たるみの原因とは?

IMG_20160515_144926

女性の年齢肌のお悩みといえば、
『しみ、しわ、たるみ』
この3つがよく挙げられます。

その中でも、最も見た目年齢に影響を与えるのが『たるみ』だと言われています。

真皮の弾力が失われたり、加齢に伴い筋力が低下したりりすると、目元、口元、フェイスライン、あごの下が下がり、たるみとなるのです。

たるみの原因としては下記の5つのことが考えられます。

①紫外線の影響⇒乾燥や真皮へのダメージ
②間違ったスキンケア⇒肌表面のこすりすぎ、はがす パック、スクラブ洗顔などのハードケア
③筋力の衰え
④加齢による真皮の衰え
⑤急激な体重の増減

_20160515_202302
まず、①についてですが、
長期間にわたり紫外線を浴び続けていると、真皮に到達する紫外線A波により、コラーゲンやエラスチンが少しずつ変性して劣化がすすみます。コラーゲンが劣化しもろくなることで、真皮の柔軟性や弾力がなくなります。

③私たちのお肌は筋肉によって支えられています。その筋肉が加齢によって衰え、蓄積した皮下脂肪を支えられず下がったように感じるのです。
さらに、頬などは、肌がたるむことにより、毛穴がゆるんだように大きく目立ってきてしまいます。

④加齢により、真皮に存在する線維芽細胞の働きが衰えふと、線維や基質(ヒアルロン酸など)が充分に作られなくなります。すると、線維が弱かったり、基質の量が現象したりして、真皮全体が薄くなるのです。
また、表皮と真皮の境目にある乳頭層の波上部分が平坦な状態になり、肌のはりや弾力が損なわれます。

ぜひご参考になさってくださいね。