冷えてませんか?

IMG_20171109_171631_876

ラウンジでお客様のお肌を拝見した時、その顔色の悪さ、つやの無さ、が気になる方がいらっしゃいます。そういう方は、大抵、目の下にくまがあったり、口周りや顎に吹き出物が出来てらしたりします。

そんな時、必ずお尋ねするのが

「冷え症ですか?」

という質問です。

すると、意外と、ご自分の冷えを自覚されてらっしゃらない方が多いことに驚きます。

手や足の冷えは、比較的、自覚しやすい冷えだと思います。しかし、腰、子宮、お尻の冷えはなかなかご自分では気づきにくい冷えのようです。

夜、お風呂に入った時、ぜひ、脚の付け根、「鼠径部そけいぶ」を手で触ってみて下さい。びっくりするくらい冷えている場合があります。気づかないうちに、こんなに冷えてたのか・・・と驚かれるかもしれません。

血液の流れは、心臓から腰⇒おしりを通って⇒足⇒足先までいったら今度は上にあがって、子宮やおなかを通ります。

もし足先が冷えていると当然血液が冷えます。その冷えた血液が影響を与えるのが子宮や、腸なのです。腸には免疫の細胞が1番多いといわれています。

その腸が冷える ということは、免疫力もさがるため風邪をひきやすかったり、肌荒れにもつながります。

IMG_20171205_153234_145

肌あれしていたり、顔色が悪かったり、お肌に艶が感じられない方、生理痛や、便秘気味な人は、足先が冷えていないかぜひ確かめてみてください。

もし冷えていたら、自分の生活を見直して、冷えをとることを意識してみて下さいね。

朝起きてコップ一杯のお白湯を飲む、
夜は生姜湯を飲む、
毎日お味噌汁を一杯飲む、
コーヒーや緑茶、紅茶などは避ける、
白砂糖を控える、
靴下の重ねばきをする
腹巻をする
カイロを腰に貼る
冷たい飲み物は飲まない

冷えとり生活、始めませんか?
冷えに要注意です。

FB_IMG_1476657032367