「 2018年10月 」一覧

サキナ オーダーメイドウィッグ

秋といえば、実は一年の中で最も抜け毛が増える季節です。
秋に抜け毛が増える主な原因は、夏時期に受けた頭皮ダメージ、強い紫外線、大量の汗や皮脂、クーラーによる髪・頭皮の乾燥などがあります。

そして冬になると、更に気温の低下に伴い頭皮活動が低下します。
頭皮の活動が下がると、毛穴がつまりやすくなり、不健康な頭皮環境になりやすいのです。

また、秋冬の空気の乾燥も髪の毛や頭皮には悪影響を及ぼし、肌が乾燥してカサカサになるように、頭皮も乾燥すると潤いを失い、フケやかゆみ、抜け毛の原因になってしまいます。

髪にお悩みが増えるこの時期ですが、いつでも誰でも簡単にオシャレを楽しめるのが、
サキナオリジナルの”オーダーメイドウィッグ”なのです!


自分にぴったりの毛髪の色で自分の毛の流れに合わせて必要な部分に必要なだけプラスすることができ、美容室にマメに行く時間がない忙しい方やヘアスタイルを簡単にチェンジして新たな雰囲気に挑戦したいおしゃれな人にもぴったりです。

何より、素肌を磨いているからこそ、髪を美しく保つことは女性にとって欠かせないですよね!
ウィッグは、今や悩みを隠す為だけのものではなく、誰でも簡単にオシャレを楽しめて、トータルビューティーには欠かせないものになっています。

まずサキナウィッグの特徴としては、その品質の良さです。
一人一人の髪の個性に合わせて作る完全オーダーメイド。
髪の色はもちろんのこと、髪質、艶感、カール、毛流れ、長さや量まで全てオーダーメイドできるのです。
徹底したオーダーメイドだからこそ、素肌美とともに自分らしくナチュラルに輝きます。

ウィッグのタイプはお悩み別に選ぶことができ、大きく分けて5種類あります。
○分け目
○つむじフロント
○つむじバック
○トップ
○スキニー(美髪ファイバー)

髪の状態やお悩みに合わせて、お試し頂いた中でピッタリなタイプをお選びいただけます!

更に、ウィッグのベース部分は3枚構造を採用し、抗菌防臭効果やUVカット加工(99%紫外線カット)も施されており、軽いつけ心地が魅力です✨

そしてサキナウィッグは、熟練の職人さんが一本一本丁寧に手植えで植毛しており、部位によって植え方を変えるなど自然さにとことんこだわっています!
このナチュラルな仕上がりが大変喜ばれ、既製品との大きな違いの1つです。

大手とひけをとらない高品質でありながら、サキナでは誰にでも手に入れやすい適正価格を設定しているのも特徴です✨

しかしウィッグに興味があっても、中々店舗に入りづらい、、なんてお悩みをお持ちの方も多いようですが、
サキナでは毎月「ウィッグフォロー会」というイベントを行っております!

ウィッグ初体験の方も、ちょいのせで気軽にお試ししていただけたり、ウィッグを購入された方も正しいつけ方やアレンジ、お手入れ方法など楽しく学んでいただける場となっています✨
元美容師のウィッグ専任講師がお一人お一人にピッタリなウィッグのつけ方をアドバイスさせていただいておりますので、皆様に大変喜んでいただいております。

 

before

癖毛、パサつき、白髪でお悩みのお客様

after

同じウィッグでもつけ方1つで、様々な表情を見せてくれるので、その日の気分に合ったアレンジを楽しんで頂きたいです✨
是非お気軽にお越し下さいませ。

この秋は、素肌磨きだけではなく、是非”サキナオーダーメイドウィッグ”でトータルビューティーを目指しませんか?✨✨

 

サキナビューティーアドバイザー

緒方


秋バテにご注意!

爽やかな秋風が吹く頃になっても、体調がすぐれない、、

それは、『秋バテ』かもしれません。

 

夏バテはよくご存知だと思いますが、昨年あたりから、秋バテという言葉も取り上げられ注目され始めているようです。

夏バテの原因は、暑さの為、冷たい物の食べ過ぎによる胃腸の冷えや、冷房による血行不良、外気と室内の温度差による体力低下、熱帯夜


身体の中から乾燥ケアを!

