夏のスキンケア注意報!

肌にとって過酷な肌環境となる本格的な夏がやってきます!ここ、福岡の夏は、毎年、強烈な紫外線と高温が待っていますよね、、今年も猛暑になるという予報が出ているようです。

サマーラウンジ

すぐそこまでやってきている真夏に向けて、真夏の肌のスキンケアをスタートする時期です。

受付

「肌は季節を後追いする」

という言葉をお聞きになられたことはございますか?

今、初夏から夏にかけて、どんな生活習慣やスキンケアをしていたか?によって、秋から冬にかけての肌状態が変わってくるのです。

暑さが落ち着いた秋口頃になって、突然、目尻や口周りの小じわが気になりだした!急に肌がごわごわになった!なんて経験はありませんか?

実は、6月~8月の夏に受けたお肌へのダメージが、ボディブローの様に蓄積した結果、、、

暑さが少し和らぐ秋口頃になって、肌トラブルとなって肌表面に出てくるお客様が多いのです。

ラウンジの様子

この夏のダメージが、秋の肌トラブルを引き起こさないためにも、また、夏を快適美肌で過ごすためにも、今からしっかりとお手入れしていきましょう✨✨✨✨

素肌美

【夏の三大肌トラブル原因】

●その1⇒紫外線
肌の老化をまねく要因の約8割は、紫外線による影響(光老化)だと言われています。

紫外線A波は、肌の炎症やシミの発生を引き起こし、

紫外線B波は、真皮層のコラーゲンの劣化やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、たるみ、深いシワなどの要因となっています。

新緑夏青空

●その2⇒汗
気温が上がるにつれ、私達の肌は沢山汗をかいて、体温を調節しようとする働きがあります。

しかし、過度に汗をかくと、汗に含まれる塩分が肌に付着し、お肌の理想的な弱酸性のphバランスがアルカリ性に傾いてしまうのです。すると、一気に肌表面の雑菌が過剰に繁殖し、炎症を起こしてしまうことも、、、

さらに、汗をかいたときに、ごしごしとタオルやハンカチなどでこすれると、肌には見えない細かな傷がつくことにも繋がってしまいます。

汗をかいたときは、なるべく早めにティッシュオフ!がオススメです。

同じハンカチやタオルなどで、汗を何度も拭うことによって、雑菌をより肌につけてしまうことに繋がるからです。

また、汗をふいたあとは、日焼け止めが落ちてしまっているので、出来れば、化粧水と乳液などのつけ直し&日焼け止めのつけ直しが理想的です。

サキナのモイスチャーローション

SPF35のサキナ コンシーラーも化粧直しにオススメです。

サキナのコンシーラー

●その3⇒冷房
夏は、どの公共の乗り物も、デパートやオフィス内も、ほぼ冷房が効いていますよね。

この冷房による乾燥と冷えは深刻な肌ダメージに繋がります。

冷房のきいた屋内に数時間いるだけで、肌表面の水分は蒸発し、肌の乾燥が進みます。

また、冷えは万病の元と言いますが、身体が冷えることによって、血行が滞ると、当然お肌の新陳代謝も乱れてしまいます。

その結果、乾燥や肌荒れ、くすみなどの影響が出てしまうのです。夏の冷え、こそ要注意なのです!

屋内に長時間いるときは、レッグウォーマーやストールなどで足首や首が冷えないように気をつけてください。