夏のトラブル肌レスキュー!うっかり日焼け編

「ちょっと油断してたら、うっかり日焼けをしてしまった!どうしたら良いでしょうか?」

そんなご相談を受けることがあります。
IMG_20160809_120509

強い陽射しの下、
ちょっと洗濯物を干したり、ちょっとゴミを出しに行ったり、ちょっとコンビニまで行ったり、、
そんなほんの僅かな時間でも、気が付けば、お肌が真っ赤になっていたり、ピリピリしてしまったり、
とにかく今年の紫外線は強烈な様ですね。
1376448137668

そんな『うっかり日焼け』をしてしまった時は、、、
次の3ステップでケアして下さい。

① まず、お顔に赤み、ほてり、ヒリヒリ感がある時は、冷水でとにかくクールダウンして下さい。

しばらく冷水をバシャッバシャッかけるか、冷たいシャワーをお顔にかけて下さい。

ただし、、氷水は刺激が強すぎます。
逆効果ですので、使わないようにして下さい。

② ほてりが落ち着くまでは、固くしぼった濡れタオルを冷蔵庫で冷やしておいて、それをお顔に当ててあげて下さい。
この時も、保冷剤や氷などをお顔にあてるのは、刺激が強すぎるので止めて下さいね。

③ 最後に、冷蔵庫に入れて冷やしておいた化粧水でコットンパックしましょう。

すぐにコットンが乾いてしまう場合は、化粧水をたっぷりつけ直して、5分×3回、コットンパックを続けて下さい。お肌の赤みやほてりが落ち着くまでは、マシンでのお手入れはお休みしてください。その代わり、毎晩コットンパックがオススメです。

出来れば、サキナ ラエヴァ バイオセルロースマスクで20分間パックされるのがベストです!

さらに、早く紫外線のダメージを回復させたい方は、
緑黄色野菜&フルーツをたっぷり摂りましょう。

ビタミンC
⇒メラニン色素の生成を抑え、シミを防いでくれます。
赤ピーマン、黄ピーマン、とうがらし、ブロッコリー、グレープフルーツ、オレンジ、キュウイ、
苺、パセリ、モロヘイヤ、ゴーヤ、レモン、
蓮根、春菊、にら、メロン、紫蘇、キャベツ、にんにくの芽など。

ビタミンE
⇒お肌の新陳代謝を高めてくれます。
へーゼルナッツ、ピーナッツ、大豆、うに、うなぎ、黒ゴマ、烏骨鶏、ゴマ、アーモンド、アボカド、ひまわり油、など。

ビタミンA
⇒抗酸化作用で老化を促進する活性酸素を抑えてくれます。
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、うなぎ、小松菜、
マンゴー、人参、トマト、かぼちゃ、ほうれん草など。

シミ防止のオススメメニューは、豆腐と玉葱のサラダです!

玉葱の新陳代謝促進作用&豆腐の血液浄化作用、
で日焼け後は、シミを防ぎましょう。

そして、お肌を身体の内側から元気にしてくれる最強の美肌サプリを、すかさずしっかり摂ることです。サキナのインナービューティーシリーズ『コンドロイチン』と『コラーゲン』です。

2701718
紫外線のダメージを残さないように、しっかり普段よりも丁寧な保湿のスキンケアをおこないましょう。化粧水のつける量をとにかく増やしてみてください。

なによりも、睡眠です。お肌は夜作られます。紫外線で受けたダメージは、夜修復されるので、いつもよりも早めに就寝して、しっかりお肌を休ませてあげましょう。