皮膚が薄い方は要注意です

今日は曇り空…こんな日こそ、紫外線対策が大切です。
日焼け止めはこまめな塗り直しが肝心です。
福岡ラウンジにそそぐ明かり

それにしても、最近、ラウンジにいらっしゃる若いお客様の中で、
「皮膚が薄い」 方が多いように感じます。

では、「皮膚が薄い」ってどういう状態なのでしょうか?

例えば、素肌になった時、頬や、小鼻、などに赤味がある方。頬や小鼻などに、部分的に毛細血管が透けて見える方。要注意なのです。

では何故、、赤いのか、、?と言うと、

お肌の一番上の皮膚である、表皮を自分で擦って
薄くしてしまってる可能性があると言われます。

そのせいで、表皮の下の真皮層にある毛細血管が
透けて見えている場合が多いのですが、、
実は、間違ったハードケアによって、つい擦りすぎてしまい、皮膚を薄くするのは意外と簡単なのです。

洗顔の時、頬の部分はどうしても手があたってしまいがちですよね。

そうすると、毎回同じ頬の部分に負担がかかってしまいます。

もし、洗浄力の高いスクラブ入りの洗顔や、
角質を取るピーリング効果のあるふき取り化粧水やパックなどを繰り返し使用していると、、、、
だんだん皮膚は薄くなっていってしまう場合があると言われます。

そして、
一度、皮膚が薄くなってしまうと、怖い怖い乾燥が始まります。

私たちのお肌にとって、水分をキープするスポンジのような部分が、薄くなってしまうわけですから、、当然肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。

そして、乾燥⇒⇒肌あれ⇒小じわ⇒大じわと、老化が
すすんでしまいます、、

また、皮膚が薄い部分は、バリア機能が低下して紫外線が入りやすくなります。

そうすると、、、
しみやシワ、たるみ、の原因になりうるのです。

頬の赤味の部分を鏡で見てみて下さい、
そこに、シミが出来ていませんか?

また、皮膚が薄くなって、乾燥し始めると、
毛穴が大きくなり、目立ってきてしまう方がいらっしゃっいます。

つまり、

皮膚が薄くなるということは、、

乾燥、シミ、シワ、毛穴、

全ての肌トラブルの原因となりうるのです。

ぜひ今日から、洗顔の時、お肌を擦るのは止めてくださいね。洗顔後、きゅっとか、つるッとするような、ハードなものは、皮膚が薄い方には、オススメできません。
サキナウォッシングフォーム

さらに皮膚が薄くなると、
今度は、赤味のある部分がピリピリし始めることがあります。

すると、皮膚のバリア機能が低下して、アレルギーなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

最終的には、赤みがある部分には、色素沈着が起こり、やがてシミが集中してできる方もいらっしゃっいます。

皮膚を薄くしないように、
どうぞくれぐれもどうぞご注意下さいね。