紫外線防止剤の種類

紫外線イメージ

紫外線を防ぐ化粧品の成分には、

紫外線散乱剤と
紫外線吸収剤

の二種類があります。

散乱剤は、言葉の通り、紫外線を反射&散乱させて肌を紫外線から守ります。肌の上に、UVカットのベールを纏ってるようなイメージです。

吸収剤は、紫外線を吸収し、熱エネルギーなどに変化させて放出します。たとえるなら、スポンジです。

紫外線を肌に届かせない効果としては、やはり吸収剤になるかもしれませんが、熱エネルギー変化を起こすので、肌が敏感な方にとってはそれが刺激となる場合もあります。

その点、散乱剤はベールを纏っているだけなので、肌への負担は少ないと言えます。

しかし、散乱剤は白い粉体なので、紫外線を防ぐ効果を高めようと配合量をあげると白浮きしてしまうことがあります。

ただ、化粧品成分の技術も進歩しているので、吸収剤でも肌への刺激が抑えられたものが出たり、散乱剤でも白浮きしにくく、使用感がよくなったものもでてきています。

太陽

サキナでは、紫外線吸収剤をカプセル化し、直接肌に触れないように優しさに配慮しました。サキナのこだわりの日焼け止め、ぜひお試しくださいね。
サキナのUV