「 2018年02月 」一覧

産後の肌トラブルの原因とは?

妊娠中は女性ホルモンが通常の100倍~1000倍分泌されると言われています。その結果、妊娠すると、お肌の調子が良くなる方が多いようです。
IMG_20160608_180914

しかし、産後1~2ヶ月で、女性ホルモンは一気に減少してしまいます。 更年期なみに落ち込むのです。

女性ホルモンの一種である【エストロゲン】は美肌ホルモンとも呼ばれていますが、、出産後はその美肌ホルモンが一気に減ります。

エストロゲンには、コラーゲンやエラスチンを増やして肌に潤い・ハリ・ツヤを与える働きがあるのです。

そのエストロゲンが減った結果、産後、お肌の老化を感じる方が多いと言われています。

ただでさえ、産後は子育てに追われ、スキンケアを怠りがちですよね。スキンケア不足に女性ホルモン不足、さらに睡眠不足が重なると、、一気にお肌に疲れが出て老化が進んでしまうことにつながります。

産後のお肌のお悩みで最も多いのが、乾燥です。

もし、夜、サキナホームエステマシンでのお手入れが出来ないときは、お昼間、お子さんのお昼寝中でも構いませんので、ぜひお手入れを続けてくださいね。


白髪の生え方について

IMG_20170106_130922_932

 

30歳を過ぎると、ちらほら生えてくる白髪。

白髪を見つけてしまうと、最初は意外とショックなものですよね。抜いて良いものか?染めた方が良いのか?対処に困りますよね。

 

何故、白髪が生えるのでしょうか?

 

実は、できた瞬間の毛というのは、もともとは白いそうです。髪の毛がつくられていく過程のなかでメラニン色素が混ざっていくため、毛穴から生える時には色がついているのです。

ですから、白髪というのは、混ざるべき色素が足りないことで起こる現象なのです。

 

毛に色素が正常に含まれなくなる原因には、以下のようなものがあります。

(1)老化による酵素の減少

メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼは、加齢とともに体内から減っていきます。チロシナーゼが足りなければ、どれだけメラノサイトが健康なままであったとしても、スムーズにメラニン色素を作り出すことはできなくなってしまうのです。

 

(2)栄養不足

白髪は食生活とも関係があります。

健全にメラニンが作られるためには、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが必須です。特にミネラルは、チロシナーゼが働くためには欠かせない栄養素と言われています。

加工食品や外食が多い方ほど、新鮮な野菜、フルーツ、ゴマ、海藻、キノコ類、豆類、雑穀、味噌などの発酵食品をぜひ積極的に食事にとりいれたいですね。

 

(3)生活習慣の乱れ

不規則な生活や睡眠不足は、自律神経のバランスを乱してしまいます。

自律神経は成長ホルモンの分泌や全身の血行などもコントロールしていますので、自律神経が乱れると新陳代謝や血行が悪くなり、白髪の原因となるのです。

 

(4)ストレス

白髪の原因としてはストレスもよく知られていますよね。

ストレスも自律神経の乱れを招くため、髪にダメージを与えることに繋がるのです。

 

(5)病気や副作用

胃腸疾患や甲状腺疾患といった一部の病気では、白髪を増やす場合があると言われています。また、薬の副作用で白髪になることもあるそうです。

 

白髪の生える場所によって、カンガエラレル身体の臓器の不調は以下のとおりになります。ぜひ参考になさってくださいね。

 

◎ 頭頂部・・・消化不良や胃潰瘍などの胃の病気や不調。
◎ 頭頂部右・・・体のむくみの症状がでる腎臓の病気や不調。
◎ 頭頂部左・・・肝臓の病気や不調。
◎ 前頭部・・・便秘や痔など肛門の病気や不調。
◎ つむじ・・・心臓や肺の病気や不調。
◎ 後頭部・・・生理不順、不妊、また精力減退など生殖器にトラブル。
◎ おでこ/こめかみ・・・眼精疲労。
◎ 耳の後ろ・・・聴覚の異常
◎ 耳の周り・・・虫歯や歯槽膿漏などの歯、歯茎の病気や不調

頭皮の血行を良くして、少しでも長く艶々の黒髪を楽しみたいですね。ぜひ、サキナホームエステマシンで、毎晩の頭皮のマッサージに励んでくださいね!


