常在菌とは?

IMG_20160328_203607

私たちのお肌には常にある一定量の菌が存在していまることを、ご存知でしょうか?

皮膚常在菌は人により異なりますが10種類ほど存在します。

表皮ブドウ球菌
黄色ブドウ球菌
アクネ菌(ニキビ菌)
真菌類(カビ)

これらの菌が、適度に繁殖しているお肌は、しっとりツヤツヤしています。

しかし、何かのきっかけでこの菌が増殖すると、肌トラブルが起こってしまうのです。

有名なのは、アクネ菌でしょうか。普段は無害なアクネ菌が、毛穴で増殖するとニキビができてしまいます。

このように、皮膚常在菌は通常は無害ですが、
何らかの要因によって増殖すると肌トラブルを引き起こす原因となります。

大切なのは常在菌のバランスです。

表皮ブドウ球菌は、皮膚にある汗腺から出てくる汗と、皮脂腺から分泌される皮脂をエサとして分解し、天然クリームを作ります。これが皮脂膜です。

この天然クリームが皮膚表面の角質層に適度な水分量を保ち、お肌のうるおいをキープして、様々な刺激からお肌を守ります。

私たちのお肌は日頃から、気温の変化や空気の乾燥、紫外線や雑菌、排気ガスやほこり、ダニやハウスダストなどいろいろな刺激にさらされているのですが、 この天然クリームがそれらの刺激からお肌を守り、有害なものの侵入を防ぎ、肌の水分量を保つという、とても大切な働きをしています。

その働きが「バリア機能」と呼ばれています。

IMG_20170324_140331_396

汗や皮脂と表皮ブドウ球菌のバランスが保たれていれば、表皮ブドウ球菌が元気に育ち活動し、天然の皮脂膜も作られるという好循環が保たれます。

この天然の美容液ともいえる皮脂膜の働きを止めないことが美肌を保つ上で最も大切なことだといえます。

皮脂膜を引き出し、保つには、サキナホームエステマシンによるスチームステップのお手入れが最も効果的です。弱酸性のスチームが、お肌に潤いをあたえ、清潔に保ってくれます。

必要以上に洗顔しすぎたり、こすりすぎたり、殺菌しすぎないこと
お肌に負担の大きい化粧品を使わないことは、
皮脂膜をつくるうえで、特に大切です。

女性の場合、20代後半からは皮脂の分泌が少なくなっていきます。そうでなくても、現代は乾燥しやすい環境です。乾燥を嫌う皮膚常在菌のためにも、毎晩スチームにあたって、天然の皮脂膜を引き出しましょう。
その上で、化粧水・美容液でしっかり水分補給と保湿を行うことが大切です。

毎晩、サキナホームエステマシンで、スチームにあたることで、常在菌を健やかに保ちましょう。


唇も日焼けします

顔やボディには日焼け止めクリームなどで紫外線対策をバッチリ行なって頂いてることと思います。

IMG_20180726_105002_467

しかし、唇は、、?

日焼け対策と唇のお手入れを怠ってはいませんか?

実は、唇は他の肌よりも紫外線の影響を特に受けやすいパーツだと、ご存知でしたか?

唇が腫れてる

唇がかゆい

唇が熱い

唇が皮が剥ける

唇がガサガサしてる

唇が切れる

この時期の、唇トラブルは紫外線の影響かも知れません。

唇は真皮層が薄く、バリア機能が低いため、頬や顎などのパーツに比べると日焼けしてしまう可能性が高いのです。

そして、唇が日焼けすると、上記の様なトラブルが現れます。

紫外線量は7〜8月にピークを迎えますが、時間帯によっても紫外線量は異なります。

午後12時〜午後14時頃まで強めの紫外線が降り注ぐと言われていますので、この時間帯の外出は極力控えるようにしましょう。
紫外線が強い中、どうしても外出しなければならない時もありますよね。

そんな時は帽子・日傘といったアイテムを有効活用してください。

日傘を持つ時は顔〜唇に紫外線が当たらないよう確認するようにし、帽子もつばが広く、顔全体が影で覆われるタイプのものが理想的です。

 

0012529お出かけ前に、ぜひ、【サキナリップエッセンス】で唇を紫外線から守りましょう。

アミノモイスチャライザー、セラミド(保湿・保護)が唇のあれや乾燥を防ぎ、唇をみずみずしくすこやかに保ちます。さらりとした軽い付け心地を実現しました。

もし、乾燥を感じるときは、こまめな塗り直しがオススメです。舐めると、刺激により、乾燥が悪化してしまうので、気を付けてください。

IMG_20151116_123159


髪も紫外線から守りましょう

肌老化の原因は、紫外線による光老化が約8割といわれています。
FB_IMG_1468859298735

実は、肌と同様、頭皮も、紫外線によって老化が加速することをご存知ですか?

