「 2017年11月 」一覧

くま?それともタルミ?

目元のクマには3つのタイプがあることを、ご存知でしょうか?

●寝不足や疲れで血行が悪くなり、うっ血した状態が透けている状態が青グマです。

●メイク落としの時に、目をこすってしまっていたり、アイメイクの刺激などが原因で色素沈着を起こしている状態が茶グマです

この2つのタイプのくまは、血行を良くして、質のよい睡眠をとったり、ビタミンを意識した食事をしたりと、毎日のお手入れに加えて血行を良くする生活習慣がマストです。

さらに、3つ目のくまが、
「黒グマ」です。これは、実はくまのように見えますが、目元の肌のタルミが原因なのです。

目の周りの表情筋の衰えが原因になっている場合、乾燥による小ジワが原因になっている場合と、そしてこの2つが同時に起こっている場合とあります。

クマか目元のたるみかをを見極める簡単なチェック方法があります。

⇒下まぶたの目頭側を指先で軽く下に引っ張ってみてください。

もし、ここで影が消える場合は、シワやたるみが原因の黒グマの可能性が高いです。もし、引っ張っても消えない人は、先に挙げた青グマや茶グマの可能性が高いのです。

1476629695026

まずは、何と言っても保湿です!

化粧水、美容液のあと、ぜひ目元の乾燥小ジワ専用のラエヴァアイクリームを仕上げにつける習慣をつけましょう。いつもの整肌にプラス一手間!これだけで、夕方まではりのある目元をキープ出来ます。

 

次に、頭皮マッサージが効果的です。

実は目元の血行不良と頭皮は深く関わりがあります。頭皮をしっかりマッサージしてほぐしてあげること、そして血流を良くしてあげることは、目元のたるみにも効果的なのです。

 

サキナホームエステマシンには、超微弱電流のマッサージ機能がついています。

お顔だけではなく、今夜から、ぜひ頭皮もしっかりマッサージしてくださいね。

髪の毛が乾いてる状態で、テスラーマッサージをしてください。

 


お酒が老け肌の原因に?

お酒を日常的に嗜む習慣がある方は、多いと思います。これからの忘年会やパーティーシーズン、お酒を頂く機会も増えますよね!

IMG_20171123_203714_464

しかし、毎晩のようにお酒を飲むという方は、もしかしたらシワやたるみができやすい状態になっているかもしれないということを、ご存知でしょうか…?

 

アルコールを摂取すると、肌のハリに大切なコラーゲンやエラスチンが減少してシワやむくみの原因につながることが分かっています。

また利尿作用があるため、大量にアルコールを摂取すると肌の乾燥を招く可能性もあります。お酒を飲むときは、必ずお水で水分補給をしましょう。乾燥は、当然、シワやくすみなどの原因になります。

 

そして、お酒を飲みすぎると肝機能の低下につながります。肝機能が低下すると、血液の流れも悪くなるので、大切な栄養素が肌に行き届きにくい状態になります。

血流が悪くなると、肌の新陳代謝を妨げて、老化を早めてしまう可能性もあると言われています。

さらに糖質の高いお酒は要注意です!

ビールや酎ハイ、カクテルなどは、空腹時に飲むと急激に血糖値が上昇して細胞を傷つけたり、老化につながる可能性があります。

アルコールの摂取量を控えめに抑えて、飲む前におつまみなど何か軽く口にしておくと急激な血糖値の上昇は防げるそうです。

糖質のとりすぎは、たんぱく質やコラーゲンのの糖化を招き、シミやそばかすを引き起こす要因です。

くれぐれもお酒の量は気をつけてくださいね。


男の肌磨き☺️

IMG_20171109_171631_876

 

 

今日も朝から沢山のお客様にご来店頂いております☺️

23歳の男性のお客様☺️

乾燥肌でお悩みとのこと。モイスチャーローション、モイスチャーミルクがお気に入りだそうです。IMG_20171109_171513_248

 

色白でキメ細かな肌が、抜群に清潔感がありますよね☺️これからもお手入れがんばってくださいね✨✨✨✨

IMG_20171109_171420_207

 

愛用歴1年半の28歳のお客様☺️

以前は乾燥してくすみがお悩みでした。今ではかがやくばかりの美しさです✨✨✨✨

IMG_20171109_174553_778

 

最近、セラミドとコンドロイチンを飲み始めて、さらに艶が出てこられました✨✨✨✨

サキナの素肌美メイクが映えます☺️

お手入れとサプリメント、続けてくださいね❤️

IMG_20171109_174419_971


東洋医学からみた髪の健康とは

東洋医学では、髪が伸びるというのは、一種の排泄作用だと考えられています。

髪の伸び方は、植物と似ています。

つまり、植物と同様、春夏はよく伸びますが、
秋冬は伸びるスピードが遅いのです。

また、髪を植物に例えると、身体は大地にあたります。

髪の毛の状態というのは、それが頭皮から出てきたときに、
身体がどんな状態だったのか、どのようなものを食べたのか、
ということに直結しています。

髪の毛を見てみると、
途中で、太くなったり、細くなったりしている場合がありますが、
これは、その部分が生えた時に、その人の食べ物が変化したと言えます。

もし、ちょっと縮れている場合は、
その時に、動物性食品を多く取っていた可能性があります。

また、髪の毛が白くなるということは、
単なる老化現象というだけではなく、
食べ物の 「陽性」 が強くなっているからです。

さらに、「陰性過多」で、脂っこい食事や、香辛料、
甘い物をなど身体を冷やす食事を摂り過ぎると・・・

髪の毛の根っこのところの皮膚が、水っぽくなり
抜け毛が増えてしまいます。

逆に、「陽性過多」で、塩分を取りすぎたり、
肉食しすぎたりすると・・・

反対に、髪の毛の根っこの皮膚がカラカラに乾燥し、
髪の毛が枯れて抜けてしまいます。

髪の毛にオススメの食事は、ワカメや昆布などの海藻類、そして、繊維類の多い、葉っぱ類です。

大根の葉っぱや大根、人参の葉にんじんは特にオススメです。美しい艶髪のためにぜひ、葉野菜を沢山とりましょうね。
e16a51646f6a6f90935b59ebdb36cdd0_w


老化は密かに、、、

_20160515_202302

想像してみてください。

もし、この世に体重計がなかったら、

あなたは何キロ太ったら、

太ったとことに気付きますか?

恐らく、3キロくらいではないでしょうか?

1、2キロだと、案外分からないものです。

でも、さすがに3キロ太ると、
ベルトがきつくなったり、スカートが入らなくなったり、、しますよね。

そこでようやく気付きますよね。

お肌もそれに似ています。

お肌の老化を測る機械なんて、自宅にはないですよね。

ですので、ちょっと老化した位では、なかなか私達は気付かないのです。

[あ、これって、、、シミ!?シワ??]

と、かなり目に見える形で、はっきりと老化が現れないと分からない方が殆どです。

しかし、、実際は、

一度出来てしまったシミ、シワ、たるみ、を解消するには、やはりそれなりの時間がかかります。

トラブルが起こる前に、

「トラブルを作らないケア」が

とっても大事なんですね。

3キロ太る前に、1キロならすぐに戻りませんか?

シワになる前に、
乾燥や肌荒れの段階で、ぜひケアしてあげて下さいね。

お肌の内部で、こっそり、こっそり、
あなたの知らぬ間に、

老化は進んでいます。

肌表面にトラブルが出てくる前に、、

「まだ、大丈夫よねっ、」と思ってる内に、

しっかりスキンケアを始めましょう!

ぜひ早め早めのお手入れを。
IMG_20160605_172650