幸せホルモンとは

「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」って、ご存知ですか?

「飼い主とイヌが触れ合うことで互いにオキシトシンが分泌される」という筑波大学の研究チームによる論文が、アメリカ『サイエンス』誌に掲載され、世界で話題になりました。
IMG_20160303_140134

このニュースは新聞やテレビでも一斉に報道され、「オキシトシン」という言葉は広く流布しました。

しかし、現代は、コミュニケーションツールは、電話ではなく、メールやラインですよね。相手に触れるどころか、声を聞く機会さえ、減っていますよね。

オキシトシンは、人と人との肉体的な接触や、簡単なボディタッチでも分泌されるといいます。

「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」など、数々の異名を持つオキシトシン。

分泌されると、沢山の効果をもたらしてくれると言われます。

幸せな気分になる
脳・心が癒され、ストレスが緩和する
不安や恐怖心が減少する
他者への信頼の気持ちが増す
社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
学習意欲と記憶力向上
心臓の機能を上げる
感染症予防につながる

まさに、いつまでも若々しく健康で美しくありたいサキナ美人には欠かせないホルモンですよね!

最近、イライラしてる方、怒りっぽい方、なんだか毎日楽しくないなぁ、、、と、不平不満を思ってる方、
もしかしたら、オキシトシンが不足してるのかもしれませんね。

ではこのオキシトシン、どうやったら分泌されるのでしょうか。

オキシトシンは、家族や夫婦関係、他者とのスキンシップや信頼関係に大変深く関係するホルモンです。

握手をする、ハグをする、キスをする、、など、
もちろん愛するパートナーとスキンシップをとることがベストですが、友人や子供、ペットとのスキンシップでも、充分に効果はあるそうです。

ストレスを癒して心身の健康を掴み取り、幸せな未来へと歩み出すためにも、ぜひ積極的に周りの方と、スキンシップをとりたいですね。

FB_IMG_1456839775641
口角上げていきましょう♪