ニキビ痕が気になる方へ

しつこいニキビがやっと治ったと思ったら、赤くニキビ跡が残ってしまって、なかなかとれない、、しかも、凹凸まで残ってしまった、、

そんなショックな経験、ありませんか?

この赤みや凹凸、または茶色い色素沈着といったニキビ痕は、一度できてしまうと、すぐには治りにくいのが特徴です。

ニキビ跡は、表皮に出来たニキビが悪化して炎症することでできやすくなります。

炎症は悪化すると、表皮の下にある真皮層から皮下組織にまでダメージが広がる傾向があります。ダメージを受けた真皮層は、コラーゲンが変性を起こしやすくなります。

その結果、赤みや色素沈着が残ったり、皮膚が凸凹になったりして、嫌なニキビ跡となってしまうのです。

赤みが残ったニキビ跡は、ニキビの炎症が治まった後も、赤みが残ってしまった状態です。炎症により毛細血管が傷ついてうっ血している場合や、お肌深部に炎症が残っている場合があります。放っておくと、色素沈着してなかなか消えなくなる可能性もあるので要注意です。

色素沈着したニキビ跡は、炎症を起こした部位に紫外線が入り、茶色っぽいシミが残っている状態です。ニキビの炎症により増加したメラニン色素が沈着してしまっているのです。

一見、加齢によってできたシミとニキビ跡との区別はつきにくいのです。

この色素沈着したシミのようなニキビ跡は、お肌を正常な28日周期のターンオーバーに整えることで、少しずつ肌の外に排出されます。

しかし、ダメージが深いと症状が長引くことがあります。ターンオーバーを活性化するには、やはり、マッサージが最も効果的なお手入れです。

ホームエステマシン

凸凹やクレーター状のニキビ跡は、炎症により肌深くの真皮層の組織がダメージを受けると、組織が変性を起こしたり、異常なコラーゲンが作られたりします。

一旦、ニキビが炎症を起こし化膿すると、ニキビ跡ができる可能性が高まります。

このような凹凸あるニキビ跡になると、通常の化粧品だけのスキンケアでは改善できません。

おうちでお手入れ

ニキビ跡は、炎症のダメージが肌の真皮層にまで及んでいるため、なかなか治りにくいものです。ニキビ跡で悩まないためには、何よりも跡ができる前に、お手入れをすることが一番大切です。

ニキビの悪化は、ホルモンバランスの乱れが影響している場合が多いのです。

ニキビ予防のためには、やはり規則正しい生活、十分な睡眠と、バランスのよい食事を摂り、ホルモンバランスが整いやすい生活を心がけることが、何よりも肝要です。