紫外線だけじゃない!春のダメージ肌の原因とは?

今日は、サキナビューティーパートナーコンテストの二次審査が開催されました!

IMG_20170406_143504_015

各地で行われた一次審査を突破された18名から、たった1名の九州代表が選ばれます。日頃のトレーニングの成果がでますように!皆さん、がんばってください!

IMG_20170406_104603_782

今日も花曇りのすっきりしない春らしいお天気です。この春の空気は、実は一年で最も汚れていると言われています。

チリやホコリ、タバコの煙など、都市部に住んでいると、肌に触れる日常の汚れた空気が、シミの原因やほうれい線を深くすることはご存知でしょうか?

汚れた空気は、「紫外線A波(UVA)」の肌へのダメージを増幅させることが、タバコの煙を用いた実験で明らかになっているそうです。

 

紫外線は、波長の長さによって「紫外線A波(UVA)」「紫外線B波(UVB)」「紫外線C波(UVC)」に分けられています。

もともと波長の短い「紫外線C波(UVC)」は、オゾン層で吸収される為、地上までは届かないと言われています。

日やけの主な原因となる「紫外線B波(UVB)」と、肌に急激な変化が見られず一見影響の少なく見えるものの、シミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきた「紫外線A波(UVA)」

この2種の紫外線から、しっかりお肌を守ることが大切です。

 

特に春先は、ちりや埃など空気の汚れが気になる季節です。

この汚れた空気と、紫外線A波が結びつくと、より肌へのダメージが深刻化するのです。

日焼け対策や美白など入念なスキンケアをしている女性であっても、特に春は、肌は常に外的ストレスという危険にさらされているということですよね。

紫外線だけではなく、汚れた空気から肌を守るためにも、日々のサキナホームエステマシンでのトレーニングは重要です。

肌の水分量をアップして、紫外線や汚れた空気に負けない肌作りをしましょう!