濃縮還元ジュースはからだに良いのか?

オレンジジュースが好きな方には残念なお知らせです。
fd401281

日本では、そもそも収穫後に農薬を吹き掛けません。
また収穫したらまず果物用として選別出荷し、
その残りを水洗いしてジュースなどの加工用に使います。

一方、米国では、収穫したオレンジは選別せずに、
3回も農薬を掛けるそうです。

そして最終段階になってから、果物用かジュース用に分けるため、当然、ジュースには多量の農薬が含まれています。

オレンジ・グレープフルーツに撒かれる農薬成分
白カビ防止=「OPP」(オルト・フェニル・フェノール)は、発ガン性があります。
緑カビ防止=「TBZ」(チアン・ベンダ・ゾール)または「イマザリル」で、
TBZは催奇形性(胎児の奇形や生物環境の破壊)があります。

オレンジ・レモンなどの一見、健康的に見える100%フルーツジュースですが、相当に農薬が入ったジュースかもしれません。

果汁100%であっても 「濃縮還元タイプ」のジュースは、一旦、水分を飛ばし加熱殺菌して、量を1/5~1/6にします。

アメリカで作られた濃縮液に、その後、日本で、水を5~6倍加えるのです。

もちろん、味や香りが減退しそのままでは飲める代物ではないので、砂糖・酸味料・香料・ビタミンCなどを加えます。

爽やかなオレンジの香りは、実は香料の香りかもしれません。しかも、加熱処理されてるため、本来果物がもつビタミンや酵素は既に無くなってる可能性が高いのです。

濃縮液はタンクやドラム缶に詰め、冷凍されたまま国内で随時流通します。
そのままなら、5年ぐらいは大丈夫だそうです。

100%ジュースは、健康に良さそう、、と思うのは、錯覚かもしれません。

農薬以外にも、カロリーが高いのでダイエット中の方にはオススメしません。

国産の蜜柑(みかん)ジュースなら、ポストハーベスト農薬は使われていないので、全体の農薬はかなり少ないと言えます。
fd401267

もし、お子さんにジュースを買ってあげたいのならば、国産のみかんジュースのほうが、安全性は高いようです。