日に日に秋が深まっていくのを感じますね。

朝晩の冷え込み、そして日中の紫外線、。

お肌はどんどんと乾燥に傾いていきます。

毎晩の サキナ ホームエステマシンでのスキンケア、プラス、身体の中からも乾燥肌対策を心掛けてみませんか✨✨✨✨

 

漢方では、お肌の乾燥は、肺と喉の乾燥ととらえるそうです。

まずは胃腸を丈夫にすることが一番大切なのです。

食品は「甘味」を中心に、コラーゲン、ビタミンB群の多いものをとることを心掛けましょう。これらの食品は、肌に潤いをもたせることが出来ると言われています。

鶏の手羽先、皮、軟骨、

白キクラゲ、ゴマ、ナツメ、

豚足、ハチミツ

などが、特にオススメです✨✨✨✨

 

さらに、乾燥肌の強い味方が、サキナ セラミド サプリメントです❤️

お肌の表皮と密接に関係があるセラミド。

その保湿力は、最強レベルです✨✨✨✨

1日1包、ぜひ サキナ セラミド サプリを習慣化して、しっとり潤い肌を手にしましょう🎵


秋もきっちり紫外線対策を!

 

夏の間、お肌は強い紫外線や、屋外と室内の気温差、冷房による乾燥などで過酷な環境にさらされ続けていました。

IMG_20160827_210453
きちんとスキンケアしているつもりでも、肌は気がつかないうちにダメージを受けてしまっている場合が多いのです。

お手入れを怠った人の肌は、、もう大変な状態になってしまっているはずです。

今すぐきちんとケアして夏のダメージを持ち越さないようにしましょう。夏の終わりの肌はこんな状態になっています↓↓思い当たることはございませんか?

「日焼けによって肌全体の色が濃くなってくすんで見える」
「シミやソバカスが増え、もともとあったものは濃くなる」
「角質が厚く重なってうるおいが不足し、肌が硬くゴワゴワになってかさつく」
「紫外線によって肌のハリや弾力が失われ、たるみや小じわの原因になる」
「急におでこや目尻のシワ、ほうれい線が目立つようになる」
「突然、肌荒れして、吹き出物が気になる」

IMG_20160812_155417

ダメージを受けた肌には今すぐケアを施し、もとのみずみずしいハリのある美しい肌を取り戻しましょう。

夏の間、汗や皮脂、高温多湿の気候のため、なかなか気づくことの出来なかった肌の乾燥、、、
でもそれは確実に角質層を弱らせ、肌を弱体化しているのです。

秋の爽やかな風、この風がまたやっかいです。冬の風のように一気に肌の乾燥化を進めるものではないのですが、、、じわじわと確実にそれはやってきていつの間にかダメージを蓄積しているのです。

夏の暑さから秋の爽やかな気候になれば、誰だって戸外でレジャーやアウトドアを楽しみたくなりますよね。
FB_IMG_1468859298735
特にこの季節は数字だけ見れば湿度もそれなりにある、ということでつい油断してしまいがちです。

しかし、夏のダメージが蓄積された肌にとって、秋の爽やかな風はとても危険なものになるのです。

弱体化した角質層の肌には、秋の爽やかな風でさえ、冬の乾燥と同じくらいのダメージとして受け取ってしまうからです。

まだ蒸し暑さも残る季節です。保湿・保護対策は少しべたつく程まで行うことが必要となってきます。

それ位頑張っておかなければ、本当に乾燥してくる冬を迎えた時に、肌の体力が十分に回復しないままになってしまいます。

これからやってくる冬に備えるためにも、ここは我慢して保湿を心がけることが美肌への道になります。

 

自宅に一日中いたり、ちょっとそこまでの外出、曇りの日は「大丈夫なんじゃない?」と紫外線対策を怠ってしまいがちではないでしょうか。
「長時間の外出じゃないのでUVケアはしない」

と言う女性はなんと90%もいるそうです!
まだまだ紫外線ダメージに対する認識は甘いようです。

ちなみに、紫外線は天気に関係無く出ています。
もちろん、自宅にいても窓があれば必ず肌にダメージを与えていますし、カーテン越しに紫外線は降り注いでいます。

ちょっとの時間でも「紫外線を浴びている時間」である事には変わりありません。
快晴の状態を100%とすると、曇りの時は60%、雨でも30%紫外線は降り注いでいます!
日中のUVケアを怠った時点で、じわじわと「肌老化」を招いているのです・・・

