牛乳でニキビは悪化する?

あまりよく知られていませんが、牛乳がニキビの原因になることが分かっています。

市場に出回っている牛乳は、生産性を高めるために妊娠中の牛からも搾乳しているため、「女性ホルモン」が多く含まれているそうです。

女性ホルモンには2種類あり、ひとつをエストロゲン、もうひとつをプロゲステロンと言い、女性ホルモンが多く含まれている牛乳を飲むことで、私たちはこの2種類を体内に摂取していることになります。

女性の体内でも男性ホルモンは作られますし、
男性の体内でも女性ホルモンは作られています。

「プロゲステロン」は人間の体内で「テストステロン」という男性ホルモンに変換されるため、牛乳を飲むことで女性は体内の男性ホルモンを増やすことになるのです。

成人男性の皮脂分泌量は女性の約2倍と言われていますので、女性でも男性ホルモンが増えると皮脂の分泌量が増えます。

それは身体に悪い影響となり、角質を硬くして、毛穴を塞ぐようになってしまいます。そのことが原因でニキビなどの吹き出物がができやすくなるのです。

特に、もみあげから顎にかけてのUゾーン、口周など男性のひげが生える部分にニキビが出来やすい場合は男性ホルモンが原因となっている可能性が高いのです。

IMG_20160806_163908

さらに「乳糖不耐症」といい、牛乳に含まれる乳糖を、分解する酵素が少ないことをいいますが、これに該当する人は、日本人にとても多いといわれています。

つまり、牛乳に含まれているカルシウムを、日本人の多くはうまく身体に摂り込むことができず、牛乳を飲むと下痢をしやすくなるのです。

毎日牛乳を一定量飲んでいて、ニキビに悩んでいる場合、牛乳を飲むのをやめることでニキビも治るかもしれません。ぜひお試しくださいね。

牛乳の代わりにオススメな飲み物があります。
それは、ホルモンバランスを整える「豆乳」です。
豆乳はホルモンバランスを整えたり、美肌を保つのにとても効果的です。

女性ホルモン エストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」、免疫力アップで血流も改善してくれる「サポニン」、植物性の良質なタンパク質の「大豆たんぱく」に加えて、「ビタミンB1 B2 B6」 「葉酸」「ビタミンE」など肌荒れやニキビに効く代表的な栄養素も含まれています。添加物のない「無調整豆乳」がオススメです。