手に自信ありますか?

IMG_20170409_011629_074

桜もすっかり葉桜となり、そろそろ紫外線が気になる季節となりましたね。

日傘をさしたり、日焼け止めをぬったり、サングラスをしたり、、

紫外線対策は万全でしょうか?

 

紫外線に当たることで、皮膚の内側ではメラニンが生成されますが、本来であれば皮膚のターンオーバーとともに排出されていきます。

しかし、加齢と共にターンオーバーが乱れ、排出しきれなくなるため、メラニン色素が残りシミとなってしまいます。
特に生活紫外線と呼ばれる紫外線A波は4-9月までが強いといわれ、ピークは4・5月です。

IMG_20170411_163735_545

紫外線A波は真皮層にまで到達し、知らず知らずのうちに、肌の弾性を保つエラスチン線維やコラーゲン線維を変性させ、シワやタルミの原因となります。

 

女性であれば、お化粧をする際に、下地にUV効果があるものも多いため、顔には日焼け止めをしっかり塗ってる方が多いのでは?

IMG_20160911_234315

しかし、気を付けて頂きたいのが、

無防備にさらされている手や首の日焼けです。
特に手はふとした時に目がいきますよね。
お茶をお出しする時、文字を書くとき、お金を支払う時、などなど。

顔の肌はメイクをして若々しいけど、手だけはシワやシミだらけで年相応だと、なんだかがっかりしてしまいますよね。

普段目に付きやすいからこそ、手元のケアを怠りたくないものです。

pic_saqina_pino2

日頃、洗い物などで酷使している手を
サキナホームエステマシンで一緒にマッサージやスチームでお手入れしてあげてくださいね。

ぜひ、しっとり触りたくなる手を目指しましょう。
仕上げにハンドクリームを塗って、さらに潤いをキープしてあげてくださいね。

77127e325b884ece9534a92232c9de54

 

サキナビューティーアドバイザー

田之上


睡眠とシミの因果関係とは?

IMG_20160508_223056

シミの原因は、
まず、自然老化、紫外線、
ストレス、ホルモンバランスの乱れ、薬の副作用、
(うつ病や血圧降下剤など)、血行不良、、、
などがあげられます。

あなたは、
お顔のどの部分にシミが出来ていますか?

ぜひ、鏡を見て、チェックしてみてくださいね。

頬や、鼻に出来るシミは、
ほぼ紫外線の影響によるものだと考えられます。

もし、目の周りやこめかみにシミが出来てる場合、
ちょっと注意が必要です。

シミは、実は肝臓とつながりがあると言われています。

血液が老廃物でよどみ、流れが悪くなると、
肩こりや冷えだけではなく、
シミの原因にもなるのです。

肝臓には、
”血液の浄化” という大切な役割があります。

夜、寝ている間に、
全身から老廃物ドクロを集めてきた血液を、
肝臓は浄化しています。

もし、夜更かしによる睡眠不足や、
睡眠が浅い場合、
この血液浄化作業がはかどらず、
汚れたままの血液が
翌日、全身をめぐることになってしまうのです。

綺麗な血液を保つためには、
良質の睡眠が欠かせません。

どんなに遅くても、
12時時計前には寝てしまいましょう。

そして、質の高い睡眠、
つまり、熟睡するために、
適度な栄養と、体温を上げることが
必要です。

シミと睡眠の関係って、奥深いですね。


目元の乾燥に気付いてますか?

FB_IMG_1488255426348

 

穏やかな春の日射しが心地よいですが、まだまだ風が冷たい日が続きますね。

こんな季節によく聞こえてくるのは、『顔が乾燥する〜!』という言葉です。

冬は、空気中の水分量が夏場に比べて断然少ない上に、さらに、室内での暖房使用などによってより一層空気が乾燥しますよね。

この時期、とても多い肌悩みは、乾燥、そして目元の小ジワ。特に目尻の小じわは、気が付いたら出来てた!という方が多いようです。

これは、年齢に関わらず、皮膚の水分不足から始まる老化現象です。

肌表面には潤いがなく、カサついて、ひどい場合は粉をふいたような状態になります。さらに、肌にツッパリ感があり透明感とツヤがない状態。

そして、この乾燥を繰り返すことにより、肌荒れを起こし、さらに表情の変化に合わせて浅く細かいシワができてしまうのです。

 

