秋は抜け毛の季節です。

秋は、夏の『ツケ』が回ってくる季節と言われています。夏の間の疲れや紫外線の影響が髪に現れ、

「抜け毛が増えた」
「髪にコシや艶がなくなった」
「髪がパサついてまとまらない」

など、髪の悩みを実感していらっしゃる方も、少なくないのではないでしょうか。

IMG_20160910_173341

健康な髪をつくるには、基本は健康な身体をつくることがもちろん、何より大切ですよね。

秋は抜け毛の季節とよく耳にします。一般的に髪が抜けやすいのは、夏の終わりから秋です。

その原因としては、紫外線の影響や季節の変わり目、寒暖差で体調を崩しやすいなど、様々な原因が考えられます。夏の強烈な紫外線に浴びた身体には、活性酸素が大量に発生しています。活性酸素は、身体の老化を早める一因になると言われています。頭皮も当然、大きく影響を受けています。
また、体力の低下や疲労、ストレスが重なったりすることでも、髪は抜けやすくなります。

DSC_2324

髪は1日に100本ほど抜けるものです。シャンプーとブローだけでも70~80本は抜けているのが普通です。

髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、成長期(2~5年)→退行期(2~3週間)→休止期(2~3か月)を繰り返し、古い髪の毛と新しい髪の毛の入れ替えをたえず行っています。

自然に抜け落ちる毛は1日に約100本と言われていますが、秋には抜け毛が増えることもあり、1日200本前後抜ける場合もあります。

しかし、抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意が必要です。

特に抜けた毛の根の毛球の下にしっぽのようなものがついていたり、左右が対象でなかったりする場合は「異常脱毛」の可能性があります。必要以上の抜け毛を防ぐためには、普段の生活習慣を見直すことが大切です。

運動は髪にも好影響です。
秋は運動に適した季節ですよね。秋の運動は、髪にも好影響を与えてくれるのです。頭皮の血流が悪くなると、毛根への栄養供給が低下し、髪の形成が減退してしまいます。

その為、適度な運動は筋肉の緊張を和らげ、頭皮への血流が良くなり髪に良いとされています。毎日続けていくことが大事ですので激しいものではなく、ウォーキングやストレッチなど無理なくできるものがよいでしょう。

さらに、直接頭皮の血流をよくするためには、頭皮マッサージが効果的です。

サキナのホームエステマシンで一日3~4分、微弱電流で、しっかり頭皮マッサージを心掛けましょう。

髪は、主にたんぱく質で構成されています。

たんぱく質は、様々なアミノ酸から合成されるため、髪の形成にはアミノ酸が必要不可欠です。
しかし、20種類あるアミノ酸のうち、9種類の『必須アミノ酸』は体内で合成することができず、食事などで摂らないと、髪を作ることができなくなってしまいます。
また、アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効活用されません。効果的にたんぱく質を合成させるため、偏りのない食生活を心がけましょう。卵、豚肉、大豆、味噌汁、魚、豆腐など、良質のたんぱく質をとりましょう。