「 2018年04月 」一覧

老けて見える人とは?

_20170115_231545

ある企業で実施されたアンケートによると、

「あなたは、女性の見た目の年齢を決める要素として何が重要だと思いますか?」

という項目にて、

1位が「髪」となり、

2位「肌」

3位「スタイル」

4位「ファッション」

5位「メイク」

6位「姿勢」

という結果だったそうです。

やはり、お肌と髪は見た目年齢を大きく左右するようです。

年齢よりも老けて見られたい!という女性は少ないと思います。一歳でも若く見られたいというのが、すべての女性の本音ではないでしょうか?

それには、日々のスキンケアとヘアケアは欠かせないですね。

IMG_20160605_172650

次いで

「実際の年齢よりも見た目が“若い女性”は、どんなところが若いと思いますか?」

という質問には、

1位が「肌」

2位が「髪」

3位「スタイル」

となっており、若く見える最大の要素は肌のようです。

そして、髪も肌と同様にエイジングケア意識が高まっていることがうかがえますよね。

 

さらに、同調査で、同一人物の女性でツヤのない状態とツヤのある状態で後ろ姿を撮影し、それぞれの写真を見せ、想像する年齢を答えてもらったそうです。

すると、ツヤのない状態の後ろ姿写真では平均回答年齢が34.9歳だったのに対し、ツヤのある髪の後ろ姿写真では、29.3歳となりました。

実に5.6歳の年齢差があるんですね。

髪のツヤは女性の見た目年齢に大きく影響していることが分かります。若々しく、綺麗な印象を与えるために欠かせない要素として、髪のツヤ感は欠かせないようですね。

艶髪の為に、サキナホームエステマシンにて、毎晩の頭皮マッサージをぜひ続けてくださいね。

IMG_20160514_182102


ついついやってしまうスキンケアの間違いって?

お手入れしてるのに、なかなか綺麗にならない、、、満足いく肌になれない、、最近肌でお手入れの効果を実感出来なくなった、、

 

そんな肌悩みの方はいらっしゃいませんか?

IMG_20180413_125908_013

そんな方が、ついやってしまってるNGスキンケアをいくつかご紹介させて頂きます。

 

ぜひ、ご確認くださいね✨✨✨✨
まず、朝晩、整肌(化粧品で肌を整えること)のとき、少しでも化粧品を長持ちさせたい!と、つい少ない量にしてケチったりしてませんか?

特にクレンジングや化粧水の量が少ない方が多いようです。
クレンジングはメイクを落とすものですが、もし量が少ないと、お肌を摩擦で痛めてしまうことにつながります。1510044401095

なるべくクレンジングクリームの量は多めにして、肌の上を滑らせるようにしてメイク汚れや皮脂汚れを浮かすようにしてください。理想は、ティスプーン一杯分です。

出来れば、首までクレンジング&洗顔をすると、とっても綺麗な首を保つことが出来ます✨✨✨✨

1506914474528

化粧水も一回バシャバシャつけたら終わり!という方がいらっしゃいます。
もし少しでも早く美肌になりたいのであれば、化粧水はけちらず、何度も何度も繰り返し重ねてつけることが大切です勿論、力を抜いて、優しく軽くハンドプレスでつけて下さい。お肌が手に吸い付くようなもちんもちん、とした感覚になるまで✨✨✨✨が、理想的です。

1509291329187

そして、洗顔フォームの泡立て方が弛い方が多いようです。

生クリームで言うと、角がたつくらいの弾力あるもちもちの泡が理想です✨✨✨✨泡の粒が見えない位のなめらかな泡になるまで、サキナの泡立てネットでしっかり泡立てましょう。

IMG_20170731_004442_322
さらに、お顔をすすぐときに、熱いお湯で洗い流していませんか?

熱いお湯でお顔を洗うと、お肌に必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥を招いてしまいます。必ずぬるま湯で、人肌程度が理想的です。

春~夏の、皮脂が出やすい季節は、最後に冷水でお顔をすすぐこともオススメです。毛穴を引き締めて、化粧崩れを防いでくれます。

 

 

そして、化粧水がしっかり馴染んでいないのに、すぐに乳液や美容液をつけていませんか?

これも、化粧崩れを起こす原因となります。

0214381

最後に、

気温や湿度の変化、それから生理周期によって、お肌も日に日に変化していきます。

それなのに年中同じ化粧水や乳液をつけたり、一年中同じ量をつけることは、不適切です。
その日のお肌のコンディションをよく把握して、どの化粧水をどれくらいつけるか?

しっかり肌と会話していきましょう✨✨✨✨


髪のエイジングサインとは?

blonde-hair-1432803

お肌や体と同様、髪も当然、老化します。

女性は30代をピークに、髪全体が細くなり、ハリやコシを失います。そして、白髪が増え、徐々に髪の生え際がまばらになり、ボリュームが減っていくのです。

さらに、髪の老化現象として起こるのが、うねりやくせ、といった髪の変化です。

うねりのある髪の毛は、手触りが悪く、髪の艶も失われてしまいます。

うねりが起こる原因は、毛穴のゆがみ、が考えられます。

頭皮が硬くなり、ハリや潤いがなくなることで、
毛穴の形がゆがみ、そこから生える髪にうねりを起こしてしまうのです。。

実は、これらの髪の老化現象は、
年齢とともに、頭皮そのものが硬くなるという背景があるのです。

この頭皮の老化対策として、
サキナホームエステマシンには、クシ管を使った頭皮マッサージというお手入れステップがあります。

お顔のマッサージと同じように、
頭皮もマッサージをすることで、頭皮を柔らかくほぐし、血行を促すことができます。そして、毛根にある老廃物を流し、栄養をしっかり毛根に届けることができるのです。血行が良いと、頭皮環境が良くなり、頭皮の若々しさを保つことができます。

髪の毛の老化に負けない元気な若々しい髪を育むために、クシ管での頭皮マッサージはとても大切なお手入れです。


ビューティエイジングという価値観

ここ数年、空前のアンチエイジングブームですよね。

サキナでは、極端に年齢に逆らうのではなく、歳を重ねた肌が、より生命力溢れる肌を目指すことをモットーに、アンチエイジングではなく、ビューティエイジングという考え方から、エイジングケアライン『ラエヴァ』化粧品シリーズを開発しました。
pic_component1

高級、高品質を追求するエイジングケア化粧品は数多くありますが、その多くは結局、肌表面である角層をいかに整えるか?というメカニズムでしかありません。

サキナホームエステマシンによるエイジングケアは、肌の表面だけではなく、美肌の根本、土台の真皮層から整えた上で、ラエヴァシリーズ化粧品がしっかりと整えてくれます。
この美容法は、サキナオリジナルです。

1517755108122

エイジングの要因は大きく3つに分かれています。

「環境や加齢」が大きな引き金となり、⇒『乾燥、酸化、真皮の衰え』につながることに着目してアプローチしました。

1つの側面からアプローチしても、なかなか効果を実感することは難しいのです。

素肌の為に、総合的に働きかけるこだわりの高機能成分を、常識を遥かに超える量で配合しています。

 

さらに、サキナでは天然系成分中心というポリシーを貫き、自信をもっておすすめ出来るラインナップになっております。
pic_aging01

サキナエイジングケア化粧品は、数多く存在する化粧品成分のなかでも、「パワーが凝縮した力強い美容成分」に着目しております。

 

1 美肌のために総合的に働きかける高機能成分
2 植物の種子・芽・実など、生命力あふれる部位の植物抽出成分
3 美容に不可欠なタンパク質、葉酸、アミノ酸などの酵母由来成分
4 健康な肌を維持するために不可欠な(体内では合成できない)各種ビタミン
5 肌そのものが持つ成分。肌を自然に整える生体関連成分
6 天然の食材から選んだ美容成分である食材用成分



この6つのカテゴリーの天然由来成分を厳選し、コラボレーションさせました。

 

さらには、サキナオリジナル成分「ハナマメエキスSQ」を全アイテムに配合しています。

 

大人の女性の肌に必要な成分を「求められるものを、求められるだけ」をコンセプトに、たっぷりと贅沢に配合しました。

 

これからの季節、紫外線、冷房、汗などの影響で、お肌が一気にインナードライに傾きます。夏こそしっかり保湿していきましょう。自慢のラエヴァシリーズ化粧品、ぜひお試しください。

1516438310703


肌の潤いが欲しい方へ

スキンケアは、

上からのお手入れが5割。

中からのお手入れが5割。

と言われます。

つまり、サキナホームエステマシン&化粧品でスキンケアをするだけでは、実は片手間なのです。

サキナでは、お肌の土台である真皮層を強力にサポートするサプリメントを二種類ご用意しております。

1505703617287

真皮層の70%を占めるコラーゲン、
そのコラーゲンの隙間を埋める形で『コンドロイチン硫酸』が存在しています。

 

●コンドロイチンの主な役割

①細胞が正常にターンオーバーができるように、栄養分と酸素を与え、老廃物を受けとるという細胞の代謝を潤滑に行う。
②肌の真皮層の水分保持する。

③真皮のコラーゲン繊維を正常に保ちハリのある肌を整える。
50代では、コンドロイチンの量は20代のわずか5%に減少すると言われています。ぜひ積極的に、食事でコンドロイチンを摂りたいものです、、が、、、

コンドロイチンを多く含む食品は

オクラやなめこ、山芋、納得などの植物性由来のものと、

フカヒレ、燕の巣、すっぽん、牛や豚、鳥軟骨などの動物性のものとがあります。

しかし、植物由来のコンドロイチンは体内に吸収されずらいので、動物由来のものがベターです。

でも、フカヒレ、なんて、なかなか現実的には高価で毎日は手がでないですよね?

 

そこで、オススメなのが、サプリメントでコンドロイチンを摂る方法です✨✨✨✨サキナのコンドロイチンは、サメ軟骨から抽出されています。

 

毎日6粒で、1日に必要なコンドロイチンを330㎎摂ることができます。

IMG_20180422_130020_971

ただし、コンドロイチンは即効性があるものではないので、3ヶ月は続けて飲まれることをオススメしております。

 

さらに、サキナのコンドロイチンには

軟骨を再生する成分として有名な、アミノ酸の一種であるグルコサミン、

さらに、1gで6リットルの保水力があるヒアルロン酸も配合されています。

ぜひ、内側からもスキンケアをして、この初夏の強烈な紫外線に負けない肌を作りましょう✨✨✨✨

IMG_20170823_164121_677