シャンプーする時のポイントとは?

艶やかで滑らかで豊かな髪は、女性の憧れですよね。
健やかな髪の為に、毎晩のシャンプーは欠かせません。

皆様、毎晩、髪を洗いますよね、
でも、改めて、正しい洗い方が出来てるのか?
ぜひ一度ご自分の洗髪方法と比べてみて下さいね。

【正しい洗髪方法とは?】

1.まずは丁寧なブラッシングを。
  シャンプー前にブラッシングすることで、ホコリやフケを落とす役割と、
髪のもつれを解いて、摩擦を防止する役割があります。
ブラッシングは、毛先から行い⇒次に中間⇒頭皮の順にブラシを通しましょう。

2.シャンプー前には、予洗いで髪をよく濡らしましょう。
  予洗いで髪自体の汚れはほとんど落ちていると言われています。
正しい予洗いには、1~2分が必要です。
お湯の理想の温度は、38~40度。
あまり熱いと頭皮や髪が乾燥する原因になります。

3.シャンプーは、髪を洗うのではなく、頭皮を洗う感覚で・・・
シャンプーを手の平で広げてなるべく地肌に近いところに広げながらつけましょう。
1箇所ではなく、前頭部・後頭部・両サイド4か所に付けるのがコツです。
指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てるのがポイントです。

4・最後のすすぎが最も大切・・・
シャンプーの洗い残しは髪の乾燥・艶の減少・フケ・かゆみの原因になりかねません。
指の腹でマッサージするように、頭皮をしっかり洗いましょう。
すすぐ時も頭皮を意識するように時間をかけて丁寧にすすぎましょう。

【洗う順番とは?】
生え際⇒頭頂部⇒頭頂部の後ろ⇒後頭部⇒襟足
の順番がおススメです。
後頭部や襟足は、洗い残しが多い部分で老廃物が溜まりやすい部分です。
しっかりと指の腹を使いマッサージするように洗いましょう。
メイク落としと同じです。
クレンジングを肌にのせるだけではメイクは落ちません。
クルクルなじませてメイクを落とすのと同じで、シャンプーも頭皮をしっかり洗う意識で
ジグザグにシャンプーしてください。

濡れている髪は、キューティクルが柔らかく傷つきやすいので、擦って洗うことはしないで、残った泡でもみ洗いしましょう。
髪についた汚れは、泡に吸着されるので、ゴシゴシ洗わなくても落ちています。優しく指を通すイメージで良いです。