欧米人と日本人との肌の違いとは?

日本人と欧米人(白人種)のお肌では、皮脂量や皮膚の厚さ、メラニン量に違いがあると言われます。

IMG_20161222_214830_737

実は、日本人は欧米人に比べて皮脂量が約20%ほど多いのです。日本人は欧米人に比べて肌の水分量が高いといわれますが、皮脂量が高いことが影響しているようです。

皮脂が多いのは、日本には梅雨もあり、また夏は高温多湿なので、幼少期に皮脂腺が発達しやすいことが影響していると考えられます。

_20150919_194537

そして、日本人の肌は欧米人よりもキメが細かく整った状態だといわれています。キメが整った状態とは、皮表皮の角層細胞が規則正しく並んでいる状態です。

しかし、残念ながら、日本人は欧米人(白人種)よりも表皮層が薄く、刺激に弱い傾向があるのです。

厚生労働省所管の研究所機関の調べでは、日本人の角質層は白人よりも厚みが1/3ほど薄かったという報告があるそうです。

表皮層は、肌の表面にある厚さ約0.1~0.3ミリ程度の1ミリにも満たない薄い層です。

肌表面から「角質層(かくしつそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」の4層で構成されます。

IMG_20160828_222924

この表皮層が薄いと、肌を紫外線や乾燥などの刺激から守るバリア機能が弱くなるということになります。

その結果、欧米人に効果的な化粧品成分や成分濃度、また、ケミカルピーリングなどの美容治療は、日本人の肌質にはハードすぎて合わないということがあるのです。

FB_IMG_1452760126731

さらに、人間の肌の色はメラノサイトが作り出す「肌色メラニン(黄色)」と「黒色メラニン(黒色)」という2種類のメラニンのバランスによって決定されます。

そのメラニン色素を作り出す細胞をメラノサイト(色素細胞)といいますが、メラノサイトはどんな人種においても数に大きな違いはありません。

しかし、メラノサイトの活性度によって肌の色が大きく異なります。

肌の色を決定する肌色メラニンと黒色メラニンのバランスは遺伝の影響を受けるそうです。

メラノサイトは紫外線や物理的なダメージを受けたときに活性化しますが、人種によってメラノサイト(色素細胞)の活動に違いがあります。

黒人種はメラノサイトが活性化しやすく、紫外線や物理的なダメージによってもさらにメラニン色素が活発に合成されます。また、メラニンが多いため、紫外線によるダメージを受けにくいとされます。

白人種はメラノサイトが活性化しにくい傾向があります。特に黒色メラニンを作り出す能力が低いため、とても白い肌になります。白人種はメラノサイトにメラニン合成を促す「メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)」という伝達物質の働きも低いことがわかっており、メラノサイトに作用する伝達物質の働きが低い特徴があるようです。
日本人を含む黄色人種は、基本的にメラニンを作り出す能力は高いとされます。紫外線を浴びなければある程度は白い肌を維持できますが、紫外線を浴び続けると一気にメラニン色素が作られて褐色の肌になります。紫外線を浴びるほどメラノサイトは発達するため、元の白い肌に戻りにくくなります。

ちなみに、にきびなどの皮膚の炎症や外傷によって色素沈着を起こすことがありますが、メラニンを作る能力が高い黒人種、日本人は色素沈着ができやすい傾向があります。

一方、白人種は元々メラニンを作り出す能力が低いので色素沈着が発生しにくく、大きく怪我しても色素沈着を起こさずにキレイに治ることも多いのです。

表皮においては日本人よりも欧米人(白人種)のほうが厚いのですが、実は、真皮層においては日本人のほうが欧米人よりも厚いといわれています。

真皮層とは、表皮層よりさらに奥にある層で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが存在する層です。

真皮層の厚さは、皮膚の部位によって異なりますが通常1~3ミリほどの厚さで、目元などの薄い部分では1ミリ程度、頬などでは2~3ミリ程度の厚さがあります。この真皮層に存在するコラーゲンなどの線維組織が肌の若々しさを大きく左右します。

白人種は、年齢を重ねるほどシワ・小じわ、たるみが目立つ人が多く、実際に肌の弾力性も若干低い傾向がありますが、真皮層が薄いことが要因の一つかもしれません。

また、メラニンが少ないことから紫外線の影響を受けやすいという傾向もあると考えられます。

一方、日本人は欧米人と比較してシワができにくい傾向がありますが、その要因の一つが真皮層が厚いことが関係しているのです。

最後に、火傷やケガをしたときにできるケロイド状態は、黒人種が最も発生しやすく、日本人(黄色人種)もどちらかというと発生しやすい傾向があります。
一方、白人種はケロイドを起こしにくいとされます。

人種による肌の違い、興味深いですよね。
やはり、日本人の肌にあった日本人の為のスキンケアを選ぶことが大切ですね。