「 2017年08月 」一覧

日焼け止めを過信しないこと!

  • IMG_20170820_174151_321
    もう、夏も終わりですね。
    とはいえ、まだまだ残暑厳しいようです。
  • 最近、ラウンジにフォローにいらっしゃるお客様のお肌を拝見すると、やはり、うっすら日焼けしている方が多いようです。
  • 『日焼け止めは、ちゃんと塗ってらっしゃいますか?』
    と、お聞きすると、必ず
    『はい、毎朝必ず』と、おっしゃるのですが、、、
  • 実は、日焼け止めの塗り方を間違っていらっしゃる方が多いのです。
  • 1502444173400
  • いくら、朝、しっかり日焼け止めを塗っても、肌の汗や皮脂などの分泌は、日焼け止めをどうしても流してしまいます。
  • 更に、顔をさわるくせで取れてしまう可能性もあるのです。
  • 特に日焼け止めは、量を守ってこそ、本来の紫外線防御力を発揮するものです。
  • ベースメイクのようにうすーくのばしてしまっては意味をなしません。
  • 日焼け止めをつける量を、もう一度サキ ナビューティーアドバイザ ーさんに、ぜひ確認して頂いてくださいね。
  • また、化粧水や乳液が、しっかり肌に馴染んでいないうちに、日焼け止めを塗ってしまうのもNGです。
  • 化粧水がまだべちゃべちゃの上に、さらっと乳液をつけて、さっと日焼け止めを伸ばしてませんか?

 

  • これでは、ムラが出来て当然です。日焼け止めもすぐに流れ落ちてしまいます。

 

  • h1_title_uvcare
  • なじませ方が悪いのもムラ焼けの原因になるので要注意です。
  • SPF数値よりも大事なのは肌の上にちゃんととどまらせているかどうかです。

    ちゃちゃっと滑らせて塗るのではなくトントンと、しっかり置くように日焼け止めは塗っていきましよう。

     

    朝の通勤だけで、汗で日焼け止めが流れてしまっている可能性は高いです。

    最低でも、ランチのあとは、日焼け止めを塗り直すようにしてくださいね。

     

    日焼け止めはつけ直す!

    これを習慣化しましょう。

    IMG_20160729_131131

    更に、上からサキナシルキーライトパクトがオススメです。UV効果があるファンデーションですので、化粧直しに最適です。

    2900s
    サキナのマジカルプロテクトコンシーラーも、SPF35ですので、化粧直しをしながら紫外線対策が同時にできるので、とても便利なアイテムです。

    2401s

     

    そして、紫外線対策をする上で、何よりも大切なことは、SPFとPAの意味をちゃんと理解しておくことではないでしょうか?

1503495171490

  • ■SPFとは?
    肌表面を焦がしてシミを誘発するサンタンを起こす紫外線B波を防御する指数のことです。
  • SPF1は何も塗らない状態に比べて日焼けするまでの時間を20分遅らせる防御指数の目安となります。
  • ※ただし、塗り方や焼けやすさの差など諸条件により日焼けするまでの時間には個人差があります。
  • つまり、※SPF30の場合、30×20(分)=600分=10時間
    理論上は10時間焼けないということに。しかーし、これはきちんと規定量を塗り、汗などで流れていないことが条件ですのでご注意を。
  • ちなみにSPF30のサキナUVシールドの日焼け止めにSPF20のファンデーションを重ねてもSPF50にはなりません。
  • しかし、防御膜は二重で強められているので無意味ではありません。

    IMG_20170823_164121_677

    ■PA値とは?
    肌深部まで侵入し、シワやたるみの原因となるサンバーンを起こす紫外線A波を防ぐ指数のこと。+の数1~4で防御指数を表します。

  • 特に紫外線A波は、生活紫外線ともよばれ、雨や曇りの日でもしっかり地上まで降り注いでいます。さらに、肌の奥まで届き、肌に深刻なダメージを蓄積させていくので要注意です!

 

 


セラミドの実力

まだまだ、残暑が厳しいこの季節。肌は乾燥していらっしゃいませんか?

IMG_20170820_174151_321

夏は汗をかくので乾燥してないと思いがちですが、実は紫外線によるダメージと冷房で、想像以上に乾燥しております。

 

では、どうして肌は乾燥するのでしょうか?

実は、空気が乾いてきて、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。
ただし、人間の肌には水分を守る[保湿成分]がもともとおり、それがきちんと働いていれば、湿度が0%になっても、水分は蒸発しません。保湿成分を作る力が低下すると肌は乾燥に傾きます。

1503294764580

保湿成分として、最も重要なセラミドは、角質細胞間脂質の一種です。

角質層は、レンガとセメントのような構造をしていると言われます。
角質細胞をレンガに例えると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめています。

このように、しっかり積み重なった角質層ですが、セメントの部分(セラミドなどの角質細胞間脂質)が足りなくなると、レンガ(角質細胞)がぐらついてしまい、一部が剥がれ落ちたりします。

これが、肌の表面からは、粉をふいたような状態として見られます。
レンガが脱落すると、そこはバリア機能が弱くなって、外から刺激が入り込みます。肌が粉をふいた状態になっている時に、お化粧品でしみたりするのはこのためです。

 

セラミドはレンガを支え、更に水分をキープしている、肌にとって最も大切なものと言えます。

ただし、年齢と共にセラミドの生産量は減ってくるので、肌は徐々に乾燥しやすくなっていきます。

 

因みに、セラミドを多く含む食品は

米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などです。特にこんにゃく芋には米や小麦より7~16倍多いセラミドが含まれるといわています。

このほか、黒豆、小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒こしょうといった「黒色」の食品は、セラミド含有量が多い傾向にあると言います。

 

1日に必要なセラミドの量は600μg(マイクログラム)といわれています。

生芋こんにゃくならば約半丁、白米ならお茶碗で2 5杯、玄米なら10杯、小麦はスパゲティで3皿分必要です。

さらに、食べ物を消化・吸収する過程で排出されてしまう分もあることを考えると、もっと多くの量を摂る必要があります。

 

そのため、セラミドを高濃度で配合したサプリメントなどを摂る方が簡単に補えると言えます。

 

年々加齢と共に減っていくセラミド、ぜひサキナのセラミドで補ってみてはいかがでしょうか?

