髪を乾燥から守りましょう♪

毎日乾燥した空気が続いていますね。

冬は、外出していても外の空気が乾いていますし、地下鉄やオフィスの中などは暖房で乾燥していますよね。

夏は、当然紫外線と冷房の影響で、髪は乾燥してしまいます。

湿度や紫外線のダメージを受けるのは、肌だけではありません。

爪や髪も同じく乾燥にとても弱いのです…。

特に髪は、乾燥するとすぐに広がりやすくなり、水分が失われてしまうと、ツヤもなくなってしまいます。

ツヤのある髪を取り戻すにはどうしたら良いのでしょうか?

ポイント①

【シャンプー後、タオルドライする】

シャンプーしたあと、乾いたタオルで軽く叩くようにして髪の毛の水分を拭き取りましょう。余分な水分を取り除くことで、次につけるヘアトリートメントの浸透率がぐっと上がります。

ポイント②

【ホットタオルでトリートメントをじっくり染み込ませる】

お風呂に入ってシャンプーをした後、時間があればホットタオルを試してみてください。

ラップに十分湿らせたタオルをたたんで包み、30秒から1分ほどレンジで温めます。

トリートメントを髪全体に塗った後に、そのタオルで髪を巻き、10分程度湯船につかります。

トリートメントつけたまま髪を温める ことで、浸透が良くなり、トリートメント効果が上がります。

終わったらいつも通りにヘアトリートメントを流してください。

ポイント③

【ドライヤー前にオイルをなじませる】

髪がダメージを受けるのはドライヤーによる熱風が原因です。

これを防いでくれるのがサキナヘアエッセンスオイルです。

2002s

トリートメントを洗い流したあと、しっかりタオルドライします。その後、乾かす前の濡れた髪にヘアオイルをなじませましょう。

髪が乾く前につけることで、オイルが膜となり、髪から水分が逃げていくのを防いでくれます。

この時注意するのは、オイルを髪の根元までつけないことです。

必ず髪の半分から毛先の方へなじませてください。

根元につけてしまうと、べたつきや毛穴のつまりにつながってしまいます。

オイルをなじませ、普段通りに乾かすことで、いつもとは違う艶のある髪の毛に仕上がりますよ!