しながら優しくピーリングします。植物ハーブ混合エキスで角層を保護し、結晶セルロース(固める成分)で古くなった角層を巻き込みながら取り去ります。
油分を含まない為、さっぱりとした仕上がりです。

肌質に合わせ、週一回から二週間に一回くらいのペースで行います。
小鼻の正しいスキンケアを行い、
黒ずみで悩まない素肌美作りを頑張りましょう!

サキナビューティーアドバイザー

吉田