夏のNGスキンケアとは?

カーラ

これからどんどん気温が上昇します。

春から夏へ、

スキンケアもシフトしていく時期ですね。

暑くなってくると同時に、ついうっかりやりがちなNGスキンケアがいくつかございます。

夏のNGスキンケアでもっとも多いのが、洗顔のしすぎです。

気温が上がるにつれ、汗も皮脂量も増えていきます。すると、つい、洗顔をハードにしてしまう方が多いようです。

洗顔は朝晩二回が基本です。

もし、朝も小鼻周りや額にべたつきを感じる方は、朝もプレ洗顔ではなく、サキナのウォッシングフォームで洗顔しましょう。

洗顔

問題は洗う回数というよりも、洗い方にあります。洗顔料をきちんと十分に弾力ある決め細かな泡立てをしないまま、ゴシゴシと顔を洗ってはいませんか?

サキナの泡立てネットはとても優秀です。洗顔の心強いパートナーです。この泡立てネットを使用し、生クリームが角が立つ位まで、十分に泡立てをしましょう。

泡立てネット

特に夏場は汗をかいたあと、さっぱりしたいという気持ちから、つい洗う手に力が入ってしまいがちです。

洗顔後、タオルでゴシゴシと雑に顔を拭くこともNGです。摩擦はお肌にとって紫外線以上のストレスになります。

洗いすぎや擦りすぎは肌のバリア機能を低下させ、乾燥などの肌トラブルをまねくことにつながるのです。

自称敏感肌の方の多くは、洗いすぎ、擦りすぎによる“やりすぎ敏感肌”だと言われています。

たっぷりの泡で、なでるように顔を洗うことを常に意識なさってくださいね。手のひらではなく、泡のクッションで洗う感覚を覚えてください。

正しい洗顔を心がければ、それだけで夏の肌トラブルが減るはずです。

ラエヴァ

さらに、夏場に注意して頂きたいのが、油分を嫌いすぎることです。

汗や皮脂で肌がベタついたりテカったりするからと、夏場はさっぱりした乳液やクリームにシフトする方が増えます。

また、夏場は化粧水のみで済ませて、オイルフリーケアをしている人も多いようですが、油分なしでは、せっかく与えた潤いを逃すことになってしまいます。

日中、屋外は確かに暑いのですが、屋内は冷房がしっかりと効いています。冷房はお肌の潤いをあっという間に奪いがちなのです。

結果、余計に乾燥が進み、皮脂が目立ってしまうのです。

油は油で制しましょう。

夏場でも、乳液やクリームをお手入れにきちんと加え、与えた水分をしっかり抱え込むケアをしましょう。

また、夏場はサンダルやミュールになる機会が増えますが、意外と忘れがちなのが、足の甲です!足の甲にも、しっかり日焼け止めを塗ることをどうぞお忘れなく。足の甲にも日焼け止め