恐ろしいことに、頭皮が浴びている紫外線量は、顔の肌のなんと約5倍とも言われているのです!

きちんと頭皮ケアをしないと、秋冬になって抜け毛やボリュームダウンに悩まされることもあるので、夏の頭皮ケアはとても大切なのです。

今すぐ、鏡でチェックしてみてください。

もし、分け目の部分の頭皮がほかの部分よりも赤くなっていたら、紫外線ダメージを受けている証拠です。

特にカラーリングをした髪は紫外線から守ってくれるメラニン色素が少ないので、ヘアカラーをしてない髪よりも頭皮が紫外線ダメージを受けやすい状態になっているのです。

ぜひ、今日から、日傘や帽子などで、守りのケアも補強してくださいね。

日中の紫外線やクーラーによる乾燥から髪を守り、一日中潤って艶のある髪をキープするために、
朝、サキナのヘアエッセンスオイルのご使用がオススメです!

サキナのヘアエッセンスオイルは、天然系成分100%です。ですので、直接肌に触れても安心です。

植物の栄養がギュっとつまった天然オイルで、毎日しっかりと保湿を行うことで、潤ってまとまり、つや、こしのある健康で美しい髪へと導きます。

濡れた髪にも、乾いた髪にもすっと浸透し、潤いが持続します。

オイルというと、ベタつくイメージがあるかと思います。しかし、使う量を調整すれば、ベタつくことはなく、しっとりとしなやかなライトな仕上がりです。

爽やかなレモングラスを中心としたストラス系の薫りです。一度お使い頂くと、その艶に、みなさん、感動されます。
2002s

はじめは、少量ずつ手に取りましょう。
手のひらでオイルを温めるように、両手指、指の間まで、手のひら全体にオイルをなじませます。

耳より下、髪の長さの半分から3分の1を目安に、ダメージの気になる毛先を中心に、髪の内側から手ぐしをするように馴染ませます。

【特徴成分】
●イモーテルブルー
黄色の可憐な花が咲く海浜植物から得られる「リモニウムゲルベリエキス」
頭皮環境を整えます。

●アラリアエクスレンタエキス
フランスブルターニュに生育する海草由来。
毛髪保護成分

●アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ホホバ種子油
髪に艶を与える成分。

●シア脂
紫外線からのダメージに対応します。

●γ-ドコサラクトン
菜種由来のヒートリペア成分。

ぜひ、サキナヘアエッセンスオイルで、この夏の紫外線ダメージから髪を守りましょう!
IMG_20160704_152450


自分の臭い、気付いてますか?

IMG_20170318_120039_139

なかなか自分では気付かない体臭、。

男性だけのもの?と、思われがちですが、実は女性も男性程ではありませんが、体臭や加齢臭が出る方は少なくないのです。

これからどんどん薄着になる季節

男性に限らず、女性でも、デモ室という閉鎖された空間でお手入れしていると、頭皮から酸化した脂の臭いがしたりする方はいらっしゃいます。

体の変化と同じように、30代半ば頃から、私たちの体臭は変化していきます。

体臭が変わる=加齢臭

と思われがちですが、実は加齢臭が本格化するのは50代半ばからだと言われています。

その前に、30代半ばから40代にかけてミドル脂臭が発生するのです。

ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」というもので、汗の中の乳酸が皮膚上の常在細菌に代謝・分解されることによって発生します。

