夏の老け肌を挽回する最強アイテム!

夏の暑さが続いている今の肌は、紫外線ダメージの蓄積、さらに朝晩の冷えこみ、温度差という、肌の疲れがピークとなります。

暑いとついスキンケアの手を抜きがちですが、汗をかいたまま冷房の部屋に入ると、肌表面の水分が一気に蒸発して乾燥してしまいます。

さらに、一気に体が冷えて血行不良を引き起こします。

すると肌の新陳代謝が低下して28日周期のターンオーバーが乱れるため、紫外線によって溜まったメラニンが出て行かず、肌表面がくすんでゴワゴワになりがちです。

この状態に陥ると、化粧品の美容成分も入っていかない上に肌に留まれないという悪循環に陥ってしまいます。そのままにしておくと、秋になっていきなり老け込んでしまいます。

IMG_20170908_111954_052

夏の終わりのこの時期、いくら角質が溜まっているからといって、がっつり取ってしまうと紫外線ダメージのほうが強くなってしまいます。

水分、油分のバランスがくずれた夏の終わりの肌はデリケートです。

取りすぎも取らなすぎもダメなのです。

まずは、毎日のサキナ ホームエステマシンでのサンプルコースをきっちり欠かさずがんばりましょう✨✨✨✨

毎日のマッサージにより、血流を良くして、自分の汗と皮脂がきちんと出る湿潤状態を作りましょう。

肌にダメージを与えない優しい高周波によるマッサージで、メラニンを含んだ角質のターンオーバーを高めましょう🎵

夏のダメージを1日も早く取り戻すために、お勧めなのは、【ラエヴァバイオセルロースマスク】による20分のパックです❤️

_20160610_122755

日焼けしてしまった

明日は大事な予定がある

なんだか肌が乾燥する

普段のサキナホームエステマシンでのお手入れに加えて、困った時や大事な日の前日には20分間贅沢パックしましょう!

肌力を底上げしてくれる、本当に頼りになるアイテムです。

マシンでのフルコースのお手入れの後や、朝のメイク前にパックされるのが効果的です。

特に、クリーナー&スキントリートメントをした後の、汚れのとれたお肌にラエヴァマスクを使用されると、最大限の効果を発揮してくれます。

弾むようなふっくらとしたハリ感を実現する2つの受賞成分が配合されています。先進の美容成分の効果をぜひ体感なさってみてはいかがでしょうか。

【オルニチン】
イン コスメティックス in-cosmeticskにて
金賞受賞

ヨーロッパ最大の化粧品原料の展示会『インコスメティックス』にて、金賞受賞しました。

『インコスメティックス』とは、毎年春にヨーロッパで行われる、ヨーロッパ最大規模の化粧品関連の展示会です。2014年は、ドイツのハンブルクで行われ、676社の出展がありました。
オルニチン配合原料は、2012年にスペイン バルセロナで行われたインコスメティックスにおいて、革新的な化粧品成分に贈られるInnovation Zone Best
Ingredient Awardで、金賞を受賞しました。

加齢とともに目立つ、こけた頬や窪んだ目元に脂肪を足すことで、若々しい見た目を取り戻すという美容整形の技術に着目。
脂肪産生促進効果のある、植物由来のアミノ酸、オルニチンをリポソーム化したうえに、糖脂質でコーディングした「イオノソーム(特許技術)」の形にすることで、より安定に肌へ浸透させることができます。

※リポソーム化とは?ニンゲンノ細胞膜を構成する成分と同じリン脂質(油と水のそれぞれになじみのよい性質を持つ膜)の層が幾重にも重なった微細なカプセル構造

【ライムギ種子エキス】
ニューテクノロジーアワードNew technolngy Award受賞

HBA Global Expo で、革新的なアンチエイジング成分として『New technolngy Award』を受賞

アメリカで、世界96ヵ国以上に発行されている化粧品技術者向け専門誌Cosmetics&Toiletries Magagineが、その年の化粧品産業に対する重要性と長期に渡りインパクトを与えると認められた技術に対して、『New technolngy Award』を、贈っています。

この賞は、世界中の主要な化粧品会社の50人の研究者により選定されます。ライムギ種子エキスは、2007年に受賞しました。

重力は、常に私達に影響を与え、シワやたるみの原因となっています。真皮では重力を感じると、センサーが感知し、コラーゲンなどの弾力成分の合成を促進させると言われています。

ライムギ種子エキスは、この重力に対抗するセンサータンパク質の合成を促進し、肌のハリやなめらかさを改善します。
pic_aging01