1503294771603

サキナのセラミドは、パイナップル味のプルんとした食感です。小腹が空いた時のデザート感覚で手軽にとることができます。毎日でも飽きないサプリメントとなっております。

1503294771603
¥3240(10g×20包)
夏の過酷な乾燥に、1日1包のセラミド習慣、始めてみてはいかがでしょうか。

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


飲酒はシミを増やす?

IMG_20160415_103022

シミの原因は、7割が紫外線と言われてますが、残りの3割のうちの大部分を肝臓の機能低下が占めていることをご存じでしょうか?

肝臓機能が低下⇓すると、血液中に「活性酸素」と呼ばれる酵素が上昇します。活性酵素は体内に侵入したウイルスを撃退する働きがあるのですが、同時に細胞を傷付けてしまうという性質も併せ持っています。

さらに血液中の老廃物質が増える原因ともなり、この老廃物質が新陳代謝の低下を招くと肌のターンオーバーが正常に機能しなくなるのです。

ちなみにターンオーバーとは皮膚細胞の再生サイクルであり、通常28日周期で細胞が生まれ変わります。このターンオーバーが正常に機能しなければ細胞に沈着したメラニンが排出されず、肝斑やシミの原因になるのです。
_20160515_202302

さらに肝臓はグルタチオンと呼ばれるメラニンを抑制する物質を生成していますが、肝機能の低下によりグルタチオンの生成は減少します。その結果、メラニンを抑制できず結果的にシミを作る原因となってしまいます。

このように肝臓の働きとシミにはとても深い関わりがあったのです。

ついつい暑いからと言って、冷えたビールをがんがん飲んでいると、、、秋にはしっかりお顔にシミを作ってしまうことになりかねません。お酒の飲み過ぎは、くれぐれもご注意下さいね。


見られています!ヒジとヒザ

夏は、やはりノースリーブに、ミニスカート、サンダルやミュールの方が増えますね。
IMG_20160711_220104

しかし、そうなると、気になるのが、、、ボディのスキンケアです。

ひじと膝って、年齢が出やすい箇所なのです。

細くて白い手足でも、ヒジや膝がたるんでたり、黒ずんでいると、ちょっと、残念、、ですよね。

特に、ひじは、あっと言う間に
硬くなって、黒ずんでしまいます。テーブルにヒジをつく癖がある方は、要注意ですよ!

ご自分のひじを見る機会はなかなかないと思いますが、ぜひ写真に撮ってみてチェックなさってください。

 

やはり、ここは、毎日のスキンケアが、なにより大事です。

毎晩、お顔だけではなく、ひじや膝まで、ぜひサキナホームエステマシンでお手入れしませんか?

ぜひ、お顔と同様に、スチームをあてながら、マッサージしましょう。

仕上げは、サキナボディジェルで!
body_p

お風呂上りに全身マッサージするようにすりこみましょう。レモングラスの薫りに包まれて、スベスベの仕上がりです。
特に、ヒジと膝は丁寧にすり込んでくださいね。

さらに、週に1回はヒジ、膝、脚、首、背中まで、スキントリートメントでピーリングがオススメです。
0004521

古い角質をやさしく取り除き、くすみのないヒジと膝を目指しましょう。

さらに、毎朝、お出掛け前に必ず日焼け止めを!お顔だけではなく、首、腕、足、足の甲まで、日焼け止めを忘れずにつけてくださいね。毎日の紫外線ダメージは、確実に蓄積します。腕や足にもしっかりシミは出来ます。

顔には日焼け止めはつけてるけど、腕や足にはつけたことない!

そんなお客様も少なくありません。

しかし、ほんの少しの心遣いで、5年後の肌が変わります。

_20160615_191402
いつも、つるつるな身体でいたいですよね~!


シミにはビタミンを

毎日厳しい暑さが続きますね、
夏バテされてないでしょうか?

たとえ一日たった5分でも、この強烈な紫外線を浴び続けると、、、
お肌の細胞の一つ一つにダメージを与えてしまいます。ちょっとそこまで、、ちょっと洗濯物干し、ちょっとごみ捨てに、ちょっと買い物に、、、そのほんのちょっとの積みかねが怖いのです。気がつけば、ふくらはぎや手の甲、首筋にもシミは出来てしまいます。

紫外線を浴びることで、肌表面では、活性酸素が発生します。
それがシミをひき起こしてしまうと言われています。

そんなシミが、この夏、増えていませんか?
ぜひ、鏡でチェックしてみてくださいね!
IMG_20160716_154649

シミが気になる方は、ぜひ、ビタミンをしっかり摂って下さい。
ビタミン類は、メラニン色素を還元する力がとても高いと言われています。

FB_IMG_1466585513103


抗酸化作用が高いビタミンACE群
↓↓

ビタミンA・・・いちご、ブロッコリー、小松菜、
キャベツ、イモ
ビタミンE・・・レバー、大豆、アーモンド、ゴマ、
ビタミンC・・・ニンジン、トマト、ピーマン、小松菜、春菊、レバー、うなぎ、卵
IMG_20160705_081202

ちなみに、かぼちゃは、
ビタミンACEが全てそろってる野菜です。

この時期、しっかりビタミンを摂って、シミ対策しましょうね!