この「ジアセチル」だけでも不快なニオイなのですが、「ジアセチル」と頭皮のニオイ(中鎖脂肪酸)が混ざることで、より不快なミドル脂臭となります。

まずは、清潔を保つことが大切です。
何よりも毎晩サキナホームエステマシンのお手入れをきちんとしましょう。

スチームステップを継続することにより、だんだんと汗と皮脂のバランスが整ってきます。すると肌は弱酸性を保つことができ、雑菌が繁殖しにくい環境が整うのです。

さらに頭皮に大きな影響を与えるシャンプーや、身体の皮脂バランスを整えるボディソープ選びは重大です。

ぜひ天然アミノ酸系のサキナシャンプーと
ミネラル成分豊富なサキナボディソープ リファンゴをお使いください。
0275314

さらに普段から髪を洗う時は、ぜひ以下のことを意識してみてください。

ミドル脂臭は後頭部やうなじを中心に発生します。
10・20代の頃はワキを中心にケアすればいいですが、ミドル脂臭の場合は後頭部を中心にケアする必要があるのです。

つまり、髪を洗う時は、後頭部でしっかり泡立てて洗うことが必要です。

頭を洗う時は、後頭部を意識して、小刻みに指をジグザグに動かして洗います。

加齢と共に、頭皮のアブラも変化しており、若いころに比べてねっとりとベタベタした、落ちにくいものになっていきます。

このねっとりした頭皮のアブラにニオイがこもるので、アブラをしっかりと落とす必要があります。

 

FB_IMG_1490352023607

http://saqina.jp/news/vol17.html
サキナージュVol.17発刊のお知らせ

サキナージュVol.17が発刊されました。
今回の特集は、
●[新サキナ メイクブラシ発売記念特集]
メイクブラシでもっと簡単、キレイになる!
● [限定カラーメイク特集]
海の青と光の煌めきが織りなす、神秘の世界へ
● [もっと、ちゃんと、体の中から]
透明肌になれる「ビューティーパーティー」レシピ

※サキナージュはご愛用者にお届けするサキナの機関誌です。


血流力!

IMG_20160329_001612
今日もサキナビューティーラウンジ福岡には、男性のお客様も沢山お越しいただいております。
やはり、20代~30代の男性が多いように感じます。

男性も女性も、見た目の年齢が若い方に共通しているのは、
とどのつまり、「血流の良さ」だと言われます。

いくら化粧品を、重ねても、、血行が悪ければ、お肌は改善しません。

見た目の若さと美しさと心の状態も作る
「血流力」は、見た目の若さも大きく左右します。

どんなにキメが細かくても、顔色がくすんでいれば、美しく見えません。
どんなに色が白くても、血流が悪ければ、老化はすすみます。

冷える、肌がくすむ、むくみやすい、疲れやすい
胃が弱い、乾燥肌、肌のハリがない、
抜け毛、白髪が多い、かすみ目・疲れ目がある、
肩こり・首コリ、便秘、下痢、シミ・そばかすが多い、目の下のたるみ、
毛穴、ほうれい線の影、イライラしやすい、ストレスに弱い、落ち込みやすい

など上記のことに当てはまることがあったら
血流のケアをしてあげることで改善できる場合があります。

スキンケアもとても大切ですが、肌を作る土台は、やはり血流なのです。

肌の弾力やハリを支えているコラーゲンは
年齢を重ねることや、多過ぎる糖質や、
紫外線の影響で、減っていくことが知られていますが、

コラーゲンは常に合成と分解を繰り返していて、
古くなったコラーゲンは黄色っぽくなって、
肌のくすみや、ごわつきを作ります。

そこで、
コラーゲンが分解されて新しいコラーゲンに再生されるには、血が足りないと、再生されないのです。

血の量と質は、見た目の若さを決定づけます。

血流不足だと、幸せを感じづらくなります。

血流が減ると、落ち込みやイライラや、やる気のなさや
うつっぽいといった状態になりやすくなるのですが、
これは、脳の血流が不足することが大きく影響しています。

血流が少ないと酸素を少ししか運ぶことができなくて
それが慢性化していると
いつも、イライラや気持ちが沈みがちになったり、
いつもストレスを感じやすいという状態になって
しまうのです。

脳は感情や神経に関係する、
幸せホルモンのセロトニンや
モチベーションやワクワク感を作るドーパミン、
意欲を作るノルアドレナリン
があります。

この3つのホルモンを作るのには鉄が必要です。
ただ、鉄分を摂るということじゃなくて

血を作る、血を増やす、血が流れる
というケアをしていくことが大事です。

なんだかやる気が出ない、なんだか不安、なんだか疲れる、イライラする場合は、ぜひ血流を意識してみてください。