内側から弾む女性らしい美しさを求める方へ

一般的に肌のたるみは、年齢を重ねた肌の悩みと思いがちですが、実は30代という若い世代から、気にし始めてる問題だったということが、ある調査結果から分かりました。

また、昨今の環境問題の悪化を考えると、肌老化もより早く進んでしまうといっても過言ではありません。年齢を重ねて深刻化する前に、早い時期からのスキンケアが大切です。

ハリ、弾力に影響を与える要因は沢山ありますが、
代表的なものに下記の6つが挙げられます。
_20160602_112228

①紫外線、空調の影響

→紫外線や空調など肌をとりまく環境の影響を受け、角層の水分不足が進むと角層の状態が悪くなり、バリア機能、保湿機能の低下が起こります。このような状態が続くと、肌はさらに空気の乾燥や紫外線などの影響を受けやすくなるという悪循環に陥ります。やがてそのダメージは、真皮にまで影響を与え、肌の柔軟性や弾力が低下してしまいます。

②角層の乱れ

→角層は外的刺激から身を守るシャッターの役割をしています。肌あれなどにより角層が乱れると、バリア機能、保湿機能が低下し、刺激を受けやすくなります。この状態は、角層だけではなく、真皮にまでダメージが伝わります。その結果、ターンオーバーが一時的に早まり、未熟で不完全な角層細胞が生まれる、、という悪循環に陥ります。

③間違ったお手入れ

→肌表面への過度な摩擦は、角層を痛める原因になります。洗顔のとき、力がはいりすぎていたり、化粧水をつけるときもたたいてしまったり、、お手入れが間違ってることに気が付かないことが多いので、自ら肌老化を進ませてしまうことがあります。

④ストレス
→ストレスなどの心的影響により、コラーゲンが一時的につくられなくなることがあります。

⑤加齢による真皮の衰え
→年齢と共に、真皮の再生力が低下していきます。

⑥筋力の衰え
→皮下脂肪を支えきれず、肌がたるむ原因になります。急激な体重の増減もひきがねになります。

ほかにも、喫煙、食生活(食品添加物、酸化した油など)大気汚染物質などがあります。

2701718

肌のハリや弾力を保つためには?
何よりも肌の土台である真皮が元気であることが大切です。

肌の土台づくりに欠かせないコラーゲンですが、食事だけで必要量をとることはなかなか難しいですよね。
サキナでは、コラーゲンを顆粒にして飲みやすくしました。

この美容に欠かせないコラーゲンをメインに、ポリフェノールの一種で植物由来のエストロゲンとも呼ばれる大豆由来のイソフラボン、ビタミンC、さらに皮膚、爪、髪の構成成分L-シスチンを厳選して配合しました。

美しい肌を支える成分にとことんこだわりました。

手軽に飲める細粒タイプのアルミスティック包装だから、そのまま、または飲み物に混ぜて、外出先でも手軽にさりげなくコラーゲンを摂取できます。ノンフレーバータイプなので、コーヒーなどに混ぜても味を邪魔しません。一日2包を目安にしてくださいね。