秋も紫外線対策を!

皆さんは、どうしてシミが出来るのかご存知ですか?

シミとは、皮膚の中に、メラニンが蓄積され地肌の色よりも濃く見えるものをいいます。

紫外線を浴びると、皮膚の中にある、メラニン生産工場、メラノサイトが活発に働き、お肌を紫外線から守るために、メラニンを生成します。

通常は、お肌のターンオーバーの働きで、メラニンは皮膚表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちるため、肌の色は一定に保たれます。

ところが、老化によるターンオーバーの乱れや、長年紫外線のダメージが蓄積することによる、メラニンの過剰生成により、メラニンが排出されないまま皮膚内部に蓄積され、シミとなるのです。

では、シミを作らないためには、どうすればいいのでしょうか。

まず、紫外線を必要以上に浴びないことが
一番大切です。

涼しくなり、日も出てないないからと油断しがちな秋ですが、実はシミ、シワの敵である紫外線UV-Bの降り注ぐ量は、夏とあまりかわらないそうです。

さらに、夏の紫外線の影響が残ったお肌は、とても敏感で、乾燥しがちでトラブルが起きやすいので、夏に引き続き、紫外線対策はしっかりと行いましょう!

そして、ターンオーバーの働きが正常であると、
シミの原因である紫外線を受けても
メラニン色素が沈着する心配はありません。

ターンオーバーの働きが正常であるためには、
血行をよくし、肌が生まれ変わる力を
元気にしていくことが大切です。

サキナホームエステマシンで、しっかりとスチーム、マッサージを行いましょう✨✨✨✨

そして、血行を良くし、ターンオーバーを
整えていくことが肝要です。

秋も、きっちりと紫外線対策を!

そして、ターンオーバーを整え、シミに負けないお肌を目指しましょう!

サキナビューティーアドバイザー

日比野