お手入れしてるのになかなか綺麗にならない人の特徴②

毎日美顔器でお手入れしているのに、なかなか綺麗になれない…

そんな方は、ぜひ下記の項目をチェックしてみてください。

IMG_20161015_171510

●クレンジングが雑

スキンケアの基本は汚れを落とすことです。 白いクレンジングクリームが⇒透明になるまで丁寧になじませましょう。

馴染ませ方が足りないと、汚れをきちんと落とせません。

●クレンジングするときに、手や顔が濡れてる。

サキナのクレンジングは親水性が高いのが特徴です。お水やお湯ですぐに溶けます。なのでこすらずにさっと洗い流せるというメリットがあります。

ですので、クレンジングの際、手や顔が濡れていると、クレンジングの効果は半減します。必ず手や顔が乾いた状態でクレンジングクリームを馴染ませましょう。

●冷たい水で洗顔してる

冷たい水で顔を洗うと、毛穴が締まり、汚れがきちんと落とせません。

●熱いお湯で洗顔してる

お顔の水分を奪われて、乾燥に傾きます。

●洗顔フォームの泡立てが甘い

細かい毛穴の黒ずみ対策には、洗顔が一番よいとされていますが、もちろん1日に何度も洗う必要はありません。大切なのは、洗顔料の泡立て具合です。

泡が細かい汚れを吸着して落とします。泡立てが雑だと、汚れを落とす力も減ってしまいます。

●テスラーマッサージを早く動かしすぎる。

なるべくゆっくりテスラー菅を動かしましょう。素早く動かしてしまうと、マッサージ効果が減ります。

IMG_20161011_125731

●スチームとの距離が近すぎる

スチームとお顔との距離は、30センチです。これ以上近すぎると、スチームの粒子が荒く、遠すぎると気化してしまっています。

●highパワーでマッサージしてる

テスラーマッサージの出力を強くしすぎると、お肌を疲れさせ、逆にたるみの原因になることもあります。

●マッサージを長くしすぎてる

上記同様、長すぎるマッサージは、お肌にストレスになり逆効果です。

●コットンパックを5分以上している。

せっかくのコットンパックも、長く貼り続けると、せっかくお肌に浸透した水分が逆に飛んでしまいます。5分以内で必ず剥がしましょう。

●化粧水の付け方が雑。

これが最も多い間違いです。

まだべちゃべちゃのうちに、乳液やクリームをつけても浸透しません。

化粧水は最低3,4回はつけましょう。優しくパッティングしながらお肌に染み込ませるように、馴染ませていきましょう。

化粧水につけすぎ、はありません。

まずは化粧水です。

とにかく化粧水の量と回数を倍にするだけで、驚くほど化粧崩れやテカり、乾燥が変わりますよ!

ぜひお試しくださいね。