座りっぱなしは寿命が短くなる?

皆さんは適度な運動を定期的に行ってらっしゃいますか?
サキナビューティーラウンジ福岡には、素肌美人の方が沢山いらっしゃいますが、
実年齢よりも若々しく見える方にお聞きすると、やはり、ランニングやヨガ、ピラティズ、ジムなど、何か運動を定期的にされてる方が多いようです。素肌美人と適度な運動は、密接な影響があるのではないでしょうか。

「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」

「太っている人は、やせている人に比べて1日に2時間半長く座っている」

実は、ブラジル・サンパウロ大学の研究では、全死亡率の3.8%は「座りすぎ」に関連していることが判明したそうです。

1日に3時間以上座ると「座りすぎ」とみなされてしまうそうです。これはショックですよね。

しかも、1日に3時間より多く座ると死亡率アップするという、衝撃的な研究結果がでたそうです。

また、座りすぎに運動不足が重なると、全死亡率との関連は14%になるそうです。

まずは、1日の座り時間を30分減らすなど、日々の生活で座りすぎないように気をつけることが大切とのことです。

座りすぎによるリスクは、ぜひ、「運動」で改善をしましょう。

1時間に5分の散歩を行うことで、長時間の座位で低下した血管の機能が正常に保たれるといわれています。

デスクワークの方は、可能であれば1時間おきに休憩して、ちょっと軽くストレッチなどの運動する、と良いかと思います。

やはり、人も動物。動く生き物ですよね。

長時間同じ体勢でいることは、体には負担なのですね。