「 2017年07月 」一覧

美肌作りのために避けたい食材とは?

スキンケアの基本は

『何をつけるか?ではなく、何をつけないか』です。なるべく肌に負担をかける成分のものをつけないこと。それが美肌への近道です。

そして、その美肌作りの土台となる健康作りも

『何を食べるか?ではなく、何を食べないか』

だと思います。なるべく身体に負担をかけるものを食べ過ぎないこと。それが大切なのです。

 

美しい瑞々しく透明感ある肌を手に入れたい方にとって、なるべく避けてほしい食材は以下の通りです。

 

●砂糖:糖分を摂りすぎると、目元や額にシワが出やすくなりやつれた顔になります。

砂糖の摂り過ぎにより肌が糖化し、コラーゲンが劣化することが要因です。痛みを伴う吹き出物ができ、肌は薄くグレイッシュになると言われます。たるみやシワも出やすくなります。

●乳製品:乳糖に対する不耐性が、腫れや炎症を引き起こすと言われます。

目の下にクマやたるみぐまができやすいのも特長で、ホルモンバランスへの影響で、あご周りに吹き出物ができやすくなります。

●グルテン(小麦粉):頬が赤みを帯びて膨みがちで、あご周りに色素沈着やシミがでやすくなります。グルテンが炎症反応や腫れを引き起こすのが原因です。

●アルコール:頬や鼻周りの赤み、シワや深いほうれい線が特長です。アルコールによる臓器への悪影響だけでなく、脱水症状も問題です。特に糖分の高いアルコールがお好きな方は、シミが出来やすくなります。

 

最近、どうもお肌の調子が悪いなと感じる時は、この4つをまず控えてみましょう。

もし、二週間徹底してこれらの食品を控えるだけで、お肌の調子が格段に向上するはずです。

 

さらに、強力に美肌作りをサポートしてくれるオススメ食材が、『雑穀』です。

1477404190942

その豊富な食物繊維は、大腸のデトックスを促してくれます。

雑穀を手軽に摂りやすくしたサキナの雑穀粉『穀美人』は、ご飯を炊く習慣がない人や、出張などで外食が多い方に特にオススメです。

1477404197198

ぜひ、まずは二週間、サキナの雑穀粉をお試しください。朝のお通じにきっと嬉しい変化を感じられることと思います。


ニキビ菌はうつりますか?

IMG_20160802_170508

「ニキビが出来てる彼と付き合うと、ニキビはうつりますか?」

先日、お客様にそんなご質問を頂きました。

正確に言えばニキビ自体が感染する事はないと言われています。

しかしニキビの原因となるアクネ菌が肌に付着する可能性はあります。

肌に付着したアクネ菌が増えてニキビになるか、
それともそのまま自然消滅するかはその人の肌の状態に大きく左右されます。

まずアクネ菌は、基本的には誰もが肌に持っている常在菌の一種です。

そしてアクネ菌は皮脂を栄養に増殖するという特徴を持っています。

例えば紫外線をたくさん浴びてしまった場合、肌は乾燥して角質がゴワゴワと厚くなります。
その結果、毛穴が詰まり、その中に皮脂が溜まっていきます。

アクネ菌はその皮脂を栄養にして増殖し、それが炎症を起こしてニキビが出来ると言う仕組みです。つまり、紫外線⇒ニキビの悪化 につながる事があるということです。これは驚きですよね!

逆に言えば、規則正しい生活を送り、きちんとマッサージ等のスキンケアをして、28日周期で肌が新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返していれば、
毛穴に皮脂がたまる事が無いのでアクネ菌が増える事は起こりにくいのです。

もし、アクネ菌が外部から肌に付着した場合、
(ニキビが出来てる人と皮膚接触した、
ニキビが出来てる人のメイクブラシやタオルを借りた、など)
元々、自分自身の肌に持っていたアクネ菌にプラスして菌が増えるので、当然、通常よりニキビが出来る可能性事態は高まります。

しかし、そのアクネ菌が増殖してニキビになるのか?
それとも自然に消滅していくか?はその人の肌の健康状態によるという訳です。

皮脂膜が作られた「弱酸性」の健康な肌状態であれば、特に問題ありません。
IMG_20160406_142849

またアクネ菌はしぶといので、ファンデーションのスポンジやメイク道具を通して肌に付着する事もあります。

アクネ菌はだれでも持っている菌ですので、ニキビが無い人からメイク道具をかりても、ニキビが出来る可能性はありますし、逆にニキビがある人から借りても、ニキビが出来ない可能性もあります。

どちらにしても、基本的にはメイク道具の貸し借りはオススメ出来ません。

そして、メイクスポンジやパフは常に清潔にする事を心がけるのが大切ですね。
image3-1024x7051


夏の最強野菜!

