美白は可能ですか?

美白化粧品がブームの昨今。

ドラッグストアーやスーパーなどでも、手軽に医薬部外品の美白化粧品が並んでいます。

中でも最も有名なのは、『ハイドロキノン』配合の美白商品でしょうか。

びはだ

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、メラニン色素を生成するメラノサイトへ直接働きかけることで、メラニンを減少させると言われています。

強い漂白作用を持っていることから「肌の漂白剤」と呼ばれており、透明感ある美肌効果が期待できると、美容皮膚科などで処方される化粧品によく使用されています。

しかし、まず知っておきたいことは、第1にハイドロキノンの発ガン性です。アメリカの研究機関による実験では、投与した動物に悪性腫瘍の発現が見られたという結果報告があります。

ヨーロッパの国では、ハイドロキノンは既に使用禁止されているところもあるようです。

そして、ハイドロキノンを付けたあと紫外線に当たってしまうと、メラニンを過剰に生成させ、シミが濃くなることがあることがわかっています。絶対に紫外線にあたることはNGのようです。

また、ハイドロキノンにはシミを薄くする高い効果がある一方で、炎症や湿疹、アレルギーといった、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。その副作用の面でも注意が必要です。

中には、ハイドロキノンの強い美白作用が肌に合わない方もいます。

ハイドロキノンは酸化しやすいと言われており、シミを薄くしたり予防するどころか、赤みや炎症の原因になってしまいます。

ハイドロキノンは、メラニン色素の合成を非常に強力に抑制する一方、色素細胞に対する毒性が強く、長期間使用すると不可逆的白斑を引き起こすことが知られています。つまり、気になるシミに塗り続けることで、その部分だけ白く色が抜けてしまう場合があるのです。

おはな
あの有名な歌手M.J.氏が使ったのがこの成分と言われています。

副作用が強いため、ハイドロキノンも長年化粧品には使用されていませんでした。そのため、いろんな美白剤がハイドロキノンをまねて開発されてきました。(ハイドロキノン誘導体)。アルブチンもそのひとつです。

やはり、即効性のあるものには、必ず副作用があることは知っておいたほうが良さそうですね。