夏の汗は危険?

残暑厳しい日が続いていますね。この暑さは一体いつまで続くのでしょうか?

これだけ暑いと、毎日、沢山汗をかきますよね。

そもそも、汗とは、人間のほぼ全身に分布するエクリン汗腺(えくりんかんせん)という、皮膚の上に開いた穴のようなものから分泌される液体のことです。

その汗の成分は、約99%が水です。

その他にナトリウムなどのミネラル分や乳酸、タンパク質などが溶け込んでいます。

通常、汗のPHは5.7~6.5程度に保たれており、人間の肌に優しいとされる弱酸性です。

ところが、真夏にたくさん汗をかくと、汗のPHが上昇し、アルカリ性になってしまうのです。

健康な皮膚の表面は弱酸性なのが普通です。

汗も弱酸性ですから、本来は、肌を守る自然の美容液としての効果もあります。

ところが、激しい運動をした後や、普段からあまり汗をかきなれていない人が暑いところに出て大量にかく汗は、成分に重炭酸イオンが混じっていてアルカリ性の傾向があります。

さらに、においも強くなることが多いと言われています。

また、出た汗が蒸発し難くなって、皮膚表面に溜まったようになってきたときにもアルカリ性の傾向になるようです。つまり、汗をかいたあと、蒸れてしまうとアルカリ性に傾き、臭いが出やすくなるのです。

弱酸性がなぜ肌に良いのかというと、

弱酸性の水分には殺菌効果があり、発汗作用も高める働きがあるのです。

にきびなど、体内から噴出してくるものには

カビや雑菌が繁殖しやすく、それがさらに症状を悪化させているのです。

日頃から、肌表面を弱酸性に整えること、が大切なのですね。

この暑さで、皮膚表面に吹き出た汗は、蒸発して水分が失われ、より一層アルカリ性の高いものとなり、肌にとっては強い刺激となってしまいます。

これが夏によくある肌のトラブル、「あせも」などの原因となります。

汗は本来さらさらしているものですが、一般的に、不純物を多く含む汗ほどベタベタになるといわれています。

夏は大量に汗をかくので、どうしても不純物が多くアルカリ性のけいこの強いべたべたの汗になりすいのです。

日頃から、運動する、肌のマッサージをして血行を良くする、などして、汗腺の働きを活発にしておくことで、不純物の少ないサラサラな汗になるそうです。

毎晩のサキナホームエステマシンのお手入れで、サラサラの汗が出る肌に整えていきましょう。

また、汗には体温調節のほかに、肌を刺激から守る働きがあるとも言われています。

皮膚の表面に吹き出た脂とともに、肌全体をコーティングして、乾燥や紫外線、雑菌といった外的な刺激から守る働きがあるのです。

よく「汗をかいたらすぐにシャワーを浴びるのがよい」といわれますが、シャワーを徹底的に浴びて、皮膚表面の大切な皮脂膜まで落としてしまうと、大切な肌が無防備な状態になってしまいます。

汗を流すことは大切ですが、「軽くシャワーのあと、しっかり保湿」というのが、特に乾燥肌体質の方には重要な夏のスキンケアの秘訣といえます。

シャワーのあとは、保湿ケアをどうぞお忘れなく。