夏のインナードライ肌

夏は暑いので当然、汗を沢山かきますよね。

すると、お客様の中には、

『夏は、汗をかくから、化粧水はさっぱりしたものにしたい』『肌がベタベタするから、乳液はつけない』

と、おっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、、

実は、これは大きな勘違い!

夏の肌トラブルを招き、秋に深刻な肌老化を引き起こす原因となります。

一見、しっとり?ベタベタ?と、潤ってみえる夏の肌ですが、、、実はそれは潤いではなく過剰に出てる「皮脂」や「汗」なのです。

肌が一見潤ってるように見えるから、、と、化粧水をつける量が足りなかったり、さっぱりとした保湿力の低い化粧水などをつけていると、、、

逆に、お肌の表面では、足りない水分を補おうとして、過剰に皮脂が出てしまうのです。

素肌美さん

私達の肌は、表面が乾いていると、肌の水分を逃さないように、逆に皮脂をたくさん出して、肌の中の水分を保とうとする働きがあるのです。

皮脂が過剰になると、表面はテカテカ、内側はスカスカの状態になります。

表面がテカテカなので、自身では潤っていると誤って皮脂を過剰に拭きとろうとしたり、洗顔の時にこすってしまったり、

十分な保湿ケアを避けたりしてしまうと、さらにインナードライを加速させています。これが、夏のインナードライ肌です。

これからの時期、夏の強烈な紫外線によって、コラーゲンにダメージを与える活性酸素が肌表面では発生しています。すると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が乱れ代謝も悪くなり、冷房で乾燥した夏の肌は、ボロボロの状態になります。

肌が一見潤ってる???と、勘違いしやすいので、夏のスキンケアは注意が必要です!

夏こそ、コットンパックやセラミドサプリメントをとって、しっかりと保湿に励みましょう✨✨✨✨