見た目の若さは身体の若さ?

『見た目が若い人は 本当に細胞も若く長生きらしい』ということが最近の研究で明らかになりつつあるそうです。

IMG_20171104_181104_412

南デンマーク大学で老化を専門にしている
コーア・クリステンセン教授らのグループが、
英専門誌「British Medical Journal」で発表した内容です。

「見た目が若い人は、実年齢より年をとって見える人に比べて長生きする」

「簡単に言えば『厳しい人生を歩んできた人は寿命が短い』その人生は、顔に反映される」との事だそうです。

双子1826人を追跡調査した結果、出した答えだそうです。

双子の写真を比べてみて老けているほうと
若く見える方を追跡調査した結果、
老けているほうが先に亡くなっているケースが多かったとの事なのです。

IMG_20171104_180732_627

つまり 老けて見える人は 本当に老けているんであって、若く見える人は本当に若いという事なんです。
こうなると、実年齢はあまり関係なく、
実際の見た目が重要になってきますね。

毎日、サキナホームエステマシンでのお手入れをなさってる方は、本当に見た目が若々しい方が多いと感じます。

見た目の若さが、寿命まで左右するのであれば、見た目を若々しく健康的に整えることの重要性が、益々感じられますね。

・日光にはあまり積極的にしない方が良さそうです。
(ただしビタミンD生成の為、最低限は必要)

・適度な運動を心がける

・バランスの取れた健全な食生活を、常日頃からしているか

・規則正しい生活で十分良質な睡眠を取れているか

・喫煙など、何らかの化学物質等を避けることを心がけているか

この辺がポイントのようです。

基本的に健康的な食事が大事ですが、その「健康的な食事」の為にストレスを感じてしまうなら少し大らかに考えてみるのも良いかもしれません。

クリステンセン教授は「成人の人が『年齢より老けて見える』と言われれば、健康状態が良くない証だ」とも忠告しています。

「最近 お肌の調子が気になる・・・」っという方
内面からの生活を見直してみませんか?