オーガニックコスメは安全か?

今や世の中は空前のオーガニックブーム。

健康志向の人が増え、食べ物も化粧品も、オーガニック、無添加を求める人が年々増えています。

オーガニック=肌と自然環境にやさしい、というイメージがありますよね。
しかし、日本ではオーガニック化粧品に法的な定義は無いということを、ご存知でしょうか?

メーカーが、勝手に『うちはオーガニックです』と、言っても法的に問題はないのです。

対して、オーガニック先進国のヨーロッパでは、オーガニック化粧品と言えば、有機栽培した植物から摂れる成分のみを使った化粧品と定められています。オーガニック化粧品専門の認定機関もあります。

しかし、日本では、植物エキスをわずか1種類、ほんの少量入れただけでオーガニックコスメと言っているメーカーもあるのが現状です。

パッケージやCMのイメージだけで、化粧品を選んでいらっしゃる方も多いかと思います。オーガニック化粧品だから安心、というのは思い込みかもしれません。

実は、オーガニック化粧品と言われるものに配合される「植物エキス」や「精油」などの「植物の芳香成分」には、アレルギー物質を含むこともあります。

天然香料(精油や植物エキス)に含まれる芳香成分は、たくさんの化学物質の複合体ですので、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

合成香料の中にも、天然香料から特定のひとつの成分を取り出した、もしくは科学的に作ったもので、私達の肌にとって安全な場合もあるのです。

一概に、“オーガニック化粧品と書いてあるから安全だ”とは言えないのです。

IMG_20170829_195240_253

そして、夏が終わり秋が深まるにつれ、最近の美容業界の傾向としては、「美白化粧品」に消費者の人気が集まっているようです。

恐らく、この夏、作ってしまったシミをどうにかしたい!と思う方が多いのでしょうね。

しかし、効果が高い美白成分を含む化粧品は、『医薬部外品』指定のものがほとんどです。

医薬部外品の化粧品は、一般的な化粧品よりも刺激が強く、長期間常用することにより、肌荒れや副作用などのリスクもより高まると言えます。

美白を目指す方は、安易に美白クリームを塗るのではなく、まずは、日焼け止め選びと日焼け止めの付け方を意識してください。

さらに、日焼け止めに配合される紫外線防止剤には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あることはご存知でしょうか?

紫外線防御力は高いのですが、熱エネルギーにより肌が乾燥したり、肌荒れやアレルギーの原因となる『紫外線吸収剤』よりも、紫外線防御力は劣りますが、肌への負担はほぼゼロと言える、『紫外線散乱剤』タイプの日焼け止めがオススメです。

そして、何よりもこまめなつけ直しが欠かせません。

IMG_20160729_131131

そして、美白を目指す方は、サキナ ホームエステマシンの『スチームステップ』が何よりもオススメです。

IMG_20160812_155417

スチームの元はただのお水ですので、どんな化粧水よりも自然な、究極の化粧水と言っても良いかもしれませんね。

自分の汗と脂から作られる『天然の美容液』と言われる『皮脂膜』を、自分の力で作れるお肌になりましょう✨✨✨✨それが最短の美白への道だと思います。