3種類の冷え症とは?

FB_IMG_1466585513103

東洋人に多いと言われる冷え性ですが、
現在は、日本人女性の8割が冷え症とも言われています。

実は、冷え性には3種類あります。

1、痩せていて、胃腸も弱い。
2、色白で、ぽちゃぽちゃと太っている。
3、血圧が高めで、とにかく足が冷える。

あなたは、どれに当てはまりますか??

1、の人は、
内臓の機能が弱く、血液が手足の末端まで
届いていない人です。

胃腸が弱い方は、咀嚼が足りない方が多いので、
一口20回は噛むように、意識して下さいね。

人参、大根、蓮根、里芋、ゴボウなどの根菜類、
しょうが、ゴマ、ラッキョウ、梅干など、
身体を温める食べ物をしっかり摂って下さい。

2、の人は、
甘い物の摂りすぎが考えられます。
フルーツや緑黄色野菜で、
ビタミンCやミネラルをしっかり摂りましょう
もし、甘い物ソについつい手が伸びてしまう方は、
変わりに梅干を食べるようにしてみて下さい。
1週間で、好みが変わります。

3、の人は、
足腰の働きが悪く、血行が悪くなっています。
ベットに上向きに寝て、両手両足を天井に伸ばして、
ぶらぶら振ってみて下さい。
この手足ぶらぶら体操(ゴキブリ運動とも呼びます)を、朝起きて
すぐにするのがお勧めです。
あとは、しっかり歩くこと。
歩いて、足に刺激を与えましょう!

冷え性が進行すると、やがてのぼせ症状もでるそうですので、
絶対、冷え性は、改善したいですね。