「 2016年05月 」一覧

初夏のメイクレッスン会

IMG_20160514_181738
今日は初夏を楽しむ涼やかメイクレッスン会でした。
アフターフォローの一環として、少人数で限定で定期的に開催させて頂いています。

IMG_20160514_182102
毎回、笑いの絶えない楽しいレッスン会となっております。でも、皆様、真剣です!
メイクも基礎を知っているのと知らないのとでは、かなり仕上がりに差が出ますよね。
IMG_20160514_182159
マンツーマンで、手取り足取り教えて頂くので、皆様かなり上達されます。
初夏の爽やかメイク、ぜひ楽しんでくださいね。

IMG_20160514_181203


血液と血管の働きとは?

_20160517_111835
私たちの皮膚には多くの血管が存在しています。皮膚の健康を保つために、血液は重要な役割をしています。

皮膚の血液循環には、二つの働きがあります。

①皮膚に、酸素や栄養を供給し、老廃物や二酸化炭素を運び去る働き。血管には主に動脈、静脈と毛細血管があります。
②体温を調節する働き。

①⇒
血液の流れがスムーズであれば、皮膚のすみずみまで充分な栄養が供給されています。

真皮全体に毛細血管が分布していて、真皮の最上部の乳頭層にも密集しています。この毛細血管から、真皮のすぐ上にある表皮に栄養が届けられます。

血管には2種類があることは、ご存知ですよね。それぞれ役割が違います。

『動脈』
⇒食物から得た栄養素の他、身体の各器官で分泌されたホルモン、呼吸から得た酸素など、身体に必要な成分を各器官に運びます。
また、血液中の栄養や酸素が動脈性毛細血管の薄い壁からにじみ出て、リンパ液となって、各組織の細胞に供給されます。

『静脈』
⇒不要になった老廃物や二酸化炭素を運びます。リンパ液が皮膚の各組織から発生した老廃物や二酸化炭素を受け取り、静脈性毛細血管を通じて、静脈に戻ります。

血液中に充分な栄養が含まれる血液の流れが順調な時は、新陳代謝もスムーズに行われて皮膚の生理機能が高まります。

②⇒
皮膚の毛細血管は拡張したり収縮したりすることにより、体温を一定に保つ体温調節の働きをしています。

暑くなると、毛細血管は拡張し、多量の血液を流して、熱を身体の表面から逃そうと働きます。

寒くなると、血管が収縮して流れる血液の量を少なくして熱を体外へ逃さないように働きます。冬場、手足や頬が冷たいのはこの作用によるものです。

IMG_20160520_185717


睡魔の原因とは?

夜、ちゃんと睡眠をとってるのに、昼間に猛烈な眠気に襲われることってありませんか?

実は、生理前の症状で、意外と多いのが「眠気が増した」というものなのです。生理前は、なんだか眠たいという方が多いのです。

それは、排卵後に多く分泌される“プロゲステロン”というホルモンが原因だと言われています。

プロゲステロンには睡眠作用があります。

妊娠したばかりの時は、「眠気が増す」とよく言われますが、これもプロゲステロンの分泌量が増えることが原因だそうです。

睡眠不足の状態になると、昼間の眠気や疲労感、集中力の低下などさまざまな不調をもたらします。そこにPMSが重なるといっそう「眠くて仕方ない」状態になるのです。

昼間に眠くならないよう、良質の睡眠をしっかりとるようにしましょう!

今日からぐっすりと眠るためのポイントとは?

<起床後>
・朝起きたら太陽にあたる
・通勤時になるべくウォーキングを取り入れて、適度 な運動をする

<帰宅後>
・ちょっと早めのお風呂。ぬるめの湯船にゆっくりとつかってリラックスする
・夕食は、良質なたんぱく質・カルシウム・ビタミンB群を摂取
・夜はカフェインやアルコール摂取はやめる。
・夜はパソコン/スマホなどの光の刺激を避ける

特に、レンコン、ゴボウ、ニンジンなどの根菜類は、カラダを温め、快適な眠りを誘うので夕食にはオススメです。

今夜は、ゴボウと人参たっぷりのもつ鍋はいかがでしょうか?
IMG_20160429_204615


母の日のプレゼントにラエヴァ

大人の女性の為の、肌力をしっかりサポートしてくれる大人気化粧品 サキナ ラエヴァシリーズ。
母の日に合わせて、今月いっぱいのキャンペーンが始まりました。

FB_IMG_1462174306183

http://saqina.jp/news/post_101.html
ラエヴァキャンペーン開催

期間中、ラエヴァ化粧品を1回のご購入で6,000 円分以上ご購入いただいたお客様に、「サマーマフラー(ピンクorラベンダー)」をプレゼントいたします!
IMG_20160505_180935
※先着 23,000 名(期間中お一人様1枚限り・無くなり次第終了させていただきます。)
※カラーのご希望に添えない場合もございます。予めご了承願います。
※対象は店舗販売のみになります。サキナアドバイザーの方も対象になります。

