夏は抗酸化力の高い食べ物を!

沖縄シーサーお花

紫外線を浴びる機会が増えると、体内に活性酸素が発生し、皮膚細胞を酸化させ→シミ•シワ•たるみなどを引き起こす要因になります。

秋口になって、お肌がカサカサ、ボロボロということにならないよう、しっかり内側からお肌ケアを行っていきたいものですね!

紫外線対策におすすめの食べ物は、紫外線から身を守るための抗酸化パワーを自ら持つ植物です!

植物の色素成分、ポリフェノールやカロテノイドには、紫外線や活性酸素を除去する働きがあるため、この時期できるだけ積極的に摂っていきたいですね。

野菜を選ぶ時は、いまが旬のリコピンが豊富なトマトや、βカロテンが多いパプリカ、ブロッコリー、小松菜など色の濃いものを選ぶのがおすすめです。
夏のお野菜

フルーツなら、ビタミンCが豊富なキウイフルーツ、イチゴ、レモン、ライムなどの柑橘フルーツやポリフェノールが豊富なブルーベリーもおすすめです。
ビタミンCたっぷりフルーツ

そして、サキナのパワーフード 雑穀米!も、ビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷりで、夏バテ解消にはオススメです!
穀美人 サプリ
日本雑穀アワード金賞受賞

潤いのある肌作りのために、こまめな水分補給と、日焼け止めなど外側からのケアも忘れずに、、
日焼け止めは二時間おきにつけ直し、が、基本です。
クリスタルプライマーCCナチュラルUVシールド

抗酸化パワーを身体に摂りいれて、紫外線に負けない強い肌作りを目指しましょうね!

今日も素敵な一日をお過ごし下さいね!


夏こそコットンパックを!

IMG_20160809_120509

この厳しい暑さ・・・

そして、ひりひりする位の紫外線

汗、紫外線、そして冷房・・・

お肌は、カラダ同様・・もう、へとへとです

この、強烈な紫外線B波に当たると、一気にお肌の水分が蒸発してしまいます。

そして、紫外線からお肌を守るために、
お肌はだんだんかたくなって柔軟性を失ってしまいます。

「夏老け」という言葉もあるくらい、夏は、お肌が一気に老化がすすみます。

 

今こそ、毎晩のコットンパックが重要です。
しっかり保湿しましょう!

しかし、お客様とお話させて頂くと、
この保湿を勘違いしていらっしゃる方が、結構多いのです。

どんな勘違いかと申しますと、
それは、お肌が乾燥してるな~と思ったら、すぐに乳液や美容液をプラスしていらっしゃる方が多いということなのです。

実は、乳液や美容液を足す前に、、、
化粧水をまずしっかりつけるほうが大切です!

化粧水は、ケチらず、しつこく、どんどんつけてくださいね。乾燥には、乳液や美容液ではなく、まず化粧水の量を増やしましょう。

0007524

さらに、手軽に保湿力アップ↑↑に効果的なケアがあります。

こんな季節こそ、コットンパックです♪

本当に、コットンパックは即効性があります。
たった1回で、お肌はぷるんっと瑞々しく潤ってくれます。

夜、サキナ ホームエステマシンでのお手入れのあと、コットンパックをとりいれてみてください。
IMG_20160605_172650

ぜひお試し下さいね。

<コットンパックの仕方>

①コットン(なるべく大きめで、切りっぱなしタイプのもので、
出来たらお肌に優しい高品質のものを。
5、6枚程度用意する。

②コットンにまず水分を含ませ、その後、しっかり水分をしぼる。
そして、化粧水を(惜しまずに、)たっぷり含ませる。

③コットンを少し厚めに(1枚を2枚位にはがして)お顔全体に綺麗に貼る。
(出来れば瞼の上まで。)
アゴ、頬、おでこ・・・の順に下から上に貼るのがポイントです。

④そのまま5分位放置。

⑤おでこに貼ったコットンを手で触ってみて、乾燥し始めていたら、終了。

ここで、お顔の下の部分のコットンはまだ濡れていると思いますが、
思い切って全部剥がす事!

(もったいない、と思われるでしょうが、ここで、コットンをずっと乾燥するまで
貼ったままでいると、逆にお肌は乾燥してしまいます。ご注意を、、)

⑥剥がしたコットンで、お肌をパタパタッ優しくパッティングしましょう。

パッティングをしっかりすると、一時的に毛穴がキュッと引き締まります。

絶対に力は入れず、手首のスナップを使って、軽やかに優しくパタパタして下さいね。

以上がコットンパックの手順です。

化粧水は、べちゃべちゃ感が無くなる迄、もちもちした触感(手が肌にピタッとくっつく位)になる迄、
とにかくしつこく優しくたたきこんで下さい。

もし、顔に水滴が残った状態で放置してしまうと、
その水滴が蒸発する時に、お肌の水分を持っていってしまうので、逆にお肌は乾燥してしまいます。

なので、化粧水はしっかりと優しくハンドプレスしてたたき込む事がポイントです!

