美しい髪になれる食事とは?

IMG_20161223_134539_426

艶々とした美しい髪を、いつまでも健康に保つには、ヘアケアだけではなく、食事の栄養バランスに気を付けることが大切です。

そもそも、髪の主成分であるたんぱく質「ケラチン」に含まれる「システイン」という成分にあります。システインは必須アミノ酸から合成されますが、必須アミノ酸は体内で生成することができないのです。その為、食事によって、外から摂取する必要があるのです。

しかし、摂取したたんぱく質などの栄養はまず⇒筋肉や臓器に優先的に補充されてしまいます。したがって、髪や皮膚にはなかなか行き届かないという現実があります。

大病をすると髪の毛が抜けやすくなるのも、髪は生命を維持する上で影響がないために、まずは重要な臓器の部分に栄養が全て費やされてしまうからだと考えられています。

IMG_20160924_003516

では普段の食事でたんぱく質の含まれる食品をたくさん摂れば良いのかというと、そう単純でもありません。例えば、お肉などで、食事からたんぱく質を摂ろうとすると、同時に脂質や塩分などの摂取量も増えてしまいがちです。

そこで、良質なアミノ酸をバランス良く含む鮭、イワシ、シジミ、うなぎ、鯛などの魚貝類や、大豆、豆腐、納豆などの植物性たんぱく質がオススメです。意外なのは、ジャガイモ、バナナにもたんぱく質は多く含まれています。

たんぱく質は脂肪と違い、体に蓄えておくことができない栄養素です。髪を健康に保つため、良質なたんぱく質の補給を習慣にして体の内側からのケアも大切にしたいですね。