夏の紫外線ダメージにもラエヴァクリーム

太陽の日差しが暖かく、風は爽やかで、一年で最も過ごしやすい季節となりました。

正に、レジャーにアウトドアスポーツに

と、お出掛けにはぴったりなシーズンですよね✨✨✨✨IMG_20180410_115420_466

しかしながら、春から初夏にかけてのこの時期は、気温の上昇と共に紫外線量が一気に増えます。5月ともなると夏場とほぼ同じ量の紫外線が降り注ぎます。

特にシミやシワ、たるみの原因となる「UV-A波」は4月〜8月にかけてピークを迎えます。

IMG_20180413_125656_943

日焼けやシミの原因となる「UV- B波」は4月からじわじわと増え始め、5月〜8月にピークを迎えます。
さらに、春は、気温差や花粉、PM2.5などの影響もあり、冬の乾燥や冷えによるダメージも大きくのしかかってきて肌トラブルが起こりやすい季節です。

1525097009933

早め早めの紫外線対策が重要となっております。

勿論、毎日日焼け止めをお使いいただいている方が殆どだと思いますが、
時間が経ったり、汗をかいたりすると、皮脂や汗などの影響で日焼け止めは落ちてしまいます。ですので、出来れば2-3時間毎の塗り直しが理想的です。

1520293926897

紫外線A波は波長が長いという特徴があるため、肌の奥深くに到達してしまいます。

そして、長期的に浴び続けると、真皮内の繊維芽細胞やコラーゲンなどにダメージを与え、しわ、たるみの原因となります。

IMG_20180210_214423_305
波長が短い紫外線 B波は、日焼けによる炎症や色素沈着反応を引き起こす作用があります。

1525097005582

炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけてしまいます。
紫外線の刺激により、メラニン色素が生成され、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやソバカスの原因となるのです。

IMG_20180418_182748_798
私達の肌表面には皮脂があります。そして、表皮の一番外側にある角質層にはバリア機能があり、外部の刺激から守るようになっています。

しかし、紫外線を浴び続けていると、その表皮のバリア機能が低下していってしまうのです。

すると、水分保持が充分に出来なくなってしまい、乾燥肌の原因となるのです。

これらのダメージが肌の老化を急速に進めると言われています。
日頃から、エステマシンのお手入れで基本的な肌の機能をキープすることはできていらっしゃると思いますので、肌の乾燥などによる肌トラブルが進まないよう、紫外線のダメージにしっかりと対応したお手入れをすることが、この季節のスキンケアのポイントとなります。

1520293922663

サキナラエヴァシリーズは、紫外線によるダメージもしっかりと考慮した化粧品シリーズです。

1516438314664
その中でも、特にラエヴァクリームは、エイジングケアに必要な大豆イソフラボン、セラミド2、ザクロ果皮エキス、ダマスバラ胎座培養エキスなど、加齢による肌悩みに欠かせない成分を、常識をはるかに越える量を贅沢に配合したプレミアムな保湿クリームです。

0214381

ハリの無さ、乾燥による肌荒れ、紫外線などの環境ストレスによる肌ダメージからお肌を守り、内側からふっくらと柔らかくはりや艶のある肌へと導きます。

pic_component1

夜、化粧水の後にお使いいただく事で、おやすみ中に肌に活力を補い、しっとりとなめらかな肌を保ち、ハリ、艶のある肌へと導くエイジングケアに欠かせないクリームです。
夜の整肌でお使い頂くことで、おやすみ中に肌の活力を補い、日中ダメージを受けた肌の回復をサポートし、しっとりなめらかな肌を保ってくれ、翌朝が楽しみになるようなハリ・ツヤのある肌へと導いてくれます。

使用感もべたつきがなく、しっとりとしていて、翌朝の肌のもっちり感はとても気持ち良いとご好評頂いております。
乾燥を強く感じる時は、朝の整肌にもぜひお使いください。
だんだんと目尻の小ジワやほうれい線が気にならなくなった、というお声を沢山頂いております。

肌質に合わせたシンプルコース、フルコースのお手入れで毎日のスキンケアを大切にして、紫外線対策をしっかりして、ぜひこの夏をお楽しみください。

サキナビューティーアドバイザー

田中