美容医療の最前線

みなさん、美容医療という言葉を聞いて何を頭に思い浮かべるでしょうか?

二重などのプチ整形、豊胸手術や脂肪吸引など、メスなどを使うイメージから、「なんとなく、怖い」「痛そう」「周囲の人には言いにくいもの」と思われる方も多いのでは?

しかし、近年では、一言で美容医療と言っても、シミ取りのレーザー、シワ取り注射、リフトアップレーザーや美容点滴など、切らずに行う施術も次々と増えてきており、美容医療はより身近で、お値段も以前と比べると安価となってきました。

実際に取り入れてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そもそも美容医療とは

「国家資格である医師免許を持つ者が、医療機器による注射や手術、医薬品の処方などを行う医療行為」です。

手術などは医師が行いますが、レーザーなどの処置は医師の指示を元に専門的知識を持った看護師が行う場合もあります。

美容医療を大きく分類すると以下の3つに分けられます。

●美容整形(形成外科分野)
二重瞼、隆鼻、豊胸などの手術、脂肪吸引、リフトアップ手術など

●美容皮膚(皮膚科分野)
レーザー脱毛、シミ治療や肌質改善,たるみ改善などを目的としたレーザー治療、ピーリング、ボツリヌストキシン注射,ヒアルロン酸注射など

●美容内科(内科分野)
デトックス、点滴治療、ダイエットやニキビ治療のための内服薬の処方など

一言で美容医療といってもジャンルは様々ですね。

肌に関する美容医療は主に「皮膚科分野」で行われます。

肌悩みは年代毎に変化していきますが、30代から一気に増えるのが「シミ」「シワ」「たるみ」に関するお悩みです。

それぞれの悩みに対して、さまざまな機器や薬剤を使ってアプローチしていきます。

1.シミ
シミに対してはレーザー治療が一般的で、様々な波長の光や高周波などを用いて、シミの改善を図ります。

一箇所のみだと、単回の施術で終わることが多いですが、
気になる箇所が多い場合や、シミ取りもしつつ、全体的な肌のトーンを明るくしたい場合には、数回の施術を行います。

一言でシミといっても種類が様々であることから、機械の種類も数多くあり、その人の肌にあった施術を医師と相談しながら決定していきます。

多くの場合5〜10回程度の通院が必要で、月に1度のペースで通うものが多いようです。

また、併用してメラニン生成を抑える内服薬や保湿目的でイオン導入などを行われる場合もあります。

2.シワ
美容医療におけるシワ取りで、最もメジャーなのが「ボトックス注射」と「ヒアルロン酸注入」です。

それぞれ特徴が異なり、ボトックス注射はボツリヌス菌を使用して、筋肉の収縮を抑制します。そのため目元や額の表情ジワに効果的です。

一方、ヒアルロン酸注射は、さまざまな種類のヒアルロン酸をシワが気になる部分に直接皮膚に注入して溝を埋めてしまう施術です。ほうれい線などのシワに効果的です。

3.たるみ
近年、リフトアップ系のレーザーは続々と開発されております。

以前はたるみ取りといったらメスを使い糸をいれて引っ張るなど、侵襲が大きいものが多かったですが、最近は皮膚を切ることなく、レーザーによって頬のたるみを改善することができるものもあります。

皮膚の土台である真皮層や脂肪を支える筋膜そのものを刺激するため、効果を感じやすいです。


もしも美容医療を取り入れたら、いろんな肌トラブルを解消できて肌悩みもなく過ごすことができそうですよね。

では、そんな美容医療に弱点はないのでしょうか?

先にも述べましたが、
美容医療とは「国家資格である医師免許を持つ者が、医療機器による注射や手術、医薬品の処方などを行う医療行為」です。

なぜ、医師が行う必要があるのでしょうか?

それはやはり、肌トラブルや副作用を引き起こす危険性があるから、だと考えます。

もちろん、医師の指示を元に行っているため、きちんと注意点を守っていれば、トラブルが起きる可能性は少なく、安全に美容医療を取り入れることができます。

しかし、レーザーを当てることによって、普段以上に乾燥したり、紫外線の影響を受けやすくなったり、場合によっては火傷となったり、注射をしたら内出血やアレルギーが出現する可能性もあります。

そのため、医師からの副作用やリスク、ダウンタイムなどに関する説明を十分に理解した上で、取り入れる必要があるのです。



では、シミやシワ、タルミがなければ綺麗な肌といえるのでしょうか?また、その効果は永遠に続くものでしょうか?

残念ながら、せっかく取ったシミもシワもタルミも、何もしなければまた元に戻ります。

なぜなら、人の肌は必ず歳を重ね、紫外線や大気汚染物質、ストレス、食生活など様々な影響を日々受けるからです。

美容医療を取り入れてるお客様から、「いつまで通い続けるんだろう?」というお悩みをうかがったことがあります。

通い続ける限り、もちろん費用はかかります。
肌がどうなったら満足するのか、ご自身でもゴールが分からないまま通い続けてる方も多いです。


サキナが考える素肌美の条件とは「うなはだけ」です。

決してシミがないこと、シワがないこと、タルミがないことを指してはいません。

自分の皮膚生理機能を最大限に引き出し、お化粧品だけではカバーできない部分をホームエステマシンを使ってトレーニングします。

肌体力をつけることにより、トラブルが起きにくい、健康的な素肌美を目指すのです。

美容医療は、目に見えた効果を感じやすく、取り入れやすいものとなってきました。

ホームエステマシンをご愛用のお客様の中にも美容医療を取り入れてる方もいらっしゃいます。
お悩みがある方は医師の適切な指示を元に美容医療を取り入れることで、日々の悩みが解決され、気分も明るくなります。

しかし、トラブルがなくなれば終わりではなく、ご自身の肌は一生自分で管理していく必要があります。



サキナではマシンを一度ご購入いただくと、お肌のアフターフォローを一生涯、無料でさせていただきます。

自分一人で対処方法を探さなくとも、
様々な素肌を実際に見てきたアドバイザーが常に適切なスキンケアを指導いたしますので、お肌管理がとてもしやすくなります。

より健康的な素肌美を手に入れるためには、何と言っても毎日のお手入れがとても肝心です。

担当者からのアドバイスを取り入れ、より、経済的なお肌を手に入れてくださいね。

サキナビューティーアドバイザー

田之上