只今、ピーリング中♪

IMG_20160810_173104

いらなくなった古い角質を、クリームとローションで優しくまきこんで落とす、ピーリングケア。「週に一度のこのお手入れが楽しみです!」と、おっしゃるお客様は多いです。

スキントリートメント中のお客様♪
22歳
サキナホームエステマシン ビジューをご愛用頂いて約2ヶ月だそうです。

以前は、オデコの赤い吹き出物が気になっていたそうです。小さな赤い吹き出物がなかなか治らなかったそうですが、2ヶ月で、かなりスッキリしたのが嬉しいそうです。

週に一度の、このピーリングのお手入れをすると、顔色が、ぱっ!と、明るくなる気がするそうです。
DSC_2116

「マシンを毎晩使ってると、化粧水がちゃんとお肌に浸透する感じがするけど、マシンのお手入れをサボってると、肌がごわごわになって、化粧水が入らない感じがする、」

と、おっしゃってました。

これからも、お手入れ続けて下さいね!ありがとうございました。
IMG_20160809_120509


お肌の酸化ってなに?

_20160517_111835

お肌の老化を促す要因として、肌の『酸化』が挙げられます。

『酸化』とは、酸素が何かの物質と結び付くことを意味します。例えば、りんごを切って放置しておくと茶色く変色しますよね。それが『酸化』です。いわゆる、お肌がサビることを言います

私たちの肌表面で皮脂が分泌されると、汗と混じり合って皮脂膜となって、角層の潤いを守っています。

しかし、紫外線や排気ガス、たばこの煙や大気汚染物質など、いわゆるフリーラジカル(不安定な状態にある分子のこと)の影響を受け、更に加齢により酵素や抗酸化物質の働きが低下すると、皮脂は酸化されやすくなります。

酸化した皮脂は『過酸化脂質』へと変化し、私たちのお肌に多大なるダメージを与えます。

ちなみに、『過酸化脂質』の量は、加齢とともに比例して増え、また紫外線を浴びるほど増加します。

一旦、『過酸化脂質』ができると、酸化が次々に進行します。
IMG_20160520_190009

さらに、皮脂の酸化は、肌の表面の角層に悪影響を与えるだけではなく、肌の奥にまで入り込んで細胞にもダメージを与えます。そして、最後は真皮にまで進行し、コラーゲンなどの線維にも悪影響を与えるのです。

『過酸化脂質』は、私たちの肌が本来持っている、潤いや透明感、はり、など(保つ機能を低下させてしまうのです。

酸化からお肌を守ることが大切なんですね。

 

その為には、毎日の丁寧なクレンジングが欠かせません。

そして、何よりも、週に一度のサキナホームエステマシンによるクリーナーステップで、クレンジングや洗顔で落としきれない汚れをきちんと落としてあげることが重要です。

IMG_20160518_123229

さらに、毎日のスチームステップで、お肌を弱酸性に保ちましょう。


デトックスしてますか?

まだまだ北風は寒いですが、春の足音が聞こえて来そうな今日この頃。

春は、花粉、黄砂、紫外線、、、と、私たちのお肌をアレルギーや敏感肌に傾く要因が急増します。
そんな苛酷な自然環境だけではなく、さらに春はお肌の新陳代謝が急激に高まり、肌のキメが整わなくなります。

つまり、春は、肌荒れ対策をしっかりしていただきたい時期なのです。

サキナホームエステマシンでのお手入れも、マッサージの出力を弱くしたり、マッサージを一日おきにしたり、スキントリートメント(ピーリング)はお休みしたり、、、と、控えめなお手入れに切り替えてくださいね。

もし、かゆみやあかみ、ヒリツキなどが起こり、肌荒れしてしまったときは、サキナホームエステでのお手入れを中止してください。お肌を活性化させるよりも、休ませてあげましょう。サキナマイルドローションでのコットンパックがおすすめです。
0008525

お肌が落ち着いてから、お手入れをスチームステップから再開してください。
pic_saqina_bijou

そんな時、まず意識していただきたいのは、食事の見直しです。腸内環境を悪化させやすい食材、砂糖、小麦粉、肉、油など、控えてみてください。そして、身体の中を綺麗にしてくれるデトックス食材をなるべくとりいれてみてくださいね。

味噌、
玉葱、
アサイベリー
アーモンド、
りんご、
アスパラガス、
大麦若葉、
ブルーベリー、
ブロッコリー、
玄米、
キャベツ、
赤パプリカ、
人参、
ココナッツオイル、
クランベリー、
亜麻仁油、
にんにく、
しょうが、
ケール、
レモン、

以上が、代表的なデトックス食材です。

例えば、魚を食べれば、海を漂うプランクトンに含まれる有毒物質を食べてしまうことになりますし、肉を食べればエサや注射に含まれる有毒物質を食べてしまうことになります。野菜を食べれば、農薬に含まれる有毒物質を食べてしまっているのです。今や、完全にオーガニックで添加物を一切とらない生活は不可能ですよね。

食品添加物、化学物質、重金属、放射能、環境ホルモン、、

知らず知らずのうちに、身体の中にとりこまれています。今は排泄する事を大切にした方がいい時代のようです。