お顔が大きくなるNG習慣とは?

顔が大きいのが悩みなんです!

そんなお客様は少なくありません。

小さくてスッキリした顔って女性の憧れですよね。モデルさんや女優さんのように小さくとはいかなくても、小顔だと言われたい人は多いですよね。

しかし、日常のちょっとしたことが顔を大きくしていること、あなたはご存知でしょうか?

1,歯をくいしばる癖がある

普段、無意識に歯をくいしばる癖がある人は要注意です。くいしばりは顔全体に大きな負荷が掛かります。それによって、顔の中でも特に顎やえらの筋肉が発達してしまい大顔へ近づいてしまうのです。

夜、寝ている間に歯をくいしばっていませんか?

2,頬杖をつく癖がある

横になってテレビなど観る時や、テーブルに肘をついて座っている時など、つい、頬杖をついてしまっていませんか?

頬杖は顔の骨を歪ませる原因と言われています。

顔の骨が歪むことで筋肉のバランスが悪くなります。

その結果、血の流れが悪くなったり、リンパの流れが悪くなることで、お顔に老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

これが続くと、小顔からどんどんかけ離れていってしまいます。

無意識でついてしまう頬杖ですが、小顔を目指している人には大敵です。

3,アルコールや塩分を過剰に摂取している

「むくみ」は顔が大きくなる原因の大きな一つです。

夜、アルコールを好んでたくさん摂取したり、糖分や塩分が多く味付けの濃いもの中心の食生活を続けると、体は水分を自然と溜め込んでしまうのです。

それがむくみに繋がっているのです。

むくみをそのまま放ってくと、解消できなくなってしまい、むくんだままの大きさになってしまいます。

むくみから、顔の血行が悪くなり老廃物が溜まりやすいくなってしまうのです。

こうならない為にも普段から塩分やアルコール控えめの健康的な食生活を送りましょう。

4,無表情の人

体の筋肉と同じように、当然、顔の筋肉も使わないと衰えていってしまいます。

オフィスで一日中パソコンとにらめっこをしていたり、独り暮らしで、休みの日は誰とも会話をしないことが多いという方は、顔の筋肉を使わないので、筋肉の老化が進みます。

気づいた時には、積極的に顔の筋肉を動かしましょう。大きな口で「あ・い・う・え・お」と言うだけでも大分変わります。

5,ストレスが溜まっていたり、イライラしている

普段ストレスを感じていたりイライラしていませんか?

ストレスやイライラを感じると体が力んだ状態になってしまいます。力んだ状態の時、筋肉が収縮するため首や肩を含めた顔周辺が凝ってしまいうのです。

コリは血流を悪くするだけでなくむくみの原因となってしまいます。この悪循環が顔デカを引き起こすのです。

そんな時は、頭皮のマッサージがオススメです。お顔だけではなく、頭皮から血行を、良くしてあげましょう。

小顔を目指す方は、頭皮マッサージが効果的です!ぜひサキナホームエステマシンで、頭皮マッサージをがんばりましょうね。