IMG_20170719_101926_673

 

夏が旬の野菜の中で、特に抗酸化力が高いにもかかわらず、多くの人が知らない野菜があります。
それは、空芯菜です。
.
ピーマンやナスにも、勿論すごい力がありますが、
葉っぱによって光がさえぎられ、結局半日陰になっています。
.
それに対してシソやモロヘイヤなど、夏の葉野菜は、夏の強烈な光をもろに浴びる頂部が収穫されます。

IMG_20170609_192619_692
ここは、相当な量の活性酸素消去物質を作っておかないと、すぐに真夏の太陽で日焼けしてしまうのです。
.
ピーマンが日焼けして表面の一部が白く枯れた姿を、見たことありますよね。
夜の間に作った活性酸素消去物質が足りなくて、昼ごろに使い果たしてしまうと、
その後は野菜も簡単に日焼けしてしまうわけです。
ですから夏の朝収穫した葉物野菜は特に抗酸化力が高いのです。
.
その葉物野菜の中でも、空芯菜は味にくせがなく、キャベツの代わりに様々な料理に使えます。
特に味噌汁にたっぷり入れると、
煮汁に溶出した抗酸化成分まで全部いただけるのでお勧めです。
.
一番のお勧めは、朝どり空芯菜の青汁スムージーです。
ミキサーに豆乳、空芯菜、氷を入れ、回すだけです。仕上げにサキナ雑穀粉『穀美人』を入れると完璧です♪雑穀粉を入れることで、食物繊維やビタミンが簡単に補給できます。

1477404197198
.

暑さで寝不足で食欲がないときも、これならすぐ出来て、
美味しくて飲みやすく、元気がよみがえります
1477404190942

空芯菜はとにかく栄養成分の濃い野菜なのです。
.
βカロチン(ビタミンA)が多く、この栄養素は
抗発ガン作用や免疫賦活作用、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持に効果があります。
.
ビタミンCも豊富で、βカロチンと共に活性酸素を減らし老化防止に役立ちます。
.
汗と共に失われるのに、加工食品を食べても著しく欠乏しているカリウムを始め、
ビタミンB1,B2などを沢山含み、夏の健康維持には最適です。
.
カルシウムが多く、さらに骨の生成に欠かせないマグネシウムや、
カルシウムを骨に定着させるビタミンKも多く含まれています。
.
鉄分と葉酸を多く含んでいるので、貧血や妊娠中の方、成長期のお子さんには特にお勧めです。

夏の健康維持、美肌作りに、クウシンサイをぜひお召し上がりくださいね。

 

 


紫外線ダメージから髪を守りましょう🎵

お子さんの夏休みも始まり、外に出る機会が多くなるこの季節。
紫外線対策は、髪の毛までなさっていますでしょうか。

1500607835245

 

実は顔以上に紫外線にさらされている、髪の毛。その紫外線対策もとても大切なのです。

 

紫外線は髪のキューティクルを剥がれやすくし、乾燥によるダメージ、茶色く褪せた色になるなど髪の老化に大きく影響します。

ぜひ、日中は日傘や帽子で、髪を紫外線からガードしましょう。

 

いつもの入浴前後、いつものお手入れに簡単シンプルケアを取り入れてみましょう。

1,ブラッシング
シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケを落とし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれます。丁寧にブラシを通しましょう。

2,予洗い
髪自体の汚れは予洗いでほとんど落ちると言われています。また、シャンプーを泡立てるには髪と地肌がしっかり濡れている事が必要なので、予洗いは大切なステップです。38℃~40℃程度のお湯でよく濡らしましょう。

 

3,シャンプー
髪ではなく、頭皮を洗う感覚で行いましょう。シャンプーを前頭部、後頭部、両サイドの4ヶ所、地肌に近いところにつけ、指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てます。
洗い方は、頭皮の皮脂汚れをしっかりと洗う感覚で。指の腹を使って、丁寧にマッサージするように行うのがポイントです。力を入れすぎると髪や頭皮を傷めるので、気をつけましょう。

