水分をはさみ込むセラミド

IMG_20161130_174100

セラミドとは、表皮の1番上の層である0.02mmほどの角質層の中に存在している「細胞間脂質」を構成する成分の1つです。

細胞間脂質は、NMF(Natural Moisturizing Factor・天然保湿因子)が抱え込んでいる水分をサンドイッチのように間にぎゅっとはさみ込み、水分を逃がさない働きをしてくれています。

保湿成分には、この細胞間脂質のように「水分を間にはさみ込む」タイプ、「水分を吸着する」タイプ、「水分を抱え込む」タイプがありますが、細胞間脂質のように「はさみ込むタイプ」は、最も水分保持力が高く、お肌を健全に保つ上で大変重要な役割を担っています。

この強力な水分保持力を持つ細胞間脂質の主成分がセラミドで、細胞間脂質の約50%を占めます。

セラミドが不足すると、水分をはさみ込む働きをしている細胞間脂質が十分に水分を保てなくなくなり、お肌が乾燥してしまいます。

また、角質層は異物や紫外線からお肌を守るバリアの役割を果たしています。セラミドが不足すると、このバリア機能が低下するため、あらゆる肌トラブルが発生する原因となるのです。

年齢と供に、セラミドが不足すると、お肌の土台の水分量が減り、ターンオーバーが乱れ始めます。すると、肌表面に角質がたまり、毛穴をふさいでしまうと、ニキビの原因にもなるのです。

実は、ニキビの原因はセラミド不足による乾燥が引き起こしてるのかもしれないということです。

サキナのセラミドは、パイナップルから抽出しております。米やこんにゃく由来のセラミドよりも、より保湿性に優れていると言われています。

セラミドのサプリメントを、飲む日焼け止め、と、呼ぶメーカーもあるほど、お肌の土台作りには大切な成分なのです。

お肌をもちもちに保ってくれるセラミド。しっかり食べて、補いたいですね。
2702719