ただし、くれぐれも力は入れないで下さいね。

目安は、つきたてのお餅、もしくは、赤ちゃんの頬っぺたです♪

その後、乳液や美容液をつけて終了です。
pic_aging01

ちなみに、結婚式前のお客様には、化粧水1本を、約2週間で使いきるくらいの勢いで使うようにアドバイスさせて頂いています。
0211378

ぜひ、今晩から、コットンパック、試してみて下さいね!


食べる日焼け止め!

 

FB_IMG_1466585513103

猛烈な暑さが続いていますね。

朝、日焼け止めを塗ってもすぐに汗で流れてしまいますよね。

 

紫外線を沢山浴びた後は、特に『トマト』がお勧めです!

トマトには、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6が豊富です。
他にも、カリウム、鉄分、リン、カルシウム、などのミネラルも多く含んでいて、美肌創りに効果的な野菜です。

さらに、リコピンの抗酸化作用で、シミ予防をしてくれます。

ただし、トマトの実よりも皮のほうに、リコピンは多く含まれますので、皮の表面積が多いミニトマトがよりオススメです。リコピンは、熱にも強い性質がありますので、炒めたり煮たりしても大丈夫です。
IMG_20160717_003841

トマトは必ず皮ごと!頂きましょう。ミニトマトを一日10~15個が目安です。

しかも、トマトは血液さらさら効果も高くて、口内炎にも効果的です。

夏は、トマトを毎日食べましょうね!


夏のダメージから髪を守りましょう


夏は湿度や気温の上昇で、頭皮も汗ばむ季節です。
夕方になると、酸化した脂からくる頭皮の臭いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

だからこそ、毎日の丁寧なシャンプーは欠かすことは出来ません。頭皮や髪の健康のためにも、土台である地肌を清潔に保つことが大切です。

この季節は、紫外線の影響も強く髪がダメージを強く受ける季節です。

肌と同じように、紫外線や空調の影響で髪や頭皮が乾燥しやすくなります。ダメージを受けた髪にはサキナトリートメントでキューティクルを整え、潤いを与え逃さないお手入れが大切です。

毎日の頭皮ケアに欠かせないシャンプーですが、
多くの方が価格や香りで選ばれていらっしゃると思います。

しかし、実は、シャンプーの成分は背中や顔の周りに残りやすいため、肌にとても影響しやすいのです。シャンプーを変えると、おでこや背中のニキビが変わった、という方も多いのです。
何よりも成分で選ぶことも大切なのです。

サキナのシャンプーは、泡立ちがよく、潤いも奪う合成の界面活性剤は使用しておりません。

髪はもちろんですが、頭皮の健康にも着目して開発されたシャンプーです。髪を整えながら、土台である頭皮の汚れや皮脂、汗の臭いも洗い流してくれるのです。

夏は頭皮の汗と皮脂の分泌が、一年で最も活発になります。地肌を守りながら、頭皮を清潔に整えることができると嬉しいですよね。肌に優しい成分が使用されているので、お子さんや家族全員でお安心して使い頂けます。
IMG_20160504_165226

洗髪前には毛先からブラッシングをして、髪の絡みを取っておきましょう。
さらに、シャンプー前に、予洗いを習慣にしてください。お湯のみで髪についたホコリなどの汚れをしっかり落としましょう。


夏のくすみ肌に要注意!

ラウンジ

 

朝方は顔色が明るかったのに、夕方に近づくにつれて顔色が悪くなりくすんで見える時がありませんか?

それは、血行不良が原因かもしれません。

血行不良からくるくすみ肌は、クーラーや座りっぱなしで、体の血流が悪くなりやすい体質の方や、肩こりのひどい方、冷え性の方に多い特徴があります。

夏場は特に、冷たい飲み物や食事を好んで摂る方に、くすみは起こりやすいので注意が必要です。

 

もし、顔が茶色っぽく黄ばんで見える時は、糖化が原因であることが考えられます。

糖分の取りすぎや、炭水化物の取りすぎで、たんぱく質の糖化は起こりやすいので、糖分や脂質を取りすぎていないか、気をつけてください。

受付

また、春から夏にかけて、紫外線を浴び続けるとお肌の深いところにあるメラノサイトが活性化し、メラニンを過剰に分泌してしまいます。

ピンポイントにできるとシミとして現れますが、全体に薄く広がるとメラニンによるくすみとして現れる事があります。
正常なお肌はメラニンを28日周期のターンオーバーで体外に排出することができますが、量が多すぎるとターンオーバーが追いつかず、お肌の表面にくすみとして残ってしまいます。

また、紫外線によってお肌が傷つくとターンオーバーが遅れてシミやくすみとして残りやすくなるのです。

 

さらに、毛穴に皮脂やファンデーションの残留物などの汚れなどが詰まっていると、お肌が透明感を失いくすんで見えてしまいまいます。
このタイプのくすみは、クレンジングや洗顔でしっかりと汚れが落としきれていないことが原因で起きます。

角質やお肌の表面にある汚れは、そのまま放っておくと、毛穴の奥に詰まり角柱になります。角柱は毛穴の中で酸化すると黒ずんで見えるため、くすみの原因になると言われています。

このタイプのくすみを改善するためには、角柱を作らないように、週に一度のサキナホームエステマシンでのクリーナーステップを正しく行いましょう。

 

ビジュー