東洋医学的☆肌診断

東洋医学の先生は、お肌の色や状態をみて、その人の健康状態が分かると言います。
素人判断は危険ですが、知っていると面白いので、ぜひ参考になさってくださいね。

IMG_20160826_204859

胃腸の弱い人は、皮下出血やアザができやすい。

胃腸の弱い人は、肌の色が黄色くなりやすい。

肌の色が黄色い人は、貧血の傾向がある。

肺(呼吸器)の弱い人は、肌の色が白くなりやすい。

乾燥肌の人は、腎臓が不調の人が多い。

顔が赤い人は、心臓の働きが悪い。

便秘の人は、全身の筋肉が弱い。

夜更かしする女性は、PMS月経前症候群になりやすい。

唇は薄いので血液の色が出やすい。

唇が白っぽい人は、貧血や唇の血行が悪かったり乾燥している可能性も考えられるそうです。鉄分やビタミンB12を含む食材のレバーや緑黄色野菜や納豆を積極的に食べて貧血を改善すると良いですね。入浴後に唇を優しくマッサージするのも良いです。

ぜひ、サキナの唇専用機美容液 リップエッセンスで保湿ケアも忘れずに。
0012529