また、濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、擦り洗いはNGです。
その後、髪表面だけでなく頭皮も意識し、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。

 

4,トリートメント

トリートメントは、髪の水気が多いと効果が半減します。トリートメントをつける前に軽くタオルドライをし、しっかりと髪の水気を取りましょう。
その後、トリートメントを手に取り、指の間にまんべんなく伸ばしてから、髪の中間から毛先につけます。祖のあと、すすぎ残したら残しのないように優しく洗い流しましょう。

 

5,タオルドライ
乾いたタオルで頭皮から拭き始めます。指の腹で頭皮をつかみ、マッサージを行うようなイメージで拭いて、8分乾きになるように乾かしましょう。
タオルドライもゴシゴシ擦ると、髪のダメージに繋がるので、気を付けましょう。

 

6,クシ管

クシ管での頭皮マッサージは、頭皮環境を健やかに整えるのに欠かせないお手入れです。サキナビューティープログラムのお手入れのステップの最後として、1日3分行いましょう。クシ管は生え際から後ろに向かってブラッシングするように動かしてマッサージしましょう。

IMG_20161127_143145

 

7,ヘアエッセンスオイル
八分乾きの髪に美容液を!
手に適量オイルを出し、両手の平にオイルをよく馴染ませたら、ダメージの気になる毛先を中心につけていきます。髪の内側から手クシを何度も通し、髪全体にオイルが広がるようにします。

つけすぎるとベタつきやボリュームダウンになるので、自分に合った量を見つけましょう。

1500607822150
¥2880円

サキナヘアエッセンスオイルは植物の栄養がギュッと詰まった天然系成分100%のオイルです。髪に潤いを与え、紫外線やドライヤーの熱などのダメージから守ります。

潤ってまとまり、ツヤ、コシ、のある健康で美しい髪へと導きます。レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、とても人気です。
コンディショニングシャンプーで頭皮環境を整え、
ヘアトリートメントでダメージを補修、
クシ管でのマッサージも抜かりなく!

そして、ヘアエッセンスオイルで乾燥や紫外線から保護して、今年の夏もツヤのある髪の毛でお過ごし下さい。

 

サキナビューティーアドバイザー

末次

 


サキナ パーフェクトUV

IMG_20160704_152450

今年はここ10年で最も暑く、強烈な紫外線の夏になると気象庁が発表しました。今年は確かに紫外線が強烈に感じませんか?去年と同じUV対策では、追い付かないようです。

ちなみに、生理前は、紫外線を吸収しやすくなるのをご存知でしょうか?黄体ホルモンの影響で、紫外線への感知度が上がると言われています。生理前は、特にUV対策が必要なのです。

この夏、日常生活はもちろん、海や山、アウトドア、南の島で、、大活躍するのが、
サキナパーフェクトUVです!
2209640_L

最近の研究から、実は皮膚の奥深くに影響する紫外線は、ロングUVAという、UVAの中でも、長い波長のものがあるそうなんです。

このUVAをどれくらい長時間防御できるか?を、表したものが、PA表記なのです。
PA+よりも→PA++の方が、防御効果が高いということになります。

SPFというとは、基本的にUVBを防御する数値なので、これからは、SPFだけではなく、PA値も意識されることをオススメします。

さらに、より確実に紫外線の影響から肌を守るには、数値も大切ですが、こまめな塗り直しが欠かせません。どんな日焼け止めでも、汗をかいて、ハンカチで押さえたりすると、ムラができたりするんですよね。

この夏も、サキナ パーフェクトUVは、ジェル乳液タイプで、さらりと軽やかな塗り心地が特徴です。 塗り重ねてもべたつかず、紫外線が突き刺さるような炎天下でも、何のストレスもなく塗り直しができます。まさに、パーフェクトに肌を守ってくれます。

このパーフェクトUVは、SPF50 PA++++という、外でのレジャーでも耐えうる紫外線防止効果があります。

これまでは、ここまでSPF値が高くなると、その分、お肌には負担が大きいと言われていました。

サキナパーフェクトUVは、サキナで初めて紫外線吸収剤を使用しています。しかし、肌に直接触れないように、カプセル化を施しているので、お肌にも優しく安心してお使い頂けます。

敏感肌の方でも、思いっきり外出やマリンスポーツをお楽しみ頂けると思います。

ぜひ、お試しくださいね!