ビタミンCをとるタイミングとは?

「朝にオレンジやレモン水などビタミンCを摂取して、肌を守ってます!」
という方は多いかと思いますが、
実は、紫外線の多い時期は、NGなのです。
fd401281

野菜や果物には「ソラレン」という紫外線を体内に吸収してしまう【光毒性】を持つ成分のあるものがあり、
摂取後7〜8時間かけて紫外線吸収を活性化させ、どんどん体内に吸収していきます。
IMG_20160705_181234

ソラレンを多く含む食べ物で代表的なものは、

グレープフルーツ・レモン・オレンジ・みかん・甘夏などの柑橘類・キウイ・アセロラ・いちじく・大葉・パクチー・きゅうり・セロリ・パセリなどです。

つまり、朝食にキウイやグレープフルーツなど光毒性を持つ果物を食べたり、
グリーンスムージーの材料にパセリやセロリを入れたりすると、せっせとシミの原因を作ってしまうことになってしまう可能性があります。

ただし、これら柑橘類やキウイやパセリなどビタミンCの多い食べ物は、
夜に食べると、紫外線で傷ついた細胞の修復に使われ、カルシウムやコラーゲンの生成に必要な栄養素となります。

大切なのは「食べるタイミング」なのです。

紫外線を吸収しやすい食べ物は「夕方の空腹時や、おやつに食べる」と体に良い効果をもたらしてくれるでしょう。

FB_IMG_1468859298735

逆に朝に食べると良いのは、ポリフェノールやアントシアニンが豊富な食べ物です。

特に抗酸化力の高い「赤い食べ物」は、紫外線ダメージから肌を守ってくれる役割をします。
特にトマトやスイカやサツマイモは「天然の日焼け止め」と言われるほど美肌成分が豊富です。

朝はスイカ、おやつにキウイやオレンジ、がオススメです。