開催期間:2016年5月1日〜5月31日

大好きなお母様へ、日頃の感謝の気持ちを込めて。
ラエヴァマスクやラエヴァローションのプレゼントはいかがでしょうか。ラエヴァ化粧品シリーズは、疲れたお肌に内側から潤いを与えてくれて、それをしっかり長時間キープしてくれます。
大人特有の肌悩みをお持ちの方に、きっと喜んで頂けると思います。


チョコレートでシミをとる?

IMG_20160426_122028

甘くておいしいチョコレート。女性は、大好きな方が多いですよね!

でもニキビの原因になったり、カロリーが高いから、食べたいけど我慢してるという方も多いのではないでしょうか?

先日、NHKあさイチという番組で、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートの健康パワーが取り上げられていました。

カカオプロテインやカカオポリフェノールによって便秘改善効果や認知症予防、高血圧予防につながるといった内容でした。

実は、『チョコレートがニキビの原因になる!』
のではなく、正確にはチョコレートに含まれる糖質と脂質がニキビを助長するようです。

1. アンチエイジング効果

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには、身体の老化を促進する活性酸素を取り除いてくれる効果があります。

ポリフェノールはワインに含まれていることで有名ですよね。でも、なんとカカオポリフェノールの効果は赤ワインの2倍も強いんです。

そのため高いアンチエイジング効果が期待できます。

【ポリフェノールが多い食品ランキング】

カカオ72%のチョコ(25グラム)・・・635ミリグラム
りんご1個 (300グラム)・・・370ミリグラム
春菊1袋(160グラム)・・・340ミリグラム
赤ワイン1杯(125ミリリットル)・・・300ミリグラム
コーヒー1杯(140ミリリットル)・・・280ミリグラム
ごぼう1本(200グラム)・・・188ミリグラム
豆腐1丁(300グラム)・・・140ミリグラム
緑茶1杯(90ミリリットル)・・・70ミリグラム
※あくまで参考値とお考えください。

2. ストレスに強くなる

カカオポリフェノールにはストレスを緩和してくれる効果があります。

ご存知の通り、ストレスは美容によくありません。

自律神経を整えてくれる効果もあるため、ストレスでお肌の調子や体調が優れないときは、ぜひチョコレートを食べてみてくださいね。

3. バランスよく栄養素が取れる

実は、チョコレートにはミネラル、食物繊維、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどの栄養が含まれています。

どれも女性に必要でいて、不足しがちな成分です。チョコレートを食べるとそれらをうまく補うことができるため、お肌の調子もよくなります。

【チョコレートに含まれる主な栄養素】

タンパク質
アミノ酸
脂質
糖分
炭水化物
食物繊維
テオブロミン
カルシウム
マグネシウム
亜鉛
その他ミネラル
ビタミンE

4. ダイエット効果

チョコレートなのにダイエット?!と思われるかもしれませんが、カカオポリフェノールには満腹中枢を刺激する作用があります。

ですので、小腹が空いたときなどに食べると、空腹を誤魔化すことができるのです。

さらに、エピカテキンという成分は体重を減らす効果があるため、上手に取り入れればチョコレートはダイエットの味方になってくれます。

5. 紫外線から肌を守る

なんと!
チョコレートに含まれているフラボノイドには、皮膚の血行をよくする効果があるそうです。

すると紫外線を浴びてもダメージを受けにくくなりますよね。これは素肌美人を目指す私たちには朗報ですね。

ただし、この効果はカカオの配合率が高いダークチョコでなければ得られないようです。

チョコレートはご存知の通り、とてもカロリーが高いです。
そのためいくら美容にいいといっても、食べ過ぎれば太ってしまいます。

食べるならカカオが70%以上のダークチョコがおすすめです。ただし、あまりにカカオが濃いと、苦くて食べられないこともあります。

カロリーが高いチョコレートも上手に摂れば、あなたをより美しくしてくれます。ぜひ大好きなものを食べながら、キレイになっちゃいましょう。