夏と比べると、秋の紫外線は穏やかになってきます。

春2月~4月中旬と同じくらいです。気温も下がってくると、つい油断してしまいがちなのが紫外線対策ですね。

秋の紫外線は日焼けの原因となるUVBは、かなり減少してきます。しかし、実は皮膚の真皮層まで直撃するUVAはそれほど減少していないのです。

油断して帽子などのツールで紫外線防止をすることを忘れてしまっていませんか?化粧品でUVケアすることを怠っていませんか?
IMG_20160729_131131
秋も引き続き、しっかりと紫外線を防止するという気持ちが失われてしまわないように心がけましょう。

もう日焼けをしないから、と無防備でいると、紫外線はいつの間にかじわじわと角質層を傷め続け、シミやしわの原因になります。

秋の太陽はだんだん低い位置になっていくものですから、真正面は避けていても横顔にまともに陽射しを浴び続け、いつの間にかフェイスラインにしみやしわを増やしているのです。

知らない間にあなたは「攻撃されても気づかない優しい秋の紫外線」にダメージを蓄積されているのです。さらに、秋の爽やかな気候も加わって、肌の乾燥も進みます。

そして角質は確実に弱体化への道を進み、本格的な冬が来る頃には、かさかさの肌になってしまっているのです。
_20150919_194537

秋の紫外線も夏と同じくらいの気持ちで、しっかりとケアをしなければなりません。

冬に取り返しの付かないことにならないためにも、今からきっちり肌の管理をしておきましょう。


目元のエイジングケアしてますか?

皆さんは、人とお話するときにどこを見てお話されますか?

大体の方が目元とお答えになるのではないか、と思います。

IMG_20171208_154259_998

人にたくさんみられる目元の為に開発さたのが、サキナコンセントレートアイクリームです。

1488698351749

アイクリームの中にはいっております
レチノール(ビタミンA)は皮膚や粘膜を強くしてくれる働きがあり、肌の健康を考えるのであれば忘れてはいけないビタミンの一つです。

 

具体的にどのような働きをしているかをまとめると、レチノール(ビタミンA)は

1、コラーゲン合成促進
2,ヒアルロン酸分泌促進作用
3,古い角質層を除去し、角質層のターンオーバーを高める
4,毛穴を綺麗にし、色素沈着を抑え、小じわをも防ぐ
5,抗酸化効果もあるため、エイジング対策としても使えます。

こんなにお肌にとって、嬉しい作用があるんですね。

1512428492817

しかしながら、レチノール(ビタミンA)は酸化しやすく、乾燥や高温で壊れやすいという特性があるんです。そのため、お化粧品の中に配合するのが難しい成分でした。

そこで、サキナでは水素を添加することで、レチノールを安定させております。
また、ファンコスc-isというビタミンC誘導体の一種のをカプセル化して、その中にレチノール(ビタミンA)を内包して、アイクリームの中に配合しました。

そして、このファンコスcisは、大きな粒子と、比べて角質細胞と角質細胞の間を通りやすく、角層のすみずみまで、素早く浸透します。

1512428486990

また、肌に塗布し角層へ浸透した際に、ファンコスcis自体も肌にある酵素によって、ビタミンCと保湿成分に別れます。カプセルの中に閉じ込められた美容成分が、徐々に放出されるので効果が持続する設計になっています。

1512428482521

 

サキナアイクリームは、
皮膚への浸透性が高いこと、
紫外線A波により起こるⅠ型コラーゲン生産量の減少を、効果的に防御出来る事が分かりました。
つまり、紫外線によるたるみに対するケアが出来るのです。
また、ヒト臨床試験では、使用4週間で目尻のシワが浅くなっていることも確認されました。

ぜひ、デリケートな目元のために、サキナアイクリーム取り入れられてはいかがでしょうか。

1512428478179

きっと、ふっくらハリのある目元に出会えて、印象的な目元に近づかれることと思います。

 

サキナビューティーアドバイザー

松尾