玉葱は20分放置♪

解毒効果ナンバーワンの優秀野菜、玉ねぎ!

皆さんは、その玉葱は、包丁で切った後(少々面倒くさいですが、)
しばらく放置してたほうが良いって、ご存知でしたか?

fd400121

玉葱には、イソアリインと、アリナーゼという
酵素が、含まれているそうです。

玉葱を切って、空気に触れると、この2つの酵素が混ざり合い
チオスルフィネートという別の物質に変わるそうなんです!

このチオスルフィネートは、ガンの発生を抑制し、ぜんそく発作をおさえ、
痛みを鎮め、血糖値を下げるダウン等の健康効果が期待されています。

でも、このチオスルフィネートは、
たまねぎを切って20分経過しないと、生まれない物質らしく、しかも、水にさらすと流れてしまうそうです。

なので、玉葱は、できるだけ断面が空気にふれるようにスライスした後、20分は置いてから、
食べるようにすると良いそうです。

そうすると、苦みもおさえられて、甘みが増すといわれます。

玉ねぎは身体の代謝を高め、疲労物質の乳酸ができにくくしてくれ、
疲労回復効果を高めてくれます!
そして、何より肝臓の解毒作用もナンバーワンです♪

これからは、ぜひ20分放置してから料理する癖をつけたいですね♪