頰や額が1.1㎜〜1.5㎜なのに比べて、目もとの皮膚は0.6㎜程度と最も皮膚が薄いと言われています。
目もとは汗腺、皮脂腺が少ない上、加齢に伴い、皮膚が薄くなる傾向にあります。薄くなるほど保水力も低下し、乾燥から守る力も弱まります。

最近は若い方でも、パソコン、スマートフォンの見過ぎで目を酷使している人が多く、眼輪筋など目の周りの筋肉が退化して、たるみやすい目もとの方が増えているだそうです。
恐ろしいですね。

 

サキナホームエステマシンでは、微弱電流によるマッサージのお手入れができます。マッサージをすることにより、真皮から血行の流れを良くするのが効果的です。
マシンのお手入れと併せてオススメなのが、サキナのラエヴァコンセントレートアイクリームです。

IMG_20161123_234428

このアイクリーム、「効能評価試験済み」と言って、レプリカ解析などから明らかなシワの改善効果が公に示されてるお化粧品なんです。
すごいですよね。

IMG_20161123_234702
毎晩のマシンでのお手入れはもちろんですが、加えて目元にこのアイクリームを、お使い頂くことで、なんだか目元のふっくら感が前よりも増した気がする!というお言葉を沢山頂戴しています。

 

「人の目を見て話をしましょう」と言われるくらい、目元は、お顔の中でも特に人から見られる場所かもしれません。
少しでもピンとハリのある若々しい目もとでいたいですね。

 

 


ストレスは、シワの元!

ストレスがシワの原因になる・・・ってご存知でしたか?

 

お肌にとって大切なコラーゲン。

 

このコラーゲンを生成するのには、ビタミンCが必要なのです。

 

しかし、、ストレスがかかると、このビタミンCを大量に消費してしまいます。

 

すると、コラーゲンが自分で作れなくなって、シワが出来てしまうのです!

 

他にも、ビタミンCには、シミの元となる、メラニン色素の生成を抑えてくれる働きもあります。

IMG_20161101_212245

つまり、、

お肌の若々しさを保つのに、ビタミンCは欠かせない、ということですよね。

 

しかし、残念ながら、

私達は、カラダの中で、ビタミンCを作ることはできません。

 

ですので、食べ物から摂取するしかありません・・・!

 

ビタミンCが豊富な食べ物と言えば・・

51380510_480x294

キウィ、小松菜、銀杏、枝豆、オレンジ、柿、ほうれん草、ピーマン、

葱、大根、キュウリ、アスパラ、さつまいも、アスパラ、ゴボウ、白菜、

よもぎ、レモン、栗、モロヘイヤ、グレープ、マンゴー、ゆず・・・などなど、

野菜やフルーツに多く含まれています。

 

ぜひ、コラーゲンと一緒にビタミンを摂りたいですね。毎日、意識して継続して食べましょう!

2701718

 


老化は密かに、、、

_20160515_202302

想像してみてください。

もし、この世に体重計がなかったら、

あなたは何キロ太ったら、

太ったとことに気付きますか?

恐らく、3キロくらいではないでしょうか?

1、2キロだと、案外分からないものです。

でも、さすがに3キロ太ると、
ベルトがきつくなったり、スカートが入らなくなったり、、しますよね。

そこでようやく気付きますよね。

お肌もそれに似ています。

お肌の老化を測る機械なんて、自宅にはないですよね。

ですので、ちょっと老化した位では、なかなか私達は気付かないのです。

[あ、これって、、、シミ!?シワ??]

と、かなり目に見える形で、はっきりと老化が現れないと分からない方が殆どです。

しかし、、実際は、

一度出来てしまったシミ、シワ、たるみ、を解消するには、やはりそれなりの時間がかかります。

トラブルが起こる前に、

「トラブルを作らないケア」が

とっても大事なんですね。

3キロ太る前に、1キロならすぐに戻りませんか?

シワになる前に、
乾燥や肌荒れの段階で、ぜひケアしてあげて下さいね。

お肌の内部で、こっそり、こっそり、
あなたの知らぬ間に、

老化は進んでいます。

肌表面にトラブルが出てくる前に、、

「まだ、大丈夫よねっ、」と思ってる内に、

しっかりスキンケアを始めましょう!

ぜひ早め早めのお手入れを。
IMG_20160605_172650

サキナビューティーラウンジ福岡でお待ちしております😊❤️