春の紫外線対策は万全ですか?

IMG_20180209_141738_183

春先は、まだ肌寒い日も多く、紫外線対策もうっかり手を抜いてしまいがちですよね?

曇ってるし、日傘まではささなくてもいいか?ゴミを捨てるだけだから、、洗濯物を干すだけだから、、と、ついつい気を抜いてしまいがちです。

しかし、春の紫外線量は、急激に増えているのです。

冬の紫外線とは異なり、春から夏にかけて、紫外線は急激に強くなっていきます。

冬の間の乾燥によって、バリア機能が衰えた肌は、刺激を受けやすい状態でもあります。

また、強い紫外線に慣れていないため、春先は特に注意が必要です。

さらに、春は花粉症などのアレルギーも発症しやすいため、肌自体が紫外線の影響を受けやすくなっているのです。

毎日のうっかり日焼けの積み重ねで、夏本番を迎える前に、ほんのり肌が黒くならないためにも、、、

特に紫外線アレルギーや日光に敏感ですぐに赤くなりやすい方は、注意が必要です。

ぜひ、春の早い時季から紫外線対策をしっかりとおこないましょう。

FB_IMG_1490652399871

最近の自然環境の変化は、年々目まぐるしいですよね。激しく暑かったり、異常に寒かったり、、これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

紫外線もオゾン層の破壊により、年々増えていると言われています。

では、紫外線対策には、SPFの数値が高い日焼け止めをつければいいの?と考えられる方もいらっしゃるかと思います。

勿論、SPFの数値が高い日焼け止めほど、長時間、紫外線対策が出来るのですが、

実はその分、肌への負担も大きくなることは忘れてはいけません。

日常の紫外線対策と、アウトドアスポーツやレジャーのときの対策とは、分けて考えられると良いと思います☺️

日常は、肌に負担の少ないSPF30程度の日焼け止めがオススメです。

サキナでは、日常生活範囲内に対応できる日焼け止めと、アウトドアスポーツやレジャーにも対応できる日焼け止めと、三種類ご用意しております。

使い心地や、塗る場所によっても選べる様に、

クリームタイプと

ミルクタイプをご用意しております。

2400644_L

紫外線対策を考えつつ、肌に負担をかけないことを一番に考えて、合成の紫外線吸収剤を使わずに作られている日焼け止めです。

2200631_L

天然系成分の超微粒子パウダーで、紫外線A波、B波、その両方を散乱させて紫外線から肌を守ります。

さらに、食物由来の保湿成分が配合されているので、乾燥からも守ってくれる優れものです。

IMG_20160729_131131

ぜひ、春の紫外線対策、お